カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 薬物療法 >
  5. 注意点 >
  6. 糖尿病治療薬は飲み合わせに注意~こんな組み合わせは危険です

生活習慣病

糖尿病治療薬は飲み合わせに注意~こんな組み合わせは危険です

 

食品に食べ合わせがあるように、糖尿病治療薬にも飲み合わせがあります。低血糖や副作用、体調不良の原因になる飲み合わせについて説明します。

 

 

内服薬との飲み合わせ

◆アスピリン

糖尿病治療薬との併用で、低血糖の危険があります。主に感冒薬、解熱鎮痛剤などに広く配合されている成分です。

 

◆メチルエフェドリン・麻黄

糖の代謝を促し、血糖値を上昇させる作用があります。咳止めに使われていることが多い成分です。

麻黄は漢方薬として用いられる生薬で、マオウ科シナマオウなど茎から作られます。

咳止め以外にも神経痛や関節痛の漢方治療でも処方されます。

 

 

外用薬との飲み合わせ

◆ステロイド

糖の代謝を促す作用があるステロイドは、糖尿病治療薬の効果を減じる可能性があります。

アトピー性皮膚炎をはじめとする皮膚疾患を治療する軟膏に配合されています。皮膚科で治療を受けている人は、医師に相談してください。

 

◆スピール膏

足の角質を除去する効果があり、タコやイボ、ウオノメを治療するスピール膏は、免疫力が低下している糖尿病の人が使うと感染症の危険があります。

血流障害・神経障害といった合併症により、小さな傷でも足の壊死にいたるかもしれません。皮膚を傷つける可能性があるスピール膏の使用は、避けた方が良いでしょう。

 

 

食品との飲み合わせ

◆アルコール

低血糖を起こすアルコールは、要注意です。糖分を多く含んだアルコールは、糖尿病を悪化させる原因になります。

アルコールとの飲み合わせで起こった不調は、単なる酔いとの区別がつきにくく、対応が遅れることもあります。

 

◆健康食品

健康食品に用いられていることが多いグァバポリフェノール、イチョウ葉エキスは、薬の代謝を阻害するため、低血糖につながります。

男性ホルモンを含む栄養ドリンク・滋養強壮剤は糖代謝を促進し、糖尿病治療薬の効果を弱めます。

 

 

飲み合わせによって思わぬ作用が出ることもあります。家の常備薬などを見直し、気になる点は医師に相談してください。

 

(photo by://www.ashinari.com/2008/10/27-009794.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

注意点に関する記事

経口血糖降下薬の副作用や注意点

     ・αグルコシダーゼ阻害薬 服用開始時に腹痛、腹部膨満感、便秘...

薬による低血糖の症状と対処法とは?糖尿病の薬物療法の注意点

  糖尿病の薬物治療では、服薬のタイミングや状況によって低血糖を起こす可能...


死の危険が高い乳酸アシドーシス!糖尿病治療薬BG薬を服用している人は注意!

  糖尿病の内服治療薬の中で、昔から使われている薬のひとつがビグアナイド薬(B...

こんな症状は要注意! 主な糖尿病治療薬の副作用

  糖尿病の治療薬は、人によって副作用が起こる場合があります。代表的な糖尿...

カラダノートひろば

注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る