カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. 魚の目・タコ >
  5. 魚の目を除去する前に…足の形から直してみませんか?

気になる病気・症状

魚の目を除去する前に…足の形から直してみませんか?

 

 

◆魚の目になる主な原因

魚の目になる一番の原因は合わない靴や歩き方などの外部からの刺激だといわれています。

合わない靴や歩き方のくせは知らない間に足の変形を起こし、それがさまざまな症状につながるといわれています。

魚の目もそのひとつです。

ですので、病院で切除しても魚の目になった原因そのものを変えない限りまた再発してしまうことがよくあるようです。

 

開帳足とは

足の変形で日本人にもっとも多いといわれているのは「開帳足」とよばれるもので、よくある外反母趾や偏平足の原因ともなります。

そして魚の目も、この開帳足が原因のひとつであるといわれています。

 

足の裏には3つのアーチがあります。足の指の付け根にある横アーチと足の外側と内側にある縦アーチです。

開帳足の人は横のアーチが崩れてしまった状態にあります。

足のアーチはバネのような役割をし、身体にかかる衝撃を分散吸収しています。

それぞれのアーチはお互い影響しあいながら機能しているため、横のアーチが崩れると必然的に縦のアーチも崩れてしまうことになり、足全体が扇状に広がっていきます。

そうなると衝撃がうまく吸収されず足に余計な負担がかかることで角質が徐々に厚くなり魚の目やタコの原因となります。

 

◆開帳足になる原因

開帳足になる主な原因はいくつかあります。一度開帳足になってしまうと直すのは大変なので以下のことに注意し、予防またはひどくならないようにしましょう。

 

・運動不足などから筋力が低下し靭帯が緩んでいる

・肥満で体重による足への負荷が大きい

・長時間の立ち仕事などでの足の疲労

・合わない靴でかかる足への負担

 

◆開帳足を防ぐ方法

開帳足を防ぐには上にあげた要因をできるだけ避ける必要があります。

開帳足になると足幅が広がるため、幅の広い靴に変える方が多いのではないでしょうか。それは間違いで、開帳足を助長してしまうためやってはいけません。

 

靴はなるべく土ふまずの部分を包み込むような形で、甲まで覆われたデザインのものがいいようです。

また靴屋さんで相談し、自分の足にあった中敷きを入れてもらうのもよいでしょう。

他にも簡単な足指エクササイズや足裏マッサージでこわばった筋肉をほぐしておくことも効果的です。

 

このように魚の目は足へのさまざまな負担が大きな原因となります。

その中でも足の変形はその他にも色々な症状を引き起こします。

魚の目ではない人も普段から自分の足の状態をチェックし、開帳足を未然に予防しましょう。

 

 

 

 

(Photo by: [//www.irasutoya.com/2013/03/blog-post_2220.html])

 

著者: fuji-444さん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

魚の目・タコに関する記事

治療法いろいろ!タコの治療

  タコは度重なる圧迫などによって、角質が厚くなってしまった状態をいいます。多...

靴擦れを我慢して放っておいてないですか?!魚の目ができる仕組みと治療

  靴擦れを我慢して放っておくと、魚の目ができる場合があります。魚の目は軽度であ...


魚の目が原因で腰痛になる?!~魚の目ができやすい歩き方って?

  ◆魚の目ができるのは歩き方から! 魚の目はよく足の裏の親指や小指のあたり、指...

糖尿病の人は注意!潰瘍をタコと間違う可能性があります!チェックポイント

  糖尿病患者の場合、タコと思っていたものがタコではなかったというケースがあり...

カラダノートひろば

魚の目・タコの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る