カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. 食べ物・飲み物 >
  5. 安眠対策!寝付きにいい飲み物3つ!

不眠・睡眠障害

安眠対策!寝付きにいい飲み物3つ!

人生の三分の一は寝ているといわれています。睡眠の取り方次第で起きている2/3の過ごし方も変わってきます。食事や運動と同じくらい睡眠は大切です。そこで寝付きにいい飲み物をご紹介します。
 

ホットミルク

寝る前に一番良い飲み物はホットミルクです。
牛乳には、骨を丈夫にするだけでなくイライラなど神経を鎮めるカルシウムやビタミン類などが含まれています
 
同じように牛乳には「トリプトファン」というアミノ酸が含まれていて、これが体内でメラトニンに変化します。
このメラトニンが睡眠作用を促す効果があるとされる物質です。
 
セロトニンはその他にも、血圧や脈拍を下げてくれる効果があり、まさに睡眠に必要な物質です。ホットミルクの温度は人肌くらいがちょうどいいです。量としてはコップ一杯程度でよいでしょう。
 

スムージーなどで飲みやすくアレンジ

さらに、1本のバナナをコップ1杯の牛乳か豆乳と混ぜて、ミキサーにかけて飲むといいでしょう。
寝る前には牛乳をホットミルクに変えて飲むのがオススメです。
 
バナナにはマグネシウム、カリウムがふんだんに含まれており、過剰なストレスにさらされた筋肉をリラックスさせるのに役立つといわれています。
さらにバナナにもトリプトファンが含まれているので、睡眠作用を促してくれますね。
 

ハチミツ入りのカモミールティー

また、ハチミツ入りのカモミールティーか常温の水を就寝前に一杯飲むこともおすすめです。眠りの前半(90分くらい)の成長ホルモンが最も分泌される時間帯に、ぐっすり眠れるようになりますよ。
 
カモミールティーには安眠作用があり、心も体もリラックスできます。
シナモンスティックを枕元に置いて、芳香成分により安眠効果をアップさせるとよいでしょう。
 

薬膳や食材も取り入れてみよう

また、睡眠が浅いと感じたときには、神経を鎮める薬膳食やお茶を飲むのも良いでしょう。
季節の変化やストレスで寝つきが悪い時は、蓮の実を食べるのがオススメです。中国では、カリウム・ナトリウム・リン・カルシウム等に富んでいて子宝に恵まれる食品として珍重されています。
蓮の花が咲いた後にできる花托の部分にできます。
 
日本では現在はあまり食べられていませんが、高級食材として扱われています。ネットなどで購入できますので、お試しください。

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食べ物・飲み物に関する記事

ストレス時代の注目成分『GABA』で安眠!

最近注目されている『GABA』は睡眠にも効果的です。   近年まではギャ...

寝る前にちょっと食べよう!寝つきをよくする食べ物、バナナ・アーモンド

寝つきの良さはそのまま睡眠の質にも直結する、睡眠において非常に大事な要素です。...


「眠れないからお酒を飲もう」は逆効果!?お酒と睡眠の関係

  ■寝つきを良くするために寝酒をするのはオススメできません   ストレスも...

「玉ねぎを枕元におくと眠れる」ってホント?西洋の民間療法は本当に効くの?

『不眠のときは玉ねぎを枕元に』と子供のころ聞いたことはありませんか? あれは本...

カラダノートひろば

食べ物・飲み物の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る