カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯列矯正 >
  5. 話題の「マウスピース矯正」、メリットとデメリットは?

気になる病気・症状

話題の「マウスピース矯正」、メリットとデメリットは?

 

目立たない、痛くない矯正として話題の「マウスピース矯正」。これってどんな歯列矯正なのでしょう?マウスピース矯正の特徴についてみて行きたいと思います。

 

●金具を使わない歯列矯正

歯科矯正を行ううえで気になるのが、1年以上の間、歯に矯正装置を装着して過ごさなければならないこと。いずれ取れるとわかっていても、矯正金具に気を取られることなく笑顔でいたいし、すてきな笑顔を写真に残していきたいものです。

 

そんな「見えない歯科矯正」のニーズを叶えるため、見えにくい透明の矯正器具を用いる方法や、歯の裏側に金具を取り付ける方法などがあります。そして近年、金具を用いずに「マウスピース」によって矯正を行える方法が人気です。

 

歯列矯正治療は、歯にブランケットと呼ばれる金具を取り付け、そこにワイヤーを通して歯を動かしていくのが一般的ですが、マウスピース矯正の場合はワイヤーを使わず、透明なマウスピースを装着します

 

●マウスピースってどんなもの?

歯型を取って透明なマウスピースを作り、それによって歯を動かしていきます。装着時間はタイプによって異なりますが、睡眠中も含む1日20時間以上が一般的のようです。

 

●マウスピース矯正のメリットは?

まずは透明なので、歯科矯正をしていることに気付かれにくいこと。また、食事中や歯磨きの際に外すことが出来るので、歯磨きがしやすく衛生的です。矯正中の痛みも、ブラケットによる矯正よりも少ないと言われています。

出っ張った歯を中に入れていったり、微妙な動きをさせる場合には、ワイヤーによる矯正よりもマウスピースの方が向いています。
金属アレルギーのある人でも矯正を受けることができます。

 

●マウスピース矯正のデメリットは?

前歯だけの矯正や軽度のデコボコは治せますが、口腔全体の歯列を矯正する必要がある場合には向きません。奥歯を大きく動かすことができないので、根本的な噛み合わせの治療には適応できない場合があります。また、歯のねじれを取っていくときなどにはワイヤーによる矯正よりも時間がかかります。

 

●通常の矯正と比べて期間と費用は?

一般的に、矯正にかかる期間はワイヤーによる矯正と同じ程度(1~2年程度)ですが、ワイヤーによる矯正が24時間力を加え続けているのに対し、マウスピースは自分で外すことができるので、外している時間が長いほど矯正が完了するまでにかかる期間が長くなります。


また、ワイヤーであれば1ヶ月に1回の通院で調整すれば良いところ、マウスピースの場合は2週間に1回通院し、3~4週間ごとに新しいマウスピースを作る必要があります。


費用は自由診療のため歯科医院によって大きな違いがあり、また、個人の歯の状態や目指す姿によっても異なるため、マウスピースの方が安いとは言い切れませんが、診察料や検査料を除いて、マウスピースを作るための費用が1回3万円程度×5~10回程度と、若干安くなる傾向があるようです。

 

 

歯科矯正の金具が気になって踏み切れない、途中で外せないのが怖い、前歯だけ矯正したいというような人には、矯正方法の選択肢のひとつとなりそうですね。

 

(photo by://www.ashinari.com/2012/03/15-359389.php

著者: seasideさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯列矯正に関する記事

子どもの場合・大人の場合・手術の場合・意外とかかるお金…矯正治療のあれこれ

  歯の歯列矯正、つまり矯正治療というのは保険適用がされません。そのため、治療...

歯科矯正をする病院を決める際、決め手となるポイントは?

  費用の面でも、期間の面でも、見た目や心理的な面でも、大きな負担となる歯...


【 矯正後の後戻り 】リテイナーはいつまでやるの?!

    歯の並びをよくするために「矯正」をすると、その後には必ず「保...

歯列矯正ってどれくらいの治療期間を想定していればいいの?矯正治療期間の目安

  歯並びの悪さを矯正すると言っても、歯並びの悪さの程度によってどんな矯正法が...

カラダノートひろば

歯列矯正の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る