カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. やかんで…アイロンで…子どもがやけどをしたときの正しい対処法

育児

やかんで…アイロンで…子どもがやけどをしたときの正しい対処法

細かいことに気を配って行動することができない子どもは、日常生活の中でやけどをする機会がたくさんあります。
ストーブなどはあまり家庭でみられなくなりましたので、次第にそうした危険は減っていますが、スープや電気ケトルに入ったお湯などでやけどする可能性は十分にあります。
では、いざやけどをしたらどうすればよいのでしょう。
 
 

どの程度のやけどなら病院に行くべき?

例えば指の先が少しフライパンに触れてしまったらすぐに流水で冷やすなどし、水ぶくれになっていてもそのまま薬などを塗って、ばんそうこうなどで処置してしまいます。
そうした場合は多くの人は病院に行きませんよね。

では、どの程度のやけどであれば病院に行くべきなのでしょうか。
大きさで言えば子どもの手のひらよりも大きいやけどの場合には病院に行った方がよいでしょう。
また、手のひらのサイズより小さくても、ただれなどの症状がひどければ病院に行く必要があります。
 

病院に行くようなやけどの場合は薬を塗らない

やけどをした場合、すぐの対処法としては水などで冷やすと思います。
そうするとやけどの痛みが引き、落ち着いて対処できるようになります。

その場合、痛がっている子どもを見るとついすぐに薬を塗りたくなってしまうと思いますが、それが必ず正しいとは限りません。

やけどはその状態によって治療が異なります。
そのため病院での治療を受ける前に自己判断で余計な処置をしない方がよいです。
 

気になっても服は脱がさない

衣服の上から熱湯がかかるなどしてやけどをしてしまうことがあります。
その場合、大人でもそうですが、子どもの場合はさらに服をまくってやけどの状態を確認したくなってしまいます。

しかし、衣服とやけどをした部分がくっついている場合はその上から水をかけ、絶対に衣服を脱がせてはいけません。
というのもやけどの状態によってはやけどをした皮膚と衣服がくっついてしまい、衣服を脱がせるとそのまま皮膚もはがしてしまい取り返しのつかないことになってしまうことがあるからです。
 
子どもの場合、大きなやけどは簡単に家で処置して済まされるものではありません。必ず病院に行って治療を受けるようにしましょう。
 

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2011/07/10-348304.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ケガ・応急処置に関する記事

ハチに刺されたときの症状は2種類、「局所症状」と「全身症状」それぞれどんな症状?

ハチに刺されるとものすごく痛いです。痛いだけで済むのならまだいいのですが、それ...

子どもの骨は柔らかい!それによって起こること

成長途中の子どもの骨は大人のものよりも少し違います。というのも成長途中の子ども...

ケガ・応急処置の体験談

1歳過ぎてすぐくちびるを、切ってしまいました・・・

我が家の三女、1歳過ぎてすぐに唇を切る怪我をしてしまいました・・・子供の怪我!血が多く出る箇所、焦ら...

びっくり!○○を食べていた息子!

息子が1歳くらいのとき、誤飲をしてとても焦ったことがあります。 1歳となると、自分で自由に勝手...

カラダノートひろば

ケガ・応急処置の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る