カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 生後5ヶ月 >
  4. 斜頸?だと思っていたら実は目が原因だった話
生後5ヶ月

[0歳5ヶ月]斜頸?だと思っていたら実は目が原因だった話 [育児・子供の病気の体験談]

509人に読まれました
2015-12-11 00:11
首の座りが遅かった息子。完全に座ったのは5ケ月頃。でも、あれっ!?なんか傾いてない?
どこか異常でもあるのかな?そう思ってから原因究明までものすごく時間がかかりました。


  • まず近所の小児科へ

    診察の結果は「どこも問題はありませんね」「成長過程で治るものです」「気にしないで下さい」「単なる癖でしょう」とのことでした。

  • それでも気になる!

    母の勘というかなんというか、きにしないわけがないですしなにかしら傾くには原因がある!と思っていた私。次にベビーマッサージやベビー整体をやっている方のところへ連れて行きました。「斜頸ですね」「立ってあるく頃には治りますよ」「スリングに入れてまんまる抱っこを心がけましょう」「細長い枕が楽天で買えるのでそれを使ってみてください」「首筋が緊張しているからこれを長時間首に巻いておけば大丈夫」とのこと。枕…明らかに安っぽいのですが5000円位しました。が、これで早く治るなら!と購入。
    枕は夜中動き回るので意味なし。スリングは嫌がって暴れて大泣きするので三回しか出来ず。エルゴに入れた時に首のまわりに巻きつけるのも違和感ありありなのか拒絶され…夜中に私が気付いたら枕を首の下に持っていくというのを続けました。


  • 小児医療センターへ

    結局小児科でしぶしぶ紹介状を書いてもらい某小児医療センターへ。
    予約がなかなか取れず苦戦しました。やっと整形外科に診てもらい検査をしてもらうも「異常はありませんけどなぜか筋が緊張してますね」と言われました。
    その後脳外科へ。最終的に眼科へ回されました。約一年かかって(^_^;)
    でもその眼科が最悪でした。詳しくは書きませんが医師だからってそんなこと言っていいのかとクレームしたくなるようなことを言われたのです。一応「斜視かも」とは言われてそこは当たってる気がしましたが。焦点が合わない時があるので。

  • 検査は三歳過ぎてから…

    うちの子は言葉も遅かったのもあり、まず検査どころではないなと感じたのでもうすこし大きくなってまだ傾いていたら検査してもらおう!と思い、病院に連れていくのを一時中断しました。
    こういう話をするとたいてい周りは気にしすぎだとか神経質に考えなくてもいいとか言ってくるんですが、わが子のことを気にせず過ごせるわけがないです。
    ものすごく傾いていた頃を知る友人は「傾き全然分からないよ」「治ってるね」と言ってましたが私は治ってるとは思えませんでした。だってやっぱり少し傾いてるんだもの…(^_^;)
    絶対癖なんかじゃないです。

    1歳、3歳児検診の時には何も言われなかったのに療育センターでの眼科検診で「あ、首傾いてる!斜視ですね。これが原因です。手術をお勧めします。」と言われました。やっっっぱりーーーーーー!!!!!原因はあったのです。気にしていた方が良かったのです!!!!
    この先生がサラリと言ってくれて肩の荷が下りました。ここまでの道のりは何だったのか(笑)

  • 今後の対応

    別の小児医療の眼科を紹介してもらい来春そこで再検査からの手術という流れになります。
    自分の中でのずーーーーっとあった違和感はこれで解消されるのかと思うと泣きそうです。
    もちろん息子の斜視も早期手術することで首の傾きも解消されるとのこと。
    ゆがみにつながるので早ければ早い程良いそうです。

みんなへメッセージやアドバイス

何かしらお子さんのことで気になる点があればセカンドオピニオンして下さいね。私の場合セカンドどころの話じゃないですが。そして大事なお子さんがベストは状態になれば万々歳!!
1

上へもどる