カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 薬に頼らず普段の生活の中で改善したい!不快な妊娠中の下痢を食事療法で改善しよう!

妊娠・出産

薬に頼らず普段の生活の中で改善したい!不快な妊娠中の下痢を食事療法で改善しよう!

妊娠中に下痢をしても、市販の薬などに頼ることは禁物ですよね。

医師に相談すると漢方薬などの整腸剤を出してくれる場合もありますが、できるだけ普段の生活の中で、改善できることは実践していきたいものです。

ここでは食事面から、下痢対策について考えてみました。

 

バランスの良い食事を

いくら体に良い食べ物でも、これだけ食べていればOKという事はありません。

妊娠初期は体調不良が続き、たくさん食べるのが苦痛という人もいますが、できる範囲でたくさんの栄養を摂るように心がけて下さい。

下記では、食事療法のポイントと、下痢の改善に良い食べ物・避けた方が良い食べ物をご紹介します。

 

<ここがポイント>

・水分補給をする

・消化の良いものを食べる

・脂肪分が多いものは避ける

・食物繊維が多いもの(下痢を誘発してしまう)

・体を冷やさない

 

<下痢の改善に良い食物>

・おかゆ

・味噌汁

・うどん

・白身魚

・鶏肉(脂肪の少ないササミなど)

・根菜など

 

<避けた方がいい食物>

・冷たいもの

・刺身

・ヨーグルト

・生野菜

・香辛料が多い食べ物

・甘いお菓子

・油が多いもの、揚げ物など

 

冷たいものは、下痢だけでなくママの身体を冷やし体調不良の原因ともなるので避けましょう。

体に良い食べ物を、できるだけ『やわらかく・あたたかく』して摂るようにしてください。

飲み物はカフェインレスの物を選びましょう。

 

食べる時は、よく噛んで、ゆっくり時間をかけて食べましょう。

吐き気があるママは少量で構わないので、食べられる量をゆっくり食べることで満足感も得られます。 

 

がんばりすぎないで!

下痢や嘔吐がともない、「栄養が足りてないのではないか?」と心配になるママもいます。でも妊娠中の身体は、赤ちゃんに充分な栄養を与えるようにできています。食事を摂ることは重要ですが、具合が悪いときは無理をしすぎず、身体をやすめてください。

 

人それぞれですが、安定期に入ると食欲も戻り、つわりの症状も治まるものです。これも妊娠初期の洗礼だと割り切って、余裕を持って過ごしましょう。

 

(photo by 筆者)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

トラブルに関する記事

高血糖の母体だと、赤ちゃんはキケン?!糖尿病母体児とは?

妊娠中に初めて糖尿病と診断された場合、またはすでに糖尿病と診断された人が妊娠し...

かゆみがひどい!特に2度目の妊娠に多い「妊娠性掻痒疹」の原因3つ!

妊娠中に全身の「かゆみ」を経験する方は少なくないようです。体質にもよりますが...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

トラブルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る