カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肛門 >
  4. 肛門そう痒症 >
  5. ウォシュレットの使い過ぎは、肛門にとって大迷惑?

気になる病気・症状

ウォシュレットの使い過ぎは、肛門にとって大迷惑?

 

ウォシュレットで洗い流すのが気持ちよくて、ついついトイレのたびに肛門をじっくり洗浄――そんな人も多いのでは?でもちょっと待って。洗いすぎることで、肛門には何か影響はないのでしょうか?

 

ここでは温水洗浄便座による肛門への影響について見ていきたいと思います。

 

●生活に欠かせないウォシュレット

公共の施設から一戸建てやマンション、学校にいたるまで、いまや日本のどこへ行っても温水洗浄便座が普及しています。内閣府調査では、1992年に約14%だった一般世帯普及率は、2010年には71.66%に達したとか。

 

一方、温水洗浄便座の普及にともない、肛門のトラブルが増えているとの指摘があります。

 

●増えている肛門のトラブル

肛門科の医師のなかには、洗浄便座の不適切な使用により、肛門周囲の湿疹や肛門皮膚炎、肛門潰瘍、肛門狭窄、直腸炎などが増えていると指摘する声があります。「温水洗浄便座症候群」という言葉も登場してきました。

 

●肛門には生体のバリアがある

肛門は、肛門括約筋という筋肉のなかはすぐに直腸粘膜です。表皮にはたくさんの細菌が付着していますし、直腸内にも大腸菌や腸内細菌などの細菌がたくさん存在します。そうした細菌の侵入を阻んでいるのが、皮膚や粘膜などのバリア。

 

しかし、ウォシュレットを長くあてることで皮膚をふやかし、皮膚が弱くなったところをトイレットペーパーで擦ることによって傷がつきやすくなります。

 

また、皮膚上の有用な常在菌を洗い流してしまうことにより、生体のバリアが崩れてしまいます。

 

●長い洗浄は禁物

肛門の外に付着した便汚れは、通常3~5秒程度で落とすことができます。それ以上の洗浄は不要。また、トイレに行くたびにウォシュレットを使うのも、デリケートな肛門の皮膚のためには避けたいものです。

 

ウォシュレットが日本ほど普及している国はほかにはありません。清潔好きはすばらしいことだけど、清潔好きが高じてせっかくの生体機能を崩すことがないよう、便利な機能を賢く利用していきたいですね。

(photo by://www.ashinari.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肛門そう痒症に関する記事

ウォシュレットで肛門を洗い過ぎると、病気になってしまうって本当?

排便のたびにウォシュレットを使用する人も少なくありませんが、ウォシュレットを使...

続発性肛門掻痒症の原因を調べよう

  肛門掻痒症の治療で特に続発性肛門掻痒症は原因の特定が重要となります。 ...


肛門掻痒症のかゆみを抑える薬

肛門掻痒症の治療は、原因のある続発性と原因のない特発性のどちらでも、まず痒みを...

ギョウ虫による肛門の症状って?

誰もが子供の頃にギョウ虫検査を受け、そしてその一部の人がギョウ虫駆虫を行ったこ...

カラダノートひろば

肛門そう痒症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る