カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 認知症 >
  4. アルツハイマー >
  5. 予防 >
  6. 食べもの >
  7. アルツハイマー予防に納豆を食べよう!

介護・認知症

アルツハイマー予防に納豆を食べよう!

natto001.jpg


日本伝統の発酵食品、納豆。
その栄養価は世界で一番優れていると言っても過言ではないと言われています。
そんな納豆は認知症予防にも非常に効果的なんです。

納豆には脳を活性化させ、認知機能の低下を抑えると言われる栄養素がたっぷり含まれています。

・レシチン、コリン

脳の伝達物質の原料となる。
これらが十分にあることで脳機能が衰えないと言われている。
またレシチンは脳細胞膜の原料ともなり、脳細胞を守ってくれる。

・カルシウム


カルシウム不足も認知症の原因の1つと言われている。

・ビタミンK

 
高齢者に不足しがちな栄養素。
血栓ができるのを予防する。


また酵素の1つであるナットウキナーゼも血栓を予防する働きがあり、脳梗塞などからくる認知症の予防効果があります。


納豆は食べ合わせる薬味も魅力の1つですね。

長ネギや卵などが一般的ですが、認知症予防という観点からオススメな薬味をご紹介します。

・メカブ


海藻にもビタミンKが豊富に含まれます。
特にメカブは納豆にも負けないくらいのネバネバ食材。
納豆とメカブのダブルネバネバ食材でより健康的に。

・タマネギ


タマネギの臭い成分である硫化アリル血栓を防ぐ効果があります。
ネギとはまた少し違った味わいです。

・シラス


魚を多く食べる人は認知症になりにくいと言われています。
栄養豊富で味の相性も良いシラスは納豆のトッピングにぴったりです。



(Photo by //www.ashinari.com/2011/04/19-347022.php )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食べものに関する記事

アミロイドβ蛋白の抑制作用が確認されたターメリックの力とは!

  アルツハイマー病の原因物質 アミロイドβ蛋白の抑制効果が確認された ...

認知症予防に効果!アミロイドβ抑制作用のある『フェルラ酸』とは?

現在、国内における65歳以上の認知症患者数は約462万人程度であり、80歳以上...


認知機能障害の改善が報告された『ヤマブシダケ』とは?

  アルツハイマー病の原因、神経細胞死を抑制する『ヤマブシタケ』   アル...

ビタミンD摂取量が少ないと、『アルツハイマー病』発症率が70%増加する?!

近年、米国神経学会の発表で、『ビタミンD摂取量が不足している高齢者は、認知症...

カラダノートひろば

食べものの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る