カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病院 >
  4. 選び方 >
  5. 何がポイント?自分に合った婦人科選び

女性のカラダの悩み

何がポイント?自分に合った婦人科選び

 

女性にとって良い婦人科を見つけることは、健やかに過ごすための大きなプラスになります。

自分に合った婦人科を探すとき、どんなポイントに気を付けるべきでしょうか。

 

通いやすさが大事

女性は、生涯を通して婦人科系の病気や体の変化に付き合っていかなくてはなりません。

あまり遠くの病院ではなく、近い病院の方が小さな不調でも気軽に受診できます。

ちょっとした気がかりを相談するなら、大病院よりもクリニックなど小規模な方が向いています。

大がかりな手術が必要な病気が見つかったら、紹介状をもらって大学病院などへ行くこともできます。

もし既に婦人科系の持病があり、将来的に手術や経過観察が必要なら、初めからその分野に強い大病院を選ぶと良いでしょう。

婦人科以外の疾患がある人も、他の診療科と連携をとれる総合病院がお勧めです。

 

 

婦人科?産婦人科?

婦人科と産婦人科の違いは、出産を扱っているかいないかの違いです。

近い将来に出産も考えているなら、産婦人科が良いでしょう。

出産とは切り離し、婦人科系の不調を診てもらうなら、婦人科の方が専門的な治療を落ち着いて受けられるかもしれません。

 

 

女医?それとも男性医師?

婦人科という特殊な診療科なので、女医を希望する人も多いでしょう。問診では性交についての項目もあり、内診も行われます。

どうしても男性医師に抵抗があるなら、女医がいる病院を集めたサイトなどで探すのがお勧めです。

ただ、全体の数は男性医師の方が多く、身近に女医がいる病院が無いかもしれません。

また、性別よりも個人的な相性が問題ともいえます。

男性医師、女医にこだわり過ぎず、実際の診療を受けて信頼感を持てる医師を選びましょう。

 

婦人科の検索サイト、口コミサイトも、病院選びには大いに役立ちます。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/09/27-370767.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

選び方に関する記事

医師の治療方針に納得してますか?婦人科でのセカンドオピニオン

  セカンドオピニオンは、直訳すると「ふたつめの意見」。診断や治療法は、医...

リプロダクションセンターに行ったことはありますか?どんな検査が行われるの?

女性のカラダの悩みとして、近年増えているのが不妊症に関する悩みです。 不妊...


かかりつけ医のススメ

 婦人病に限らない話ですが、「かかりつけ医」を持っておくようにしましょう。 かか...

更年期障害の治療で病院を選ぶなら、更年期外来がおすすめ!

  女性の体が大きく変化し、不調が増えるのが閉経前後10年間の更年期です。...

カラダノートひろば

選び方の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る