カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 便秘 >
  4. ウォシュレットがないと便意を感じない?!使いすぎると問題が…!便秘予防に!腹筋トレ+腸を刺激するエクササイズ

女性のカラダの悩み

ウォシュレットがないと便意を感じない?!使いすぎると問題が…!便秘予防に!腹筋トレ+腸を刺激するエクササイズ

排便の「あと」にスッキリ洗い流せる温水洗浄便座。ところがなかには、排便の「まえ」に温水洗浄便座の水流をあてることで便意をもよおすことが習慣になっている人もいるとか。いったいどういうことなのでしょうか?

 

●温湯による排便反射

肛門には、自分の意思で動かせる外肛門括約筋と、自律神経により支配されている内肛門括約筋があり、この筋肉によって排便をコントロールしています。肛門括約筋の内側には排便中枢があり、直腸から蠕動運動によって運ばれてきた便がこの排便中枢を刺激することによって、脊髄から脳に刺激が伝わり、便意を感じる仕組みになっています。

 

もともと医療機関では、下半身の障害などにより便意を感じられない場合や、高齢による感覚の低下や直腸内圧の低下にともなう便秘などに対し、直腸内に温湯を注入することにより排便反射を促す方法がとられています。

 

●温水洗浄便座で浣腸?

便秘に悩む人のなかには、温水洗浄便座のお湯を、肛門を手で押し広げて直接直腸内に当てることで排便反射を引き起こそうとする人がいます。しかし、これはもちろん誤った使い方。場合によっては直腸粘膜を傷つけるだけでなく、洗浄水に含まれる細菌を直腸内の傷口に押し込むことになりかねません。

 

●便意を促すことを目的にした温水洗浄便座も?

温水洗浄便座のなかには、排便前に温湯をあてることによって便意を促すことを前提に開発された機能を搭載したものもあります。しかし、肛門の外側からの温湯による刺激は、あくまで気持ちの問題。必要以上に肛門を洗浄することにより、肛門周囲の常在菌や皮膚、粘膜の状態を悪化させる場合もあることを覚えておいても良いでしょう。

 

便秘の解消に温水洗浄便座の温湯を用いる人は、水圧は弱くして、くれぐれも直腸を傷つけたり炎症を誘発しないよう、注意することが必要です。

 

 

ウォシュレットが便意を起こす?でも使いすぎると問題が…!

便秘がひどくてつらいときはウォシュレットで便意を起こすことが可能です。

ウォシュレットを使い過ぎてしまうのは問題ですが、どうしても必要なときは頼りになる存在です。

 

ウォシュレットでなぜ便意?

ウォシュレットは本来であれば、排便時に肛門周りを洗ったり、女性のデリケートゾーンをケアする目的で使用します。しかし、便意を感じるためにウォシュレットを使っている人も結構な割合で存在します。

 

ウォシュレットの水流が肛門を直撃し、さらに内部の直腸に水流が到達することによって便意が起こるようです。

 

便が直腸までおりてきたときに、便意を感じるのが自然な便意です。

便意を人工的に起こすのが座薬であったり、浣腸となります。

便秘を解消する座薬の中は、直腸に挿入することによって、直腸内で炭酸ガスが発生し、直腸に刺激を与えます。

 

ウォシュレットも直腸に水流を当てることで同じような作用をするということになります。

 

内服する便秘薬には、腹痛や下痢、体のだるさなどの副作用があります。

また恐ろしいのは、腸の機能が低下して便意を感じなくなってしまう危険性があります。

そういった便秘薬を使用するよりもウォシュレットで便意を起こせたほうが楽ですね。

しかし、ウォシュレットも使いすぎると問題点があります。

 

ウォシュレットの注意点

ウォシュレットを便意を起こすために使用していると、ウォシュレットなしでは排便できなくなってしまうことがあります。

必ずどこにでもウォシュレットがあるというわけではありませんし、こんなにトイレに機能がたくさんついているのは日本国内だけということをよく耳にすることと思います。

自力で便意が起きたときは、ウォシュレットを使わないで、排便しましょう。

 

また、それよりも恐ろしいのは、肛門の皮脂や善玉菌を洗い流してしまうことです。肛門の皮脂や善玉菌によって、肛門内の健康が保たれています。

したがって、ウォシュレットを使い過ぎると思わぬ病気にかかってしまうことがあります。

使い過ぎには注意して、便秘時にウォシュレットを使ってみましょう。

 

 

便秘の解消に使用しがちなウォシュレット…使用時の注意点とは?

