カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯磨き >
  5. 自分で歯を白くできる!?ホームホワイトニングってどんなもの?

気になる病気・症状

自分で歯を白くできる!?ホームホワイトニングってどんなもの?

 

歯を白くするホワイトニングをやってみたい!でもクリニックに通うのは面倒…
家でできるホワイトニングってどんなもの?どうやってやるの?
ここでは自宅で歯をホワイトニングする際の流れをまとめました。

 

■まずは歯科医のチェック

歯科医院で扱っているホワイトニングを行えるのは、18歳以上の健康な人。また、健康であってもホワイトニングができない人、しない方が良い人、あるいは施術してもあまり効果が期待できない場合があります。虫歯や歯周病がホワイトニングによって悪化したり、象牙質やエナメル質が未発達の場合、ホワイトニングにより鋭い痛みを感じる場合もあり、まずは歯科医にホワイトニングに適した歯かどうか診断してもらうことが大切です。

 

●ホワイトニングができない人、しない方が良いとされている人
・治療していない虫歯や歯周病がある人
・妊娠中の場合、出産後でまだ授乳期間中の人
・歯のエナメル質の形成不全や象牙質の形成不全、エナメル質にヒビや亀裂がある場合
・差し歯や、セラミック、金属、プラスチックなどでできた人工歯
・矯正中の人
・無カタラーゼ症(過酸化水素が分解できなくなる病気)の人

 

■マウスピースの作成とホワイトニングのレクチャー

ホワイトニングが可能と診断された場合、歯の清掃を行い、マウスピースを作成します。マウスピースが出来上がったら自宅でのホワイトニング方法のレクチャーを受けます。

 

■ホワイトニングの開始

食後、歯をきれいに磨きます。歯科医院で出された薬剤をマウスピースに入れて歯に装着。毎晩寝る前に装着して寝ている間に装着したり、夕食後に1~2時間装着したり、自分の生活リズムに合わせて行います。

 

■効果を実感

ホワイトニングの効果を実感するのは、開始して2週間ほど経ってから。そこからは自分の求める白さまでホワイトニングを継続することで、オフィスホワイトニングよりも白い歯を手に入れることもできます。

 

■ホームホワイトニングのメリット

ホームホワイトニングは自宅で行うため、通院のためにクリニックを往復する必要がありません。また、歯科医院で行うオフィスホワイトニングではできない歯の裏側や奥歯のホワイトニングもできること、根気よく続けて行けばホームホワイトニングよりも白くすることができること、オフィスホワイトニングの持続期間が3~6ヶ月であるのに対し、1~2年ほど白さを持続することができるといったメリットがあります。

 

■ホームホワイトニングのデメリット

オフィスホワイトニングであれば30分~1時間ほどの施術時間でその日のうちに歯の白さを実感できるのに対し、ホームホワイトニングは約2週間以上継続しないと効果を実感できません。毎日装着するため手間がかかり、続けていくには根気が要ります。

また、カレーやコーヒー、紅茶、赤ワインなどの色素の強い食べ物や喫煙はホワイトニングの効果を弱めるため、ホワイトニング期間中は避ける必要があり、人によっては生活に制約が生じます。

 

 

いかがでしょうか?
ホームホワイトニングの最大のメリットは、歯科医院で行うホワイトニング方法に比べてリーズナブルな点ともいえます。歯の検診に行くついでに、歯科医師に値段や方法を聞いてみても良いかも知れません。

 

(photo by://www.ashinari.com/2012/09/21-370243.php

著者: seasideさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯磨きに関する記事

歯みがきの重要性!あなたの口臭大丈夫?!

    普段生活している中で、みなさんがご自分で意外と気づいてらっしゃらない...

意外!?酸蝕歯(さんしょくし)の原因となる食べ物

  酸蝕歯とは酸蝕症に罹患した歯のことで、酸蝕症とは歯のエナメル質が侵蝕される...


歯が溶ける?酸蝕歯予防のための生活の中で気をつけるべきポイント

  酸蝕歯は酸性の食べ物や飲み物を含むことで口内のバランスが乱れ、酸によって歯...

歯医者に長年行ってない方要注意!見逃さないでほしい歯周病初期症状

  歯周病は初期にはほとんど症状が出ない病気としても知られています。症状が出て...

カラダノートひろば

歯磨きの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る