カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 切り傷 >
  5. 洗って、きれいにして、消毒しない?

育児・子供の病気

洗って、きれいにして、消毒しない?

 

子どもが生活の中で切り傷をつくることはよくあります。紙の端で切ってしまったりする小さなものから、転んだ場所に鋭いガラスの破片があって切ってしまうなど様々なシーンがありますが、その多くは家庭で処置をするでしょう。しかしその処置は本当に正しいでしょうか?

 

 

まずは洗うことが最優先

切り傷ができたら何を置いてもまず最初にするべきことは傷を流水で洗うことです。このとき望ましいのは無菌の水で洗うことなのですが、傷を作ったときに都合よく無菌の水を持っていることはほとんどないでしょうから、水道水で十分です。そもそも水道水には若干の塩素が含まれていますから、ほぼ無菌状態です。

 

洗う目的

水道水を流しっぱなしにして傷を洗って下さい。例えばここでおけに張った水で洗うというのは少し違います。傷を冷やすとその間炎症が治まって痛みが和らぐかもしれませんが、それは本来の目的ではなく、傷に入った菌や土などをできるだけ外に出すことが目的です。そのため流水で洗い流すようにする方がよいのです。もしこのとき切り傷の奥にごみが入っているのが見つけられたら、痛くても取り出しましょう。というのもそうしたごみが傷に入っていると感染の原因になることもありますし、そもそもその傷が回復するときに治癒の邪魔になります

 

次は消毒?

水で傷をきれいにしたら次は消毒という認識が強いかもしれませんが、新しい治療の流れでは消毒はあまり推奨されていません。消毒液を傷につけるとしみて痛みを感じますよね。それは消毒液が菌を消毒しているだけではなく、体の細胞も傷つけているからなのです。すると回復に必要なものまでも攻撃してしまうことになりますので、消毒はしないほうがよいのです。だからこそ水で洗う段階でよくごみを取り除くことが重要と言えます。

 

傷をきれいにできたら

ごみを取り除ければ、あとは傷口の乾燥を防いでくれるようなバンソウコウなどで処置するとよいでしょう。このとき従来のバンソウコウよりも、少し価格は高いですが傷から出ている液体を吸ってしまわないような構造になっているバンソウコウを使用すると、傷の痕が残りにくいです。

 

 

子どもの場合自分で処置をすると、傷口からごみを出す作業で手を抜いてしまいがちです。しかし、切り傷が深いほど奥にごみが入り込み感染症を引き起こす原因にもなりますから、周りの大人が適切に処置してあげるようにしましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/02/23-014434.php?category=51])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

切り傷に関する記事

切断にまで至る傷・・・どう対処すれば良い?

  子どもが自分で移動できるような身体活動をし始めると、親御さんは危険なものな...

子供のケガに!バンドエイドやガーゼの利点と欠点

  今まで傷ができたら水で傷を洗って、消毒して、バンドエイドなどで傷を覆うこと...

切り傷の体験談

娘(5歳)が車に指を挟んだ!

思わぬ事故、子供がいると遭遇する機会も多いですよね… 秋の遠足当日、娘はご機嫌で鼻歌を歌いながら降...

くちびるを、切ってしまいました・・・

我が家の三女、1歳過ぎてすぐに 唇を切る怪我をしてしまいました・・・血が多く出る箇所、焦らずに。三...

カラダノートひろば

切り傷の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る