今や国内の半数以上のトイレにウォシュレットが設置されているので、ウォシュレットがなければ便意を感じないという人もいます。

その反面、ウォシュレットで便意を催すとはいったいどういうこと?と疑問に思う人もいるかもしれません。

 

便秘の解消に使用しがちなウォシュレット

肛門内にウォシュレットの水流が直接触れると、便意が来ます。

この性質に慣れてしまうと、ウォシュレットなしでは排便することができなくなる傾向があるようです。これはこれで、困ったことです。なかには持ち運び可能なウォシュレットなどの製品を購入し、持参している人もいるようです。

しかし、肛門への血流を促進させる目的だけならば、痔の予防にもつながるので、悪いことではありません。

便秘が続けば、身体にも悪影響が出てきてしまいます。

何点か注意をすれば、便意を感じるためにウォシュレットを使用してもよいでしょう。

 

便意を感じるためにウォシュレットを使用する際に注意すること3つ

・長時間ウォシュレットを付けっ放しにしない

・水圧を上げ過ぎない

・ウォシュレットの使用後、トイレットペーパーでこすらない

 

ついつい、温水があたって気持ちがよいということで、長時間ウォシュレットを付けっ放しにしてしまうときがあるかもしれません。

しかし長時間ウォシュレットを使っていると、肛門の皮脂や善玉菌を洗い流してしまうことにつながります。

 

水圧を上げ過ぎると、便器内に汚れが飛散し、衛生上の観点からよくありません。特に、不特定多数が使用するトイレであれば、感染症から身を守るためにウォシュレットの使用は最小限に控えたほうがよいでしょう。

同じく肛門の皮脂や善玉菌を洗い流してしまうリスクがあるので、水圧を上げ過ぎないように気をつけましょう。

 

トイレットペーパーでも肛門をこすらずに、水分を拭き取るくらいにしておけば、肛門の皮脂を余分に落としてしまうことを防げます。

 

長時間ウォシュレットを付けっ放しにしないことと水圧を上げ過ぎないで使用する、トイレットペーパーでこすりすぎないの3点をまず注意してみてください。

 

 

★図解イラストあり★便秘予防に手軽にできる!腹筋トレ+腸を刺激するエクササイズ

 

腹筋が弱まるといきむ力が弱まり、うまく便が排出できなくなってしまいます。また、腹筋を鍛えること自体が腸のぜん動運動の刺激にもなるので、毎日ちょっとでも腹筋を鍛える運動をするようにしましょう。

 

ここでは手軽に腹筋を鍛えられる+腸を刺激できるエクササイズをご紹介します!

 

<できる範囲で♪ 寝ながら腹筋エクササイズ>

1 仰向けになって足を伸ばし、揃えます

2 腹筋を意識しながら足を少し持ち上げます

3 10秒ほどキープ×数セット行います

 

慣れないうちはほんの少し足を上げるだけでOK!

寝る前や朝起きた時にベッドの上でできちゃいます。

 

<これだけでいいの!? お尻引き締めエクササイズ>

1 姿勢を正して立ちます

2 お尻の穴をゆっくりとすぼめ、数秒キープします

3 ゆっくり元に戻し、2と3を数セット行います

 

歯を磨きながらでも通勤電車の中でもいつでもできちゃいます。

こんなに簡単なのにスタイルアップにも効果的です!

 

<おさらい 基本の腹筋運動!>

1 膝を約90度に曲げた状態で仰向けに寝ます

2 お腹に手を当てて腹筋を意識しながらゆっくりと状態を起こします

3 戻るときも腹筋を意識しながらゆっくりと行い、これを数セット行います

 

膝を曲げることで腰の負担を減らします。

上体を起こす角度はヘソが見えるくらいまででも大丈夫、ゆっくりと腹筋を意識しながら行うのが一番大切です。

 

いかがでしょうか?

便秘だけでなく美容と健康のためにも腹筋は鍛えておきたいですよね。

はじめは簡単なものからチャレンジしていきましょう!

(ストレッチイラスト by 運営 )

(Photo by 足成) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-12掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

便秘に関する記事

直腸瘤の疑いがあるときの確認手段!原因は鈍化?骨盤底筋?あなたの便秘は何タイプ?

    直腸瘤の主な症状と言えば、排泄困難、つまりは便秘ぐらいのものです。 ...

32年ぶりの便秘症新薬『アミティーザ』!あなたの便秘の原因は?便秘のバイオフィードバック療法とは

慢性便秘症の治療薬である『アミティーザ』は32年ぶりに発売された新薬で、従来...

カラダノートひろば

便秘の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る