カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 薬物療法 >
  5. 注意点 >
  6. 薬による低血糖の症状と対処法とは?糖尿病の薬物療法の注意点

生活習慣病

薬による低血糖の症状と対処法とは?糖尿病の薬物療法の注意点

 

糖尿病の薬物治療では、服薬のタイミングや状況によって低血糖を起こす可能性があります。

低血糖による体調の急変で慌てないよう、次のような症状が出たら適切な対処を施してください。

 

 

低血糖の症状

一般的には、血糖値が70mg/dl以下になると低血糖と呼びます。

空腹を強く感じ、あくびが出たり胸やけを起こすこともあります。50mg/dlで倦怠感や計算能力の低下、40mg/dlで冷や汗・動悸・震え・顔面蒼白、30mg/dlで異常行動・意識消失を伴うのが典型的な症状です。20mg/dlになると、けいれんや昏睡も起こり、命にかかわります。

通常の糖尿病治療薬は、インスリンに比べて低血糖の度合いが軽い傾向にありますが、重症化する可能性を考え、服薬後に不調を感じたら注意して経過を観察しましょう。

 

 

低血糖の対処

◆自分でできること

15~20gの砂糖を経口摂取すると、血糖値が上がります。

万が一に備えて、日ごろから砂糖を携帯しましょう。ブドウ糖を多く含む飲料も効果的です。缶コーヒー、ジュースを飲みましょう。

 

◆周囲の協力が必要なこと

低血糖の症状が重い場合は、意識を失うことがあります。家族や職場、友人といった身近な人に対処法を伝えておきましょう。

意識障害が起こったら、携帯している砂糖を口の中にすり込んでもらう、グルカゴン注射を行う、症状が改善しなかったら病院へ搬送してもらうように頼みます。

 

 

服薬方法を守り、規則正しい生活と服薬を心がけることで低血糖を未然に防ぐことが第一です。万が一、低血糖になっても素早い処置で重症化を予防できます。低血糖を想定した準備をしておきましょう。

 

(photo by://www.ashinari.com/2010/04/02-035499.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

注意点に関する記事

腎障害併発の2型糖尿病治療に『メトホルミン』の使用は安全?乳酸アシドーシスのリスク

2型糖尿病治療薬(ビグアナイド薬:BG薬)の『メトホルミン』は、アメリカでは糖...

服薬による低血糖を防ぐには~糖尿病の薬物治療

  糖尿病の薬物療法において、薬を飲むタイミングや飲み方は非常に重要です。...


「ステロイド系抗炎症薬」の効用と副作用

  皮膚湿疹、気管支喘息から膠原病や悪性腫瘍にまで、さまざまな分野での病気...

主治医に安全性の確認を!糖尿病治療薬『SGLT2阻害薬』に脳梗塞・低血糖の報告

糖尿病治療薬の新薬として『SGLT2阻害薬』という血糖の閾値を下げる作用のある...

カラダノートひろば

注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る