カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. 魚の目・タコ >
  5. 魚の目の原因って?!魚の目を悪化させないための対策

気になる病気・症状

魚の目の原因って?!魚の目を悪化させないための対策

 

 

◆魚の目が痛い!

頑固な魚の目になるとなかなか自然治癒や自宅での応急処置ではうまくいかないようです。

それは固くなった魚の目の中心部にある芯が真皮まで深く食い込んで神経を圧迫してしまっているからです。

これを自宅で切り取るのは大変で、しかも誤った処置で細菌感染などを起こしてしまうこともあります。無理をせず病院で相談するのがよいでしょう。

 

ですが、病院で除去してもらうと一度は治っても魚の目ができた要因そのものが除去されない限り、再発の恐れがあます

 

◆原因を除去するには… 外部刺激!

魚の目は主に足に合わない靴、窮屈な靴やハイヒールなどで足を圧迫したり摩擦や衝撃が加わるこのにより、徐々に皮膚の角質が固くなり生じます。

またスポーツなどで一カ所に衝撃が加わることや、歩き方や立ち方なども関係してきます。

なるべく一カ所ばかりに体重をかけないようにし、血のめぐりをよくしておきましょう。

 

◆原因を除去するには… 体質!

魚の目になりやすい体質というのもあるようです。

まず冷え性のひとは足の裏の血行が悪くなりやすいので、歩く時の摩擦も大きくなります。

また足の裏の形も関係します。

魚の目やたこになりやすい人は「開帳足」の人だといわれています。開帳足とは足の指の付け根のアーチ状の部分が薄く広がってしまった状態です。

そうなることで足の裏に衝撃が伝わりやすくなってしますのです。開帳足は病院などで治療することができるようです。

 

◆魚の目と併発しやすい症状

偏平足外反母趾があると魚の目が併発しやすくなります。

偏平足は開帳足と同様、足の指の付け根のアーチが伸びてしまっているので、そのあたりに負担がかかりやすく魚の目ができやすくなります。

また外反母趾になると親指と小指のあたりに力がかかりますので、そのあたりに魚の目ができやすくなります。

 

このように魚の目は予防によっても十分防ぐことが出来ます。

魚の目になりやすい人や、外反母趾、開帳足、偏平足など足の変形がある人はそれを直すことで魚の目になりにくくなるでしょう。

 

 

 

 

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2013/07/23-380466.php])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

魚の目・タコに関する記事

治療法いろいろ!タコや魚の目の治療 ~短期間のレーザー治療から家でできるケアなど

タコは度重なる圧迫などによって、角質が厚くなってしまった状態をいいます。多く...

靴擦れを我慢して放っておいてないですか?!魚の目ができる仕組みと治療 、その特徴とは

  靴擦れを我慢して放っておくと、魚の目ができる場合があります。魚の目は軽度で...

カラダノートひろば

魚の目・タコの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る