カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 睡眠(ねんね) >
  4. 0~3ヵ月 >
  5. 背中スイッチとの戦い!寝かしつけ方法の変遷
0~3ヵ月

[0歳2ヶ月]背中スイッチとの戦い!寝かしつけ方法の変遷 [育児・子供の病気の体験談]

2154人に読まれました
2015-12-08 11:01
生後一週間までは、おっぱいを飲んでお腹がいっぱいになれば疲れて寝てくれていた息子。
徐々に体力がついて、おっぱいくらいでは寝なくなっていきました。
そうすると一気に大変になるのが「寝かしつけ」。
毎晩の戦いが始まりました…。

まず始めに、赤ちゃん布団では寝なくなりました。
背中にスイッチでもあるのか?!というくらい、下ろした途端に起きるようになり、抱っこの状態からどうにもできなくなりました。
たまに赤ちゃん布団で寝たと思っても、10分で起きたり。
そのため、抱っこしたまま壁にもたれかかって寝る日も少なくありませんでした。

この頃里帰り中だったので、旦那に頼んで自宅からビーズクッションを持ってきてもらってからは、壁ではなくクッションにもたれて寝るように。
それがちょっと楽だと感じてしまうくらいには麻痺してました(笑)

そのうち、授乳後にうとうとしてる状態のまま寝かせられたら楽だなぁ…と考えるようになり、編み出した寝かたがあります。
授乳クッションに横たわらせたまま、自分も足を伸ばしてビーズクッションにもたれる寝かたです。
そうすると抱っこしたままよりも深く横になることができて、比較的しっかり寝られるようになりました。
息子も抱っこされている状態に近いのか、割りとよく寝てくれました。

しかし徐々にそれも効かなくなり、授乳クッションでは30分~1時間で起きることも多くなりました。
それからは抱っこした状態で寝かしつけて、息子を起こさないようにゆっくり横になり、最終的に腕枕の状態で寝るというスタイルに移行していきました。
しばらくこの寝かたが続きました。

そこからだんだん、腕枕をそっと外しても起きないようになり、生後2ヶ月の今では一人で赤ちゃん布団で寝てくれています。
もちろん抱っこで寝かしつけてからですが、はじめの頃を思えば格段に楽になりました。

うちはお風呂に入ると覚醒してしまうタイプなので、お風呂の時間を早めたのもよかったも思います。
まだまだ夜間授乳で2回は起きますが、細切れでもかなり寝られるようになったし、合うやり方に辿り着けて本当によかったです。

みんなへメッセージやアドバイス

赤ちゃんはもちろん、お母さんもしっかりと睡眠がとれないと倒れてしまいます。
はじめは抱っこしながらでも座りながらでもいいので、とにかく隙を見て体を休めるようにしてくださいね。
0

0~3ヵ月の関連カテゴリ

上へもどる