カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 男性のカラダの悩み >
  3. ED(勃起不全) >
  4. 原因 >
  5. 陰茎にトラブルが!?ペロニー病ってどんな病気?

男性のカラダの悩み

陰茎にトラブルが!?ペロニー病ってどんな病気?

 

芸能人が罹患したことで話題となったペロニー病。耳慣れない病気ですが、どんな病気なのでしょうか?

 

陰茎にできる良性のしこり

ペロニー病は、フランスのFrancois Gigot la Peyronieが1743年に最初に報告した病気です。ペイロニー病やパイロニー病などさまざまな発音がありますが、正しくはペロニー病。陰茎硬化症や形成性陰茎硬化症と呼ぶこともあります。

 

ペロニー病では、陰茎海綿体のなかの白膜という部分にしこりができます。これにより勃起した際に痛みがあったり、しこりに触れたり、陰茎が弯曲したり、陰茎が短かくなる、勃起障害などが起こることがあります。白膜は勃起すると伸びますが、しこりがある部分は伸びないため、弯曲することになります。これにより、勃起時にペニスが曲がるだけでなく、痛みを伴ったり、ED(勃起不全)の原因になったりします。

 

ただし、ペロニー病は良性の腫瘍。ペロニー病が癌になることはありません。ただ、しこりや痛みがペロニー病ではなく癌である場合も考えられます。区別が難しいため、正確に診断するためにしこりの一部を切除して組織検査を行う場合もあるようです。

 

発生頻度と症状

ペロニー病の発生頻度については、2000年のドイツ人男性(平均年齢57歳)8000人の一般人調査で3.2%とのこと。

 

年齢別では、30歳代1.5%、40歳代3.0%、50歳代3.0%、60歳代4.0%、70歳以上6.5%と中高年に多くなっています。

症状としては、陰茎弯曲が84%と最も多く、勃起時の痛み46%、勃起障害40.8%です。

 

ペロニー病の原因

はっきりとは解明されていませんが、ひとつには、発生頻度の調査結果からもわかるように、加齢が原因となっています。また、糖尿病や通風、アルコール摂取が関係していることも報告されています。陰茎に外傷を負うことにより、若年層でも罹患することがあります。

 

しこりに触れる気がする、勃起した際に陰茎が曲がるといった方は、泌尿器科に相談してみると良いかも知れません。

 

ペロニー病と診断!?手術ってどんなことをするの?

陰茎海綿体にできたしこりにより、勃起時の痛みや、陰茎弯曲、勃起障害などがおこるペロニー病。もしなった場合、どのような手術をするのでしょうか?

 

基本は薬物療法

ペロニー病は良性の腫瘍で、通常はいたみもなく、生活に支障もありません。また、症例の約半数は自然治癒したという報告もあります。しかし、なかには進行性の場合もあります。

 

進行性の場合は薬物治療により進行を防ぎます。薬物治療には注射と内服とがあり、勃起障害の原因となったり、痛みが起こる場合には、副腎皮質ホルモン(ステロイド剤)の局所注射または内服、コラーゲン分解酵素の局所注射、ビタミンEの内服、ヘパリン類似物質や非ステロイド系消炎鎮痛薬の軟こうの塗布などが試みられます。ただし、いまのところペロニー病に特に効果のある薬物治療はなく、効果があまり期待できない場合もあるようです。症状が固定し、炎症の跡がすでになくなってしまっている場合には、治療効果が期待できないことも少なくないようです。

 

手術の場合も

性交渉に障害が出るような場合、本人が希望すれば手術を行うこともあります。手術は、症状が固定し、薬物治療などの保存的治療が無効の場合に行います。

 

方法は大きく分けると、しこりがない側の白膜を縫縮する「縫縮法」と、しこりを切除し、切除した白膜欠損部をする「移植法」があります。どちらを選ぶかは、曲がりの程度が主な判断基準になります。曲がりが強い場合は両方の方法を併用することもあります。

 

通常、曲がりの軽い場合は縫縮法、症状が進んでいれば移植法が行われることが一般的。

 

縫縮法は湾曲の改善のみを目的とした方法で、移植法に比べて簡単ですが、しこりや痛みの改善ができないことと、手術により陰茎が短くなってしまう点が問題です。一方移植法も、手術後の瘢痕(はんこん)組織が硬化して、場合によっては手術前よりも症状が悪化したり、切除しても再発する可能性があることが問題となります。

 

どちらの手術にも長所と短所があるため、医師にしっかりと説明をしてもらい、納得してから手術を受けたいものです。近年、日帰り手術が可能な専門クリニックなども増えています。

 

もしかしてペロニー病?治療はどんなふうにするの?

