カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. 溶連菌の合併症・急性糸球体腎炎は予防可能か?

育児

溶連菌の合併症・急性糸球体腎炎は予防可能か?

 

◆急性糸球体腎炎とは

A群溶血性連鎖球菌感染症に罹患後にまれに発症する合併症のひとつです。細菌やウイルスの感染などにより上気道炎や扁桃炎が起こった1~3週間後に起こる腎臓の炎症で、A群溶血性連鎖球菌による感染がほとんどの原因です。

 

血液をろ過する糸球体に異常がおきると、血液が上手く尿にならず尿が減ります(乏尿)。すると体内の水分や塩分が過剰になるので血圧が高くなり、むくみが起きます。そして糸球体が傷ついているため、白血球、血液、蛋白などが尿中に流れ出て、蛋白尿や血尿になってしまいます。

 

◆なぜ糸球体腎炎が起きるのか

溶連菌に感染後に作られた抗体と、溶連菌の抗原が結び付いた複合物(抗原抗体複合物)が腎臓の糸球体にくっつくことが、炎症を起こす原因となります。

 

溶連菌の初感染を起こす4~12歳いの小児に多い疾患ですが、現在では発生数も減り、軽症化してきているようです。

 

◆糸球体腎炎の治療方法

基本的に自然治癒します。身体を休めて保温します。腎臓に負担をかけないように、塩分や蛋白を減らした食事をとり、身体が水分過剰になっているので水分も控えます。

 

小児の場合はほとんどが治癒しますが、成人の30%~50%程度には何らかの症状が長引くことがあります。

 

◆糸球体腎炎を予防するには

よく、抗生物質で予防可能といわれますが、糸球体腎炎は免疫複合体が原因となっている疾患ですので、抗生物質の投与は意味がなく、糸球体腎炎の発症率に差はないという研究結果がでているそうです。ですので糸球体腎炎に関しては予防方法は特にないと言えそうです。

 

糸球体腎炎自体の予防方法はないかもしれませんが、溶連菌への罹患は免疫力を上げることなどにより予防することができます。

 

また、溶連菌感染が流行しているときは、手洗いやうがい、マスクの着用などを徹底し、感染予防しましょう。

(Photo by: [http://www.irasutoya.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

うつる病気に関する記事

パパ・ママは大丈夫?子どもがおたふくになったら、うつらないよう気をつけて

耳の下の耳下腺が腫れて痛いとなったら、おたふくにかかっているかもしれません。こ...

妊娠前に予防!先天性水痘症候群とさまざまな胎児へのリスク

  ◆水痘と妊娠 水痘の抗体を持っているかいないかは妊娠を予定している女...

病気と症状の体験談

脂漏性湿疹のケア~保湿が大切、私が使った保湿剤

1ヶ月過ぎたあたりから、赤ちゃんのおでこや眉毛部分に黄色いかさぶたが付着するようになりました。 ...

RSウイルスで入院

入院中(>_<)生後すぐ、まさかの入院出産し、晴れて母子共に退院してから数日後…生後10日くらいで、...

うつる病気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る