カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯の着色・黄ばみ >
  5. 歯に害はない?歯のホワイトニングの種類とメリット・デメリット

気になる病気・症状

歯に害はない?歯のホワイトニングの種類とメリット・デメリット

 

歯の色を白くできるホワイトニングが気になるけど、ホワイトニングっていったいなに?どういう仕組みなの?歯に害はないの?そんな気になる歯のホワイトニング関するあれこれをまとめました。

 

ホワイトニングは、歯の審美性を追求する意識の高いアメリカで生まれた技術。歯の表面に付着した色素を落とすだけでなく、歯の中にある色素を分解して、歯の明るさを上げて歯自体を白くしていくもので、以前は「ブリーチ(漂白)」と呼ばれていました。

 

こうしたホワイトニングは、歯科医院で行うものと自宅で行うものとに分けられます。


●オフィスホワイトニング

歯科医院などのクリニックで行うホワイトニングです。ホワイトニング剤を塗布した後、熱や光を当てて歯の色素を分解していきます。通常数回に分けて行って行きますが、施術した日から白さを実感できるほどの即効性が期待できます。


【メリット】
・即効性が高い
・短時間で歯を白くできる


【デメリット】
・持続期間が短く、約3~6ヶ月間程度が目安
・施術できる歯の範囲が限られ、前歯の6~8本、上下で12~16本が対象
・歯の表側のみのホワイトニングで、裏側は行わない

 

●ホームホワイトニング

歯科医の診断を受けたあとで、自宅で自ら行うホワイトニングです。まずは歯科医院でホワイトニングに適した歯の状態かチェックしたうえで、歯を掃除し、マウスピースを作成します。マウスピースが出来上がったらホームホワイトニングの方法のレクチャーを受け、薬剤を出してもらいます。

 

ホームホワイトニングで使用する薬剤は、オフィスホワイトニングで使う強い薬剤ではなく、ごく低濃度の薬剤を使います。夕食後に毎日1~2時間の装着を2、3週間続ける、毎晩寝る前に装着して寝ている間装着するなど、自分のペースで行うことができます。


【メリット】
・通院の必要がない
・徐々に白くなっていくため、周囲に気付かれにくい
・オフィスホワイトニングではできない歯の裏側や奥歯のホワイトニングもできる
・自分の求める色までホワイトニングを行うことができる
・1~2年ほどの持続性がある


【デメリット】
・効果を実感できるまでに時間がかかる。通常2週間以上継続しないと効果を実感できない。
・手間暇がかかり、毎日続けていくには根気が必要

また、近年取り入れられるようになった、日本独自のホワイトニング技術があります。

 

●FAPホワイトニング

フッ化アパタイトを歯のエナメル質の表面に塗付していくことで、歯の表面でアパタイトが結晶となって歯を白く見せる効果があがります。歯を丈夫にする効果があり、歯の健康に良いとして注目されています。
歯科医院で行え、4~5回の施術で効果を実感できるとされています。


【メリット】
・歯の表面を滑らかにする効果があるため、施術後の着色が起こりにくく、白さが持続する
・歯のエナメル質の表面をアパタイトの結晶が覆うため、歯が丈夫になる
・黄ばみや着色がしにくい歯になる
・真っ白にはならないが、自然な白さを求める場合に適している


【デメリット】
・効果には個人差があり、もともとの歯の色や質、年齢などによっては効果が出ない場合がある
・技術が新しく、どの歯科医院でも行えるわけではない

 

 

いかがでしょうか?歯を痛めるとして怖いイメージもあったホワイトニングも、実用化から20年以上が経過し、安全性が確立されてきているようです。ただし、いずれの方法も一長一短。何を求めるかによって、取られる方法は変わってきます。
 
(photo by://www.ashinari.com/2011/10/09-351225.php

著者: seasideさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯の着色・黄ばみに関する記事

歯医者さんのお世話になる前に…歯の黄ばみ予防は基本的なことをしっかりしましょう!

  歯というのは、意外とその人の印象を決めているものです。ニコッと笑ったときに...

歯に色がつく原因は「食べ物からの着色」だけではない!歯が黄ばむ原因を知ろう!

歯の色が黄ばむのは、食べ物が原因だと思っていませんか?実際には他にも、色々な原...


歯の着色・変色の原因になる『着色性食品』『着色補助食品』

白い歯の人を見ると魅力的だなと思うという方も多いかもしれません。以前に比べる...

唇側矯正やインプラントなど…歯科矯正のメリットとデメリット

  歯科矯正には手軽なものから本格的なものまで、さまざまなタイプが登場して...

カラダノートひろば

歯の着色・黄ばみの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る