陰茎海綿体にできたしこりが原因で、勃起時の痛みや陰茎弯曲、勃起障害などがおこるペロニー病。もしペロニー病なった場合、治療はどのように行うのでしょうか?

 

医師による診断

泌尿器科の医師による診断は、特徴的なしこり(硬結)の症状の視診、触診で行います。年齢や生活習慣、以前にペニスに打撲などによる外傷や、何らかの疾患による炎症があったかどうかなどを参考にします。また、超音波検査やMRI検査により、しこりの厚さや大きさを観察します。陰茎知覚異常がある場合には、振動覚測定などを行うこともあるようです。

 

進行を防ぐ薬物治療

ペロニー病は癌のような悪性の病気ではありませんが、先天性の陰茎湾曲症とは異なり、病状が進行することがあります。そのため、まずは病状の進行を防ぐ薬物治療を行います。

 

ステロイドや漢方薬などを内服することによりしこりが消失することも期待できるため、半年ぐらいは根気よく内服治療を続けてみることが必要です。

 

内服が無効であれば、硬結部位に薬剤(ステロイドやベラパミルなど)を局所注射する方法もあります。ただし消失までの期間にばらつきがあり、比較的治療時間を要することもあるようです。痛みが起こる場合には、放射線照射が有効とされています。

 

勃起障害が強い場合は手術も

痛みや勃起不全、強い弯曲による性交不可など、性交渉に障害が出るような場合、本人が希望すれば手術を行うことできます。手術には、しこりがある反対側の白膜を切り詰めて湾曲を矯正する縫縮法(プリケーション法)と、白膜のしこり自体を切除し、欠損部に皮膚や静脈を移植する移植法の2つがあります。

 

ペロニー病の診断は近所の泌尿器科で行えます。日帰り手術を行える手術専門クリニックやED外来など専門の医院も増えてきているので、希望に合った施設を探してみると良いでしょう。

 

EDの原因にもなるペロニー病って、どんな症状なの?

芸能人が罹患したことで話題となったペロニー病。耳慣れない病気ですが、どんな症状を自覚したらペロニー病を疑うと良いのでしょうか?

 

ペニスが曲がる

ペロニー病は、勃起するために重要な役割を果たす陰茎海綿体のなかの、白膜という部分にしこりができます。勃起した場合、しこりのある部分が伸びないため、しこりのある方に向かってペニスが曲がってしまいます。この際、痛みを伴ったり、勃起不全になることがあります。また、曲がってしまうため性交に支障をきたす場合があります。

 

しこりに気付いたら要注意

自覚症状としては、まずはしこりです。ペロニー病のしこり自体は良性で、放っておいても特に問題はないのですが、しこりのなかには悪性腫瘍の場合もあります。触れてみてしこりがあるような気がしたら、泌尿器科を受診しましょう。

 

進行性の場合も

普段は痛くもかゆくもないため気がつきにくいペロニー病、約半分は自然治癒するとの報告もあります。しかし、なかには進行性の場合があります。悪性のものではないので癌化することはありませんが、気になる場合は早めに受診すると良いでしょう。

 

よく似た症状の他の病気

ペロニー病と同じように陰茎が曲がってしまう病気に、陰茎弯曲症があります。陰茎は、主に3つの海綿体でできていて、尿を通す管である尿道海綿体が陰茎の下側にあり、その上に勃起に関係する2つの陰茎海綿体があります。陰茎弯曲症では、この陰茎海綿体の状態がアンバランスなために、勃起したときに陰茎が曲がってしまいます。陰茎弯曲症もEDの原因となりますが、多くは先天性(生まれつき)の海綿体の生育不全が原因です。

 

日本では有病率が2~3%程度の病気ですが、欧米ではEDの原因としてメジャーになりつつあるというペロニー病。気になる症状がある場合は、早めに泌尿器科を受診しましょう。

 

(photo by:http://www.ashinari.com/2012/12/06-373751.php?category=266

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-13掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

まさか普段飲んでいる薬が原因に?!ED(勃起不全)の思わぬ原因とは?

  普段、体のためにと飲んでいる薬が原因でED(勃起不全)を起してしまうと...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る