カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 予防 >
  5. 運動 >
  6. 妊娠前から血糖値が高い人は注意!運動で妊娠中の糖尿病を防ごう

生活習慣病

妊娠前から血糖値が高い人は注意!運動で妊娠中の糖尿病を防ごう

 

女性が注意したいのが、妊娠中の糖尿病です。妊娠中の糖尿病予防にも運動が効果的ですが、母体と赤ちゃんに悪影響が出ないよう、注意が必要です。

妊娠と糖尿病、予防にお勧めの運動を説明します。

 

 

妊娠中に糖尿病になる理由

胎盤から分泌されるホルモンが、インスリンのはたらきを妨げ、血糖値が上昇しやすくなります。妊娠中は食欲が増進するため、食べ過ぎによる肥満も危険因子です。

妊娠前から血糖値が高め、肥満気味、家族に糖尿病患者がいるなら、高リスクといえます。

 

 

妊娠中でもできる運動

買い物のついでにウォーキング、体を多目に動かす家事など、日常生活の延長でできる運動がちょうど良いでしょう。体調が良く、医師に禁止されていなければマタニティビクスやアクアビクスでしっかり体を動かしても大丈夫です。

 

 

糖尿病予防以外の運動効果

妊娠中の体調管理、出産・育児に向けた体力作りにも運動がお勧めです。

運動によって基礎代謝が上がるため、血糖値がコントロールでき、過度の体重増加を防げます。

骨盤内の血流が良くなり、足腰の筋力が強化されるので安産のためにも良いでしょう。運動によるストレス解消、リラックス効果も期待できます。

 

 

運動してはいけない人

切迫流産や早産の危険がある人は、安静に過ごしながら食事制限を中心に血糖コントロールするのが原則です。

運動は避けてください。腎臓に持病がある、高血圧症、貧血の人も、妊娠中の運動は控えるべきでしょう。妊娠中は関節に負担がかかりやすいため、関節疾患がある人も要注意です。

 

 

体調や妊娠の経過に異常がなくても、どんな運動を行っても良いか医師に相談しましょう。少しでも気分が悪くなったら、中止するのが鉄則です。

 

(photo by://www.ashinari.com/2013/01/25-375606.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

運動に関する記事

糖尿病予防のためのウォーキングの方法

  一大ブームにもなった健康法がウォーキングで、無理なく出来る点が人気を集めま...

適度にとり入れて糖尿病対策に!誰でもやりやすい3つの筋トレ方法をご紹介!

  プレ糖尿病の方は筋トレをしていますか?筋トレではなく有酸素運動をしていると...


糖尿病予防の運動の参考に!100キロカロリー分の運動量

  厚労省の調査によって、平均的に日本人は摂取カロリーが消費カロリーに対して1...

気軽に通って糖尿病予防~スポーツジムへ行ってみませんか?

  糖尿病予防のためにも運動を始めたいけれど、何から始めたらいいか分からな...

カラダノートひろば

運動の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る