カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 風邪 >
  4. 風邪予防にもなるという「鼻うがい」ってどんなもの?

気になる病気・症状

風邪予防にもなるという「鼻うがい」ってどんなもの?

 

風邪の季節。なんとか風邪をひかずに乗り切りたいと、いろいろな方法を試している人も多いのでは?ここでは気になる「鼻うがい」について取り上げてみたいと思います。

 

●実は人気?の鼻うがい

風邪や花粉の季節にドラッグストアに行ってみると、「売れています!」というポップの下に、鼻うがいのアイテムが並んでいます。

なんとなく「痛そう」というイメージがぬぐえないのですが、痛くはないのでしょうか?

 

●鼻が痛いのは真水だから

プールで鼻に水が入ってしまったら、耐えられないほどツーン!とした痛みに襲われますね。あれは、水が真水だから。もしも鼻うがいを自宅の水道水でしたら、痛くて大変なことになります。

 

一方、鼻うがいの薬剤に入っているのは、人間の体液の浸透圧と同じ、0.9%の食塩水を中心とした液体。体の中にある液体と同じ浸透圧の液体を鼻に入れても、ツーンとは来ないのです。

 

●どこをうがいするの?

鼻の奥にあたる「上咽頭」の部分をうがいします。鼻の奥とのどの境界付近で、その少し前方の耳管咽頭口からは中耳とつながっている部分。鼻の奥に膿があるときは、鼻うがいをしてから軽く鼻をかむと、膿を取り除くこともでき、鼻をかむよりもスッキリできるようです。

 

●鼻うがいの方法は?

初めて行う場合や自宅で行う場合は、まずは0.9%の食塩水を作ります。それを洗面器に入れ、顔を付けて片鼻をふさぎ、ゆっくりと鼻から吸って、鼻から吐き出します。これが最も簡単な方法です。

 

市販の鼻うがいキットを使う場合は、薬液をカップに入れ、片方の鼻から吸って、口から吐き出します。誤って飲んでしまっても、もともと体の中にあったものを飲んだだけなので心配いりません。

 


いかがでしょう。鼻うがい、チャレンジしてみたくなりましたか?

注意点としては、中耳に水がいかないように、鼻うがいの最中に唾をのみ込まないこと。また、アレルギーや花粉症、風邪、インフルエンザなどの症状があるときは、医師のアドバイスを仰ぐことをお勧めします。

 

(photo by://www.ashinari.com/2009/05/10-019475.php

著者: seasideさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

風邪に関する記事

空気清浄機の中でウイルスを除菌するしくみとは?

  近年の空気洗浄機は、単純に空気中のホコリをとってきれいにしてくれるだけでは...

風邪薬の服用は実は風邪を治りにくくしている!?知っておきたい風邪薬の"本当のチカラ"

寒くなってくると感染症にかかる確率が高くなっていきます。中でも、体調が崩れてく...


加湿や手洗いうがい、マルチビタミン…簡単に出来る風邪対策とは

    秋から冬になるにしたがって、風邪をひくことが多くなってきます。冬場に...

風邪は夏場も流行する!?夏風邪の3タイプ!夏に風邪が流行る理由とその対策

風邪が大流行する季節といえば、冬をイメージされる方も多いでしょう。   たしか...

カラダノートひろば

風邪の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る