カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯の着色・黄ばみ >
  5. 唇側矯正やインプラントなど…歯科矯正のメリットとデメリット

気になる病気・症状

唇側矯正やインプラントなど…歯科矯正のメリットとデメリット

 

歯科矯正には手軽なものから本格的なものまで、さまざまなタイプが登場しています。ここでは、治療法ごとのメリットとデメリットについて取り上げてみたいと思います。

 

●唇側矯正(しんそくきょうせい)

一般的な矯正方法で、歯の表面にブラケットと呼ばれる矯正装置を取りつけ、メタルなどのワイヤーを通して固定させ、歯を引っ張って動かしていきます。1~2年の長い時間をかけてゆっくりと歯を移動させます。

従来からある金属製の矯正装置から、透明で目立ちにくいセラミック製の矯正装置や、ワイヤーが細く、弱い力で矯正するため痛みが発生しにくい装置など、バリエーションが広がっています。


【メリット】
・もっとも安定した矯正方法で、口腔全体の噛み合わせや歯並びを矯正することができる
・技術が確立しており、医師による技能のばらつきが少ない


【デメリット】
・歯の表側に矯正装置を取り付けるため、矯正していることが目立つ
・矯正期間が2年以上の長期間に渡ることが多い

 

 

●舌側矯正(ぜっそくきょうせい)

矯正器具が目立つのはイヤという人でも、抵抗なく行える矯正方法。歯の裏側に装置を取りつけるので、口をあけても矯正装置がまったく見えません。

誰にも知られずに矯正することができます。


【メリット】
・矯正装置が目立たないので、矯正中の外見上のストレスが少ない
・楽器の演奏やスポーツの妨げになりにくい
・唇側矯正と同様、あらゆる不正咬合の矯正が行え、治療期間も唇側矯正とほぼ同じ
・噛み合わせの深い症例を効果的に治療できる

 

【デメリット】
・装置が舌にあたるため、舌に違和感があったり、舌を傷つけることがある
・慣れないうちは発音しにくくなることもある
・唇側矯正に比べ費用が高い

 

 

■インプラント矯正

矯正にかかる期間を短縮する治療方法です。矯正治療は自分の歯を支えにして他の歯を動かしていきますが、インプラント矯正では、顎の骨に埋め込んだインプラントを支えにして他の歯を動かします。


【メリット】
・効果が早く現れやすく、他の治療法より短期間で治療できる
・抜歯の必要がなく、大がかりな外科治療が必要な難症例にも適応できる

 

【デメリット】
・一般的な歯科矯正に比べて費用が高額になる
・インプラントを埋め込むための手術を要する
・行える歯科医院が少なく、技術力にばらつきがある

 

 

■コルチコトミー(皮質骨骨切開術)

矯正にかかる期間を短縮する治療方法です。コルチコトミーでは、歯を支える歯槽骨の表面にある骨に少し切れ目を入れ、歯を動きやすくする方法。


【メリット】
・成人は骨が硬く緻密なため歯が動きにくいが、早く効果的に歯を動かせるようになる
・短期間で矯正を行える(通常の矯正の半分程度)


【デメリット】
・高い技術力を要する外科的手法を用いるため、行える医師は限られる
・矯正費用が高額になる

 

 

■マウスピース矯正

ブラケットやワイヤーを使わず、透明なプラスチック製の矯正装置を口の中に装着する方法。


【メリット】
・矯正装置が目立たないので、矯正していることに気付かれない
・ブラケットやワイヤーに比べ、口の中の違和感がない
・自分で取り外しができ、食後の歯磨きを行うことができる


【デメリット】
・適応は軽度の乱杭歯や曲った歯に限られ、ひどい不正咬合や出っ歯などは治せない
・装着時間が短いと、ワイヤーによる矯正よりも長い矯正期間が必要になる
・ワイヤーによる矯正よりも頻繁に通院し、マウスピースを作り直す必要がある

 

 

■部分矯正

基本的に矯正方法は唇側矯正、舌側矯正、マウスピース矯正の3種類ですが、それぞれに、「前歯の歯並びだけきれいにしたい」、「前歯の1本だけ歯並びを治したい」、「前歯の隙っ歯を治したい」と言った場合に、気になる箇所のみを矯正する部分矯正が行われています。


【メリット】
・少ない費用、短い期間で気軽に矯正することができる


【デメリット】
・出っ歯や重症の不正咬合は治療できない

 

 

理想的な口腔環境を手に入れるためには、それぞれの治療のメリット、デメリットを踏まえたうえで、自分の歯の状態や目標とするゴールに応じた治療方法を選ぶことが大切になります。

 

(photo by://www.ashinari.com/2012/09/21-370242.php

著者: seasideさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯の着色・黄ばみに関する記事

歯に色がつく原因は「食べ物からの着色」だけではない!歯が黄ばむ原因を知ろう!

歯の色が黄ばむのは、食べ物が原因だと思っていませんか?実際には他にも、色々な原...

歯の着色を取り除ける?!歯の着色除去法・エアーフローって?

歯の色をもしも選べるとしたら真っ白な歯、そうではなくてもなるべく白い歯を選ぶ...


歯科医院でする?自宅でする?歯のホワイトニングにかかる料金

  歯を白くしたい!でもいくらくらいかかるの?ここではそんな歯のホワイトニ...

歯の着色・変色の原因になる『着色性食品』『着色補助食品』

白い歯の人を見ると魅力的だなと思うという方も多いかもしれません。以前に比べる...

カラダノートひろば

歯の着色・黄ばみの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る