カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 吐き気 >
  5. 妊娠初期のつら~い吐き気…つわりの代表症状「吐き気」はどう対処する?

妊娠・出産

妊娠初期のつら~い吐き気…つわりの代表症状「吐き気」はどう対処する?

妊娠初期のつわり症状の代表ともいえる「吐き気」…みなさんはどうでしょうか。

筆者も強烈な吐き気に襲われて苦しかったのを覚えています。

ママになるための最初の難関ですが、正しい知識をもち、自分に合った対処法をみつけて少しでも楽になるよう工夫してみましょう。

 

妊娠中のつわりの症状は?

・胃もたれや食あたりのような気分の悪さ

・食事をしたり臭いをかぐと吐き気をもよおす

・嘔吐を繰り返す

 

重症化すると、水分も受け付けず脱水状態になり、点滴を受けるなど治療を要する場合もあります。 

 

妊娠中のつわりの種類は3タイプ

つわりは個人差の激しいもので、大きく分けて3種類あります。

3種類の特徴と対処方法を紹介します。

 

1.食事がうけつけなくなるタイプ

ドラマなどでよく見かける、臭いを嗅ぐと「うっ」ってなるタイプ。

何を食べても吐く人もいれば、吐き気はあるけど吐くまではいかないとレベルはバラバラのようです。

 

酷くなると水分も摂れなくなるので、病院で点滴を受けたり、重度になると妊娠悪阻という名前のついた病気と判断され、入院となるそうです。

 

まだ赤ちゃんは小さくてママからの栄養はダイレクトに行かない時期なので、無理して赤ちゃんのために食べようとはせず、栄養バランスも考えなくていいので、食べられるものを食べられるだけ食べるようにしましょう。

 

2.空腹になると気持ち悪くなるタイプ 

食べ過ぎても気持ち悪くなるけれど、口の中に何か入っていないと気持ち悪くなるタイプ。

このタイプで注意したいのは食べ過ぎによる体重増加です。

 

飴はずっと口に入れ続けられますが、意外にカロリーが高いので、ローカロリーのものにするかガムなどにしてみて下さい。

 

3.つわりなし 

妊娠前と全く体調が変わらないタイプです。

妊娠している実感が中々持てなくて逆に不安になるママもいるようですが、身体は確実に変化していくので、重いものを持たないなど十分に注意して暮らして下さい。

 

つわりだけは個人差が激しく、一人目はつわりがなかったけれど、二人目でつわりになるなど子供によっても状態は変わるそうです。

 

どのタイプでもつらいのは休んでほしいという身体からのサインなので、体調が悪い時は無理をせず休むことが大切なのだそうです。

 

妊娠中のつわりの原因ってなに?

妊婦さんの8割弱が吐き気または実際に嘔吐するという、つわり症状。

つわりはひどくなると食事も水分も摂ることができなくなり、ひどい場合には入院を余儀なくされます。

 

こうした典型的な症状である吐き気などのつわりが起こる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

ホルモンバランスの変化

悪阻の原因の一つとしてゴナドトロピンや黄体ホルモンが比較的大量に分泌されることが考えられます。

この大量分泌というホルモンバランスの変化が急激であるために、体がその変化にうまく調整できていないため、吐き気などの悪阻症状が現れるといわれています。

 

胎児を異物とみなすため

悪阻が発生する妊娠初期はまだ胎盤が未成熟のままで、妊婦の体が赤ちゃんを異物だと認識してしまう可能性があります。

そのため、アレルギー反応として吐き気などの症状が出る場合があります。

 

一種の自律神経失調症

妊娠するということは母体にとっては大きな変化をもたらします。

 

そのため、急激な体の変化に対して自律神経のバランスもそれに合わせようとしますが、うまくあわせることが出来ない場合があります。

そのようなときに副交換神経に緊張状態をもたらす場合があります。

 

そうなってしまうと一種の自律神経失調症になってしまい、吐き気などの症状が出ると言われています。

 

以上のように様々な原因が専門家たちによって説明されていますが、現在のところ悪阻の原因についてははっきりとした原因はわかっていません。

 

他にも

上記に挙げた理由以外にも、妊娠とわかった時点から吐き気などの悪阻の症状が出る女性もおり、心因的な原因もあるのではないかと指摘されています。

 

いずれにせよ、悪阻による吐き気は空腹を強く感じるときに起こりやすいため、できるだけお腹に食べ物をいれている状態にしておいたほうが良いでしょう。

 

妊娠中の吐き気の原因は?

