カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. 水痘(みずぼうそう) >
  6. 症状がひどい大人の水痘!感染経路は粘膜気道

育児・子供の病気

症状がひどい大人の水痘!感染経路は粘膜気道

 

 

◆水痘の感染から発症まで

水痘は水痘・帯状疱疹ウイルスに初めて感染したときに発症します。

ウイルスは主に飛沫感染で気道粘膜より侵入します。

水痘が免疫により治癒したあともこのウイルスは背骨の近くの神経節に潜伏し続け、帯状疱疹が発症する原因となります。

感染したウイルスは各所のリンパ節でさらに増殖し、一次ウイルス血症をおこします。

次に肝臓や膵臓などの臓器中で増殖したウイルスが第二次ウイルス血症を起こしたときに湿疹として発症します。

粘膜気道の感染から発症まではおよそ2週間ほどです。

 

◆水痘の発生時期 

水痘は毎年12月~7月に多く8月~11月に減少します。

それは水痘・帯状疱疹ウイルスが25度以上でウイルスの感染力が低下することと、学童児が夏休みで接触感染の機会がなくなるためと考えられています。

感染年齢は4歳以下で70%、9歳ころまでには90%が罹患します。

感染者数のピークは低年齢化してきており、1歳~2歳頃です。

 

◆大人の水痘

水痘はまれに大人になってからも発症することがあります。

その場合、子どもの症状より酷くなる傾向があり、高熱が出て、有熱期間は長くなり、発疹の数も多くなります。

水痘肺炎を発症する可能性も高くなり、妊婦の場合はさらに高く、5.2%が肺炎を発症すると言われています。

その他重症化の原因となるケースは、ステロイドを服用している場合、アトピー性皮膚炎など皮膚疾患がある場合、免疫に異常がある場合などです。

 

大人になると子どもよりも免疫力が高くなります。

したがって外からの異物に抵抗して闘う力も強くなり、炎症も必然的に強くなります。

現代では大人になると何らかの慢性疾患を保持していることが多いですから、大人になってまだ水痘に罹患したことのない方は要注意です。

また、水痘は普通の風邪などと同じで気道粘膜からの感染になります。

 

粘膜を強化するために免疫力を上げることで、もしかしたら発症リスクを抑えることができるかもしれません。

 

 

 

※参考 

国立感染症研究所<//www.nih.go.jp/niid/ja/iasr-sp/2256-related-articles/related-articles-404/4009-dj4043.html

 

(Photo by: [//www.irasutoya.com/2013/06/blog-post_8875.html])

 

著者: fuji-444さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

水痘(みずぼうそう)に関する記事

全身に発疹が!子供の病気、水痘(水ぼうそう)の症状とは?

子供が発熱すると共に全身に発疹が!これって水ぼうそう?手足口病?それともただ...

水痘と予防接種 子どもに予防接種を受けさせる?受けない?

    ◆水痘の予防接種受けますか? 水痘の予防接種は1歳から可能で、現在...

水痘(みずぼうそう)の体験談

今日で4ヵ月の息子くん水疱瘡に。。泣

12月7日 今日で4ヵ月になった息子くん。 しかし、ここ何日か前から頭に、赤いボツボツが増えて...

ワクチン、打たなくてもいいかな…?水疱瘡ワクチンは必ず打って!

今年の秋、幼稚園で水疱瘡の子がでた! それを聞いて、二週間後、我が家にも水疱瘡が…症状5歳の娘が水...

カラダノートひろば

水痘(みずぼうそう)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る