カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 紫外線対策 >
  4. >
  5. 肌トラブルに要注意~日焼け止めの成分

美容・ダイエット

肌トラブルに要注意~日焼け止めの成分

 

紫外線から肌を守ってくれる日焼け止めですが、その日焼け止めによって肌トラブルが起こることもあります。日焼け止めに含まれる成分と、肌への影響をまとめました。

 

 

日焼けを防ぐ成分

◆紫外線吸収剤:科学的な作用により、肌表面で紫外線を吸収し、熱に変換して放出します。紫外線を吸収することで肌に刺激を与えるようになります。

 

紫外線吸収剤として配合されているのは、メトキシケイヒ酸オクチル・バラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル・オクチルトリアゾン・ジメトキシベンジリデンジキオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル・t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン・ジエチルアミノヒドロキシベンゾイルプロピオン酸オクチルなどです。

 

◆紫外線散乱剤:肌表面で物理的に紫外線を散乱させ、反射することで日焼けを防ぎます。紫外線吸収剤よりは肌への影響が小さいものの、長時間の使用で肌が乾燥します。

酸化チタン・酸化亜鉛などが紫外線散乱剤として配合されています。

 

 

その他の成分

◆界面活性剤:日焼け止めのように複数の異なる性質のものをなじませるために添加します。素材には天然由来のもの、石油系合成、アミノ酸系合成などさまざまあります。どの界面活性剤を使用しているかで肌への負担が違います。

 

◆パラベン:防腐剤として添加されます。薬事法で表示が義務付けられている指定成分で、アレルギーを発症する人もいます。

 

 

日頃から肌が敏感でかぶれやすい人は、これらの成分が不使用の日焼け止めをお勧めします。SPFが高い日焼け止めほど強い成分を含む傾向にあります。ふだん使いには、SPF20程度で十分です。

 

(photo by://www.ashinari.com/2012/07/09-365018.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

顔に関する記事

目から入った紫外線によっても日焼けする?!

  これらの季節は紫外線が気になります。紫外線の悪影響としては肌に対するものが...

女性とは違う!理想的なUVケアを知ろう!夏のメンズUVケアの基本について

最近、ドラッグストアなどへ行くと、女性のスキンケア・UVケアなどのコーナーに...


車の中でも、家の中でも赤ちゃんは紫外線に狙われている!室内でもUVケアを徹底!

     車の中にいるとき、家の中にいるときの紫外線対策は、どのようにしています...

今年は綺麗な肌でいたい!そんな美肌男子におすすめのUVケアとは?

男性はガッツリ小麦色に焼けてたくましい方が良い!という意見と同じくらいに、ほ...

カラダノートひろば

顔の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る