カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 紫外線対策 >
  4. >
  5. 目はノーガード?肌だけではない紫外線対策

美容・ダイエット

目はノーガード?肌だけではない紫外線対策

 

紫外線の影響を強く受けるパーツの1つが、目です。

目に紫外線があたると、目がダメージを受けるのはもちろん、肌にもダメージがあるのを知っていますか?目と紫外線の関係について説明します。

 

 

目(視力)のダメージ

目の角膜・結膜は強い紫外線によって炎症を起こします

強い日差しを浴びると目が痛むのは、炎症が原因です。視力にも影響があります。

水晶体を構成するタンパク質・ヒアルロン酸が損傷し、白内障といった疾患を招きます。

 

 

肌へのダメージ

目から吸収された紫外線の刺激で、肌のメラニンが増加するという論文が発表されています。

肌を日焼け止めなどでカバーしていても、目が紫外線にさらされていては、効果が半減してしまうかもしれません。

 

 

対策

日焼け止めを塗れない目は、紫外線を直接あてないようにしましょう。

UVカット加工のサングラスがお勧めです。色の濃いサングラスは瞳孔が開いて多くの紫外線が入ってしまうので、薄い色のサングラスが良いでしょう。

 

日傘やつばの大きな帽子も有効です。

紫外線によるダメージを修復する目薬もあるので、長時間の外出後に使用しましょう。紫外線だけではなく、長時間のパソコンやテレビによるダメージも避け、目をいたわる生活が大切です。

 

食事で積極的に摂りたいのが、ビタミンAです。

粘膜や皮膚を強化する働きのほか、網膜に存在する「視物質」という光を感知する成分の活動に必須です。鮭に多く含まれるアスタキサンチンも、紫外線によってできる活性酸素を除去する作用が注目を集めています。

 

 

肌には日焼け止め、目にはサングラスを習慣づけ、紫外線の害から目を守ってください。

 

(photo by://www.ashinari.com/2011/03/04-345725.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

顔に関する記事

余計に紫外線を取り込む?!紫外線カットのない色の濃いサングラスは要注意

  ファッションでサングラスをかける方もいらっしゃいますが、紫外線カット機...

サングラスの色の濃さは紫外線を防ぐのに関係ない?!紫外線カットの性能について

これからの季節、紫外線が気になるようになります。紫外線といえば肌への影響が気...


女性とは違う!理想的なUVケアを知ろう!夏のメンズUVケアの基本について

最近、ドラッグストアなどへ行くと、女性のスキンケア・UVケアなどのコーナーに...

歳を重ねるだけで肌がスカスカになるのは避けられない!?だから今大事な紫外線対策!

  年齢と共に起こる骨粗しょう症は、本来均一にぎっしりと中身がつまっているはず...

カラダノートひろば

顔の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る