カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯列矯正 >
  5. 歯科矯正にはどのくらいの期間が必要なの?

気になる病気・症状

歯科矯正にはどのくらいの期間が必要なの?

 

歯科矯正には長い期間かかりそうで、やりたいけどためらってしまう…という人も多いのではないでしょうか。

ここでは歯科矯正にかかる期間について見ていきたいと思います。

 

●基本的には2年以上

治療期間は、個人の症状によって異なりますが、基本的には1~2年程度の矯正期間+1年程度の保定期間の、合わせて3年程度かかるといわれています。これは、前歯の歯並びが悪い原因は奥歯の歯並びにあることが多く、歯並び全体を矯正する必要があるから、また、矯正器具を付けている間は、月に1回のペースで通院し、状態の確認と矯正器具の調整を行う必要があるからです。

 

これだけ長い期間矯正器具を付けることには、やはり抵抗を感じる人もいると思います。そのような人に対し、近年さまざまな矯正方法が提示されています。

 

●前歯だけの部分矯正

矯正器具を付ける期間が、短い場合では3ヶ月程度という部分矯正もあります。前歯の見た目のみを改善させることと、短期間で矯正を済ませることに重点を置く場合に適した歯科矯正です。

 

前歯を場合によっては部分的に削り、表面にワイヤーを3ヶ月程度、あるいは裏面にワイヤーを6ヶ月程度取り付けて歯を動かし、その後2~3ヶ月間マウスピースを装着します。

 

短期間で済み、費用負担も軽く済みますが、全体矯正に比べ仕上がりは劣る場合があるようです。また、妥協する点が発生することや、出っ歯や噛み合わせは治らないといった苦手部分もあります。

 

●短期間の全体矯正

近年、歯科矯正や審美歯科の分野が発達している欧米から技術を取り入れて、さまざまな矯正技術が確立しています。コルチコトミー(皮質骨骨切開術)によって歯を動きやすくすることにより6ヶ月程度で全体矯正を行える方法や、歯の近くの骨に「アンカーインプラント」と呼ばれるインプラントを埋め、それを固定源として通常より強い力を加えて矯正することで、半年程度で全体矯正を行える方法などがあります。ただし費用は高めになる場合があります。

 

 

それぞれ、治療方法にはメリットとデメリットがあります。歯並びに対する悩みの深さや、矯正治療に求めるポイントにあった方法を選んで、納得のいく歯並びを手に入れたいですね。


(photo by://www.ashinari.com/2009/11/09-030286.php?category=31)

著者: seasideさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯列矯正に関する記事

歯並びの矯正治療はこんなにも種類があった!あなたに合った治療法はどれ?

  生まれながらにしてきれいな歯並びの人もいますが、あごの小ささや、小さい頃の...

子どもの場合・大人の場合・手術の場合・意外とかかるお金…矯正治療のあれこれ

  歯の歯列矯正、つまり矯正治療というのは保険適用がされません。そのため、治療...


気を付けて!大人の歯の矯正のメリットデメリット

歯の矯正を行うのは子どもばかりとは限りません。一般的には7-9歳くらいの永久...

どのくらい費用がかかるの?~歯科矯正にかかる費用のポイント~

  高いというイメージの強い歯科矯正。実際、どのくらい費用がかかるものなの...

カラダノートひろば

歯列矯正の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る