カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯列矯正 >
  5. 歯科矯正では、歯を抜かなきゃならないの?

気になる病気・症状

歯科矯正では、歯を抜かなきゃならないの?

 

抜歯なんて、聞いただけで頭が痛くなりそう…。歯列矯正するには抜歯はしなければならいないものなの?そんな矯正と抜歯について、みて行きたいと思います。

 

 

人間の歯は、親知らずを除き、通常上下合わせて28本あります。食べ物を噛んだり、すりつぶしたり、あるいは発音を助けるなど、それぞれに働きを持っていて、1本たりとも無駄な歯はありません。ところが矯正治療においては、デコボコの歯並びを整えるために、第一小臼歯を抜いてスペースを取るという方法が、多くの歯科医院で取られてきました。

 

しかし現在は、抜かない歯科矯正が主流になってきています。

 

前歯の見た目だけを整えるのなら、第一小臼歯を抜いて矯正するのがもっとも簡単です。しかし、抜歯をしてスペースを作ると、かみ合わせや顎関節への影響といった危険性があることや、健全な歯を抜かれることへの抵抗感があります。

 

最新の矯正治療では、小臼歯を抜かない代わりに、前歯だけでなく、奥歯を側方へ拡大させる、あるいは奥の方へ動かすなど、歯列全体を視野に入れて、すべての歯をより良い位置に戻すことを目的としています。

 

なぜなら、前歯の歯並びが悪くなる原因は、じつは奥歯の生え方にあることも多いからです。

 

奥歯が生えてくる成長期にあごの骨が成長していないために、となりの歯を少しずつ斜めに押し出して生えてしまい、結果的に前歯が最も大きな影響を受けるということになります。

 

原因となっている奥歯から動かすことにより、歯を抜かなくても歯列を整えることができるというわけです

 

医師の説明を聞いて、「それしか方法がない」と言われたら、いやいやながらも抜歯を受け入れざるを得ないかもしれませんが、歯列矯正は一生の問題。

納得がいくまで医師に確認し、信頼関係を築けた場合に実施したいものです。

 

(photo by://www.ashinari.com/2012/12/24-374439.php

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯列矯正に関する記事

歯並びの矯正治療はこんなにも種類があった!あなたに合った治療法はどれ?

  生まれながらにしてきれいな歯並びの人もいますが、あごの小ささや、小さい頃の...

矯正治療はいろいろと種類がある!矯正治療別の治療費がいくらかかるのか知りたい!

  歯並びというのは良ければあまり気になりませんが、悪いと「この人歯並び悪いな...


歯科矯正をする病院を決める際、決め手となるポイントは?

  費用の面でも、期間の面でも、見た目や心理的な面でも、大きな負担となる歯...

抜歯矯正で「ほうれい線が出る」?「顔が痩せる」?抜歯で気になる顔の変化って何?

  大人になってから顔の印象をよくしようと、歯並びを治療する方もいると思います。...

カラダノートひろば

歯列矯正の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る