カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 内分泌 >
  4. バセドウ病(甲状腺機能亢進症) >
  5. バセドウ病と甲状腺中毒性ミオパチーの初期症状をご存知ですか?

気になる病気・症状

バセドウ病と甲状腺中毒性ミオパチーの初期症状をご存知ですか?

 

◆甲状腺中毒性ミオパチーとは?

「ミオパチー」はMyo-(筋肉)-pathy(病、苦痛)という単語からできており、骨格筋が委縮することなどによって起こる筋力の低下が特徴的な筋疾患の総称を指します。

 

また、甲状腺中毒性ミオパチーとは、バセドウ病によって甲状腺ホルモンの異常な分泌が起こると、それが骨格筋への刺激となって筋障害が起こる病気です。

 

しかしこの病気には重症無筋力症や筋ジストロフィー、周期性四肢麻痺などの複数の病気が関係しており、単体で発症することはほとんどないとされています。

 

◆甲状腺中毒性ミオパチーの初期症状

近位筋といって体幹に近い方の筋肉が優位の筋力低下が主症状です。発症すると筋肉の痙攣、筋力低下、脱力感、疲労感などが見られます。まれに呼吸筋が侵されることもあります。

 

脳や筋肉の異常の発見に役立つ血清CK(クレアチンキナーゼ)値の上昇が見られず、病気の特定が難しいのが特徴です。

 

◆甲状腺中毒性ミオパチーの治療方法

甲状腺機能を正常に維持するために、抗甲状腺薬が投与されます。甲状腺中毒性ミオパチーを発症すると血清CK値は適正範囲ですが、クレアチン尿が確認されます。

 

しかし治療で甲状腺機能が正常に回復するとともに、クレアチン尿もなくなります。

 

甲状腺中毒性ミオパチーは複合的な病気として併発するため、その診断に注意が必要と言われています。また、バセドウ病に伴ういずれの合併症も、甲状腺の亢進状態をうまく抑制できていない状態のときに発生しやすいといえるため、薬物治療の重要性があげられます。

 

バセドウ病が疑われる人、それに似た症状のある人は早めに医療機関で検査をし、早期に治療を始めることで症状の悪化と合併症の発症は防げると思われます。  

(Photo by: [//www.irasutoya.com/])

著者: fuji-444さん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

バセドウ病(甲状腺機能亢進症)に関する記事

歌手の綾香も罹った若い女性に多い「バセドウ病」とは?

     数年前、歌手の絢香が患っている事を告白して話題となった『バセドウ病』 ...

バセドウ病眼症の治療は眼科医で!

バセドウ病によって起こる目の異常を、バセドウ病眼症といいます。バセドウ病眼症は主...


まずは自分でバセドウ病チェック!

     気管を取り囲むように喉に付いている甲状腺は、身体を動かすのに欠かせ...

甲状腺機能亢進症で身体が加速する?!

  甲状腺からは身体機能を活動的にするホルモンが出ています。 甲状腺が働...

カラダノートひろば

バセドウ病(甲状腺機能亢進症)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る