カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. 制度 >
  5. 認知症介護に関わる補助金

介護・認知症

認知症介護に関わる補助金


water002.jpg


認知症介護には金銭的な負担も大きいですよね。
そのための補助金制度があります。



認知症の人にだけでなく、介護する家族に支払われる「家族介護慰労金制度」というものがあります。
その支給条件は

・要介護4〜5の認定を受けている要介護者と同居し、介護を行っていること

・要介護者、介護者ともに市町村区民税非課税の状態であること

・過去1年間介護サービスを受けていないこと

で、支給額は年間10万円が限度です。



また、要介護者の生活のために家をバリアフリーへ改築する場合には「介護保険住宅改修工事バリアフリー改修補助金」というものもあります。
こちらの支給条件は

・改修を行う時に要介護認定を受けていること

気をつけなくてはならないのは、あらかじめバリアフリーにしていた場合にはこの制度が適応されないことです。



介護保険をはじめとする公的補助金制度などは様々で、またその支給条件も制度によってそれぞれ異なります。
遠慮せずに自治体の窓口やケアマネージャーと相談し、自分の条件に合った補助金制度を探しましょう。



(Photo by //www.ashinari.com/2012/09/14-369944.php?category=18 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

制度に関する記事

虐待に気付いた人は通報義務あり!高齢者虐待防止法について

  2006年に施行された高齢者虐待防止法では、虐待に気づいた人に対して市...

カラダノートひろば

制度の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る