カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯の着色・黄ばみ >
  5. 歯科医院でする?自宅でする?歯のホワイトニングにかかる料金

気になる病気・症状

歯科医院でする?自宅でする?歯のホワイトニングにかかる料金

 

歯を白くしたい!でもいくらくらいかかるの?
ここではそんな歯のホワイトニングにかかる料金について、方法ごとに見ていきたいと思います。

 

●オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングです。

歯の表面にホワイトニング剤を塗布し、レーザーや光を当てて色素を分解していきます。即効性が高く、施術したその日から白さを実感できる一方で、持続期間が3~6ヶ月と短いのが特徴です。また、30分~1時間ほどで白さを実感できますが、それは前歯の表側のみ。奥歯や歯の裏側の色は変わりません。

 

オフィスホワイトニングを行う施設は、歯科医院のほかにもエステサロンや審美歯科、ホワイトニング専門のエステサロンなどさまざま。料金にも1回数千円から6~7万円程度と大きな開きがあります。また、用いる機器や技術によっても料金が異なります。

 

【オフィスホワイトニングの例】
●ブライトスマイル:LEDまたはプラズマライトを使用したホワイトニング。1回で8~10段階白くなります。

-上下20本前後 1回45,000円~70,000円(1本当たり3,000円~4,000円)

 

●ズーム:波長の短いメタルハライドという光を使用したホワイトニング。1回で6~8段階白くなります。

-上下12~16本 1回25,000円~50,000円(1本当たり2,000円~3,000円)

 

●レーザーホワイトニング:光の代わりにホワイトニング効果のあるレーザーを使用したホワイトニング。1回で3~4段階白くなります。

-1回10,000円~30,000円(1本当たり1,000円~2,000円)

 

●マルチアーチホワイトニング:ハロゲンライトとプラズマライトの中間のライトを使用し、1回で2~4段階白くなります。6本だと8000円前後とお手頃です。

-上下12本 1回10,000円前後(1本当たり1,000円前後)

 

 上記は一例ですが、一般的に、効果の高い技術は高く、効果の低い技術は安い傾向があります。何本の歯を、何回で、どの程度白くしたいかによって選ぶと良いかも知れません。


●ホームホワイトニング

歯科医院で処方してもらった薬剤とマウスピースを用いて、自宅でホワイトニングをする方法。効果が出るまでに2週間以上を要しますが、効果が1~2年と長く、好みの白さまで徐々にホワイトニングすることができます。

料金は、上下20日分で25,000~50,000円程度が中心です。

 

 

ホワイトニングはどの方法でも、かなり白くするには数万円程度かかってしまうことが多いようです。

 

本気で白くした人や、すぐに白くしたい人は効果の高いホワイトニングを、すでにある程度白い場合や、今よりも少し白くしたい場合は効果の弱いお手頃なホワイトニングを1回~数回行うなど、自分にあった方法を見つけてみてはいかがでしょうか。

 

(photo by://www.ashinari.com/2013/03/05-376889.php

著者: seasideさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯の着色・黄ばみに関する記事

歯に害はない?歯のホワイトニングの種類とメリット・デメリット

  歯の色を白くできるホワイトニングが気になるけど、ホワイトニングっていっ...

唇側矯正やインプラントなど…歯科矯正のメリットとデメリット

  歯科矯正には手軽なものから本格的なものまで、さまざまなタイプが登場して...


歯が「黄色く・先端が透明に・角が丸く」なっている人は要注意?!酸がエナメル質を溶かす

酸性度の高い食品や飲み物(酢・柑橘類・乳製品・ワインなど)は、一般的に健康増...

歯の着色・変色の原因になる『着色性食品』『着色補助食品』

白い歯の人を見ると魅力的だなと思うという方も多いかもしれません。以前に比べる...

カラダノートひろば

歯の着色・黄ばみの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る