妊娠と吐き気の因果関係は、実ははっきりしていません。

 

ですが妊娠すると、プロゲステロンという黄体ホルモンと女性ホルモンの分泌が活発化します。その働きで、身体が赤ちゃんを育てるために変化していきます。

この時のホルモンバランスの影響が、吐き気などのつわり症状を引き起こすと言われています。 

 

妊娠中のつわりはいつまで続くの?

つわりの原因はハッキリ分かっていませんが、アレルギー反応の一種ではないかともいわれています。

「体の中に自分とは異質な物が存在している」と母体が認識して、起こる症状のようです。

つわりによって妊娠に気づく人も多いので、「赤ちゃんの存在を知らせてくれるシグナル」ともいえます。

 

一般的なつわりの期間

妊娠のごく初期から始まる人がほとんどです。

大体、妊娠4~6週からつわりの症状が表れ、12~16週ごろまで続きます。

症状が最も強い、つわりのピークは7~9週。妊娠2~3ヶ月ごろといわれます。

安定期に入る4~5か月ごろになると、辛い症状が落ち着いてくる人が多いようです。

 

妊娠中のつわりの対処法!

食べられる物だけ食べる

「栄養とらなきゃ!」と無理しないこと

 レモン・苺などのフルーツは食べられる人が多いようです

 

楽な姿勢

・具合が悪い時は無理せず横になる

・ 何か股にはさんで寝ると楽になる人もいるようです

 

嘔吐対策

・寝るときは近くに桶を置き、いつでも吐けるようにしておきましょう

・ティッシュ多めに用意しておく

 

その他

・アロマ…レモン・オレンジなどの柑橘系は、さわやかな気分になります。

・音楽…つわり対策用CDというのもあるようです

 

 ほか、読書・足湯・短い散歩など自分の気分に合う方法を見つけてみましょう。

(※筆者も吐き気がひどかったのですが、苺だけは無性に食べたかったです) 

 

つわりがひどいときは無理せず診察を

妊娠初期の吐き気は誰でも起こりうることです。安定期に入って落ち着くことも多いので、苦しいときは仕事を休む・横になるなど安静にするのが一番です。逆にいうと、苦しくてもやり過ごすしかないのも事実です。

 

ただし「つわりだから仕方ない」と必要以上に我慢してしまうのも良くありません(日本人は限界まで我慢してしまいがちです)。

何日も食べ物を受け付けず体重が減ってしまうなど、健康状態を脅かすような状態であれば病院へ行くことをお勧めします。

 

<受診が必要な場合>

・何日も続いて、何も食べられない・飲めない

・体重がどんどん減る

・何も食べていないのに吐き気がする

・意識がもうろうとする

・ほかにも、自分で「耐えられない」と判断した時

 

以上のような症状が出る場合は、すぐに病院を受診してください。

 

(photo by 筆者)

著者: kaoruさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

吐き気に関する記事

つわりの吐き気を少しでも軽くしたい…バンド利用もあり、ツボってどこ?

妊娠初期のつわり(悪阻)で最もつらい症状が「吐き気」という方が多いですね。 ...

重症化してからではもう遅い?病院に行くべき悪阻の症状とは

妊婦にとって大きな試練の一つである悪阻は、妊娠5週目から16週目にかけて発生...

吐き気の体験談

吐き気と戦う毎日!これがつわりかぁ~!つわり対策の工夫

妊娠中誰にでもやってくるつわり。 あれって本当に苦しいですよね… 食べ物を食べてしまう「食べづわ...

こんなに辛いなんて、きいてないよ!!ってくらい辛い、つわり。

つわりは辛い… よく聞く話です。 私の友人のお母さんは、つわりがとっても辛くて、あまりの辛さ...

カラダノートひろば

吐き気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る