カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯列矯正 >
  5. 歯科矯正を始める前に知っておきたい治療のプロセス

気になる病気・症状

歯科矯正を始める前に知っておきたい治療のプロセス

 

歯科矯正は歯を動かす大きな作業のため、不安はつきもの。では、歯科矯正とはどのような治療のプロセスをたどるものなのでしょうか。

 

●ステップ1:カウンセリング

歯の状態をチェックしたあと、治療に関するさまざな相談をします。医師との間の信頼関係を築き、納得して治療を開始するために最も重要なプロセス。不安や疑問を遠慮せず伝えましょう。

 

●ステップ2:精密検査、診断

さまざまな検査機器を使い、歯やあごの状態をチェックします。歯並びが悪くなった原因を解明し、矯正後の状態を予測します。

 

●ステップ3:治療方針の決定

検査結果をもとに、医師から治療方針が提示されます。具体的な治療期間、方法、費用、支払方法などの説明を受け、納得して同意すれば治療開始となります。

 

●ステップ4:治療開始に向けた準備

口腔内の清掃を行い、歯磨きの指導を受けます。矯正装置を付けると歯磨きがしにくくなり、食べ物のカスが付着しやすくなるので、矯正中の歯磨きの仕方をマスターします。

 

●ステップ5:矯正装置の装着

矯正装置を装着します。それぞれの歯にブラケットと呼ばれる部品を装着し、それらをワイヤーで連結して、歯を少しずつ本来の正しい位置に移動させていきます。矯正期間は症状や治療方法によって異なりますが、通常1~3年くらいかけてゆっくりと矯正していきます。

 

●ステップ6:調整期間

矯正装置を付けている間は、1ヶ月に1度のペースで通院し、歯の移動状態をチェックし、装置の調節を行います。

 

●ステップ7:保定期間

所定の位置に歯が移動し、きれいに並び終えたら矯正装置を外し、代わりに保定装置を付けます。半年間ほどは1日中装着し、その後は夜だけ装着します。保定期間は最低1年、矯正期間と同じくらいかかることもあります。この間も1~2ヶ月に1度のペースで通院します。

 

●ステップ8:治療完了

保定期間が終了したら、矯正治療は完了します。

 

 

以上のように、歯科矯正には長い期間がかかり、その間頻繁に通院する必要があります。ステップ1のプロセスを大切にして、信頼のおける歯科医師のもとで治療を開始したいですね。

 

(photo by://www.ashinari.com/2011/09/20-350495.php

著者: seasideさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯列矯正に関する記事

歯の矯正にかかる治療・費用は年齢で違う?

  歯の並びは人によって違いますが、歯並びが悪い場合は歯列矯正を勧められる...

【 治療期間が短く経済的?! 】部分矯正よく考えて!

    矯正というとほとんどの方が歯列全体にわたってワイヤーをつなげ...


矯正治療はいろいろと種類がある!矯正治療別の治療費がいくらかかるのか知りたい!

  歯並びというのは良ければあまり気になりませんが、悪いと「この人歯並び悪いな...

気になる八重歯、抜歯のメリットとデメリットは?

    気になる八重歯を解決する際、八重歯を抜歯するか、抜かずに矯正するかは...

カラダノートひろば

歯列矯正の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る