カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. 魚の目・タコ >
  5. 魚の目が原因で腰痛になる?!~魚の目ができやすい歩き方って?

気になる病気・症状

魚の目が原因で腰痛になる?!~魚の目ができやすい歩き方って?

 

◆魚の目ができるのは歩き方から!

魚の目はよく足の裏の親指や小指のあたり、指の付け根のあたりに頻発します。足の裏でも特に負担がかかっている部分は、自分を守るために角質を硬くして防御するのです。

 

足の裏や指に魚の目ができてしまうと、歩くときに接触するため、非常に痛いです。そして痛みのせいで、その部分をかばいながら歩いてしまうため、無意識のうちに徐々にゆがんだバランスの悪い歩き方になっていってしまうのです。

 

◆魚の目と腰痛の関係

魚の目ができることで、無意識にその部分をかばった不安定な歩き方をします。そうすることで、腰や首に余計な負担をかけることになります。

 

腰や背骨にゆがみをきたしたり、ハムストリングスや腰のまわりの筋肉がこわばってしまったりして、背骨のまわりの筋肉の血流が悪くなるため、腰痛が起きやすい状態になるのです。

 

◆魚の目ができやすい歩き方

魚の目ができる大きな原因としてよく挙げられるのは、バランスの悪い歩き方です。上で述べたように、バランスの悪い歩き方は腰痛や足の変形などさまざまな弊害を引き起こします。

 

現代では大人から子どもまで、指を使わないで歩く「指上げ足」の人が非常に多いそうです。

 

「指上げ足」では指の付け根の部分とかかとの2点歩行になってしまい、指の付け根の魚の目やタコをできやすくしてしまうのです。その上腰にも衝撃が加わりやすくなるため、腰痛にもなりやすくなります。

 

正しい歩き方は足の指で踏ん張って歩く、3点歩行なのです。指上げ足の原因としては足裏の刺激不足があります。現代では土の上を裸足で歩いたり、でこぼこした道を歩く機会が減っていることが影響しているようです。

 

魚の目ができる原因はさまざまですが、合わない靴、そしてバランスの悪い歩き方は特に大きく影響します。自分の足が「指上げ足」になっていないか、さっそくチェックしてみてください。そしてたまには裸足で土の上を歩いてみましょう!

(Photo by: [//www.irasutoya.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

魚の目・タコに関する記事

東洋医学から見る魚の目の原因

  東洋医学といえば、「気・血・水理論」や「陰陽五行理論」など西洋医学とは違っ...

魚の目の原因って?!魚の目を悪化させないための対策

    ◆魚の目が痛い! 頑固な魚の目になるとなかなか自然治癒や自宅での応...


魚の目が短期間で治る!画期的なレーザー治療

  魚の目の治療といえば地道に複数回病院に通って治療する、というイメージですが...

足の裏だけじゃない!魚の目は手にもできる?!

    ◆魚の目は手にもできる? 魚の目は足の裏にできるのが普通ですが、実...

カラダノートひろば

魚の目・タコの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る