カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腎臓・膀胱・尿管 >
  4. 子供に多い「膀胱尿路逆流症」による尿路感染症!様々な尿路感染の予防法と併せて知ろう!意外と知らない身近な病気 腎盂炎

気になる病気・症状

子供に多い「膀胱尿路逆流症」による尿路感染症!様々な尿路感染の予防法と併せて知ろう!意外と知らない身近な病気 腎盂炎

尿路感染症の原因の一つに、膀胱から腎臓の尿管に向って尿が逆流してしまう「膀胱尿路逆流症」があります。耳慣れない病気ですが、じつは乳児の100人に1人の割合でおきているとされています。

 

膀胱尿路逆流症とは

尿は腎臓の尿管から膀胱に流れ、膀胱で一定量が溜まると尿として排出されます。この尿排出のときに、膀胱から尿管への逆流が起こるのが、「膀胱尿路逆流症」です。

 

通常であれば、膀胱と尿管のつなぎ目が、尿排出のときにはしっかり閉じるのですが、このつなぎ目が十分に閉じないために、逆流が起こります。

 

1歳以下は男の子、それ以上は女の子

膀胱尿路逆流症は、乳児では男の子に多く見られます。

 

成長に従い、自然に治る場合がほとんどですが、腎臓が生まれつき小さめだったり、逆流症の結果として起こる尿路感染症からの腎盂腎炎を繰り返すと、腎臓の一部の成長が悪くなります。その結果、腎臓の機能が低下することがあり注意が必要です。

 

1歳以下の赤ちゃんで腎盂腎炎を起こした場合には、きちんと調べると、その半数以上に膀胱尿路逆流症が見つかります。

 

 

膀胱尿管逆流症の検査

赤ちゃんの発熱の5〜10%が、尿路感染症によるものだと言われています。

 

膀胱尿路逆流症では、おしっこをするたびに腎臓へ尿が逆流するため、細菌が尿と一緒に腎臓へ送り込まれ続けます。その結果、腎臓で炎症が起きる「腎盂腎炎」になり、高熱が出るのです。

 

これが続く場合には、排尿時の造影レントゲン検査で診断します。超音波(エコー)検査では確実な診断ができないため、尿の出口から膀胱へチューブを入れ、造影剤を注入して、排尿時のレントゲンで膀胱への逆流を確認します。

 

これは麻酔などが使用できないため、チューブを入れるときに痛い思いをしなければならず、検査後もしばらくは排尿時に痛みが起こります。

 

治療方法

膀胱尿路逆流症は、成長とともに消失する軽度のものから、手術が必要なものまであります。一般的には0歳児では重症なケースが多く、小学生くらいになると軽度なケースになります。

 

腎盂腎炎を繰り返していなければ、抗菌剤を少量飲み続けて腎盂腎炎を予防し、自然に逆流症を治していく方法がとられます(予防投与法)。アレルギー体質で抗菌剤が使用できない場合を除けば、この方法をとりあえず1年間続けることが一番安全な方法です。

 

しかし、次のような場合には、尿管と膀胱のつなぎ目を補強する手術を行います。

 

・予防投与法を行っても腎盂腎炎が繰り返される

・逆流の程度が1〜2年経ってもよくならない

・逆流が見つかったときにすでに腎臓に明らかな瘢痕(腎盂腎炎の痕跡)がある

・年齢が4〜5歳以上になっている

・抗菌剤の長期服用に不安がある

 

手術は膀胱の内側から尿管のつなぎ目を外し、膀胱の壁に尿管の通るトンネルと作るというものです。手術成績も安定しており、ほぼ100%、逆流が防止できます。手術後はしばらく尿に血が混じりますが、数日の入院で完了します。

 

手術を受けた女性は妊娠・出産時に泌尿器科へ

 

この尿路再建手術は、手術後の生活に影響はほとんどありませんが、思春期を迎える頃までの間、1年に1回の尿検査で経過観察を続けます。

 

腎臓に傷(瘢痕)がなければ長期間受診することはありません。ですが、女児の場合には、妊娠や出産で膀胱に影響があることがあります。

 

妊娠前に、泌尿器科を受診し、安心して妊娠・出産を迎えることが大切です。

 

 

「尿路感染症」は繰り返し起こることが?!なぜ?

子どもに発症しやすいといわれている「尿路感染症」ですが、一般的には一度完治してしまえば繰り返すことはないとされています。しかし稀に、繰り返し発症してしまうことがあるようです。どういった理由からなのでしょうか。

 

「尿路感染症」はすぐ治る

「尿路感染症」は、おしっこの出口である尿道口から細菌が尿道に入り込むことで発症する病気です。その細菌が膀胱の中にとどまると「膀胱炎」と呼ばれ、腎臓まで達すると「腎盂炎」となります。学童以上の女の子で発熱を伴わない初めての発症の場合は、抗菌薬の服薬で簡単に治り、再発することもほとんどないといわれています。

検診のために病院に定期的に通う必要もないとされますので、最後の診察で受ける注意事項をしっかり守り、気を付けていくことで予防できるといえます。

 

すぐに再発してしまう場合

「尿路感染症」を服薬で治し、注意指導もしっかりと守っているのに再発してしまう、といったケースも中にはあるようです。この場合、尿路(腎臓・尿管・膀胱・尿道)の形態や排尿機能に問題がある場合があるといわれています。繰り返し発症してしまう場合は、その症状が治った後に改めて、小児を専門とする泌尿器科で子どもに合わせた検査を受けることをお勧めします。

特に学童以上の女の子で度々発症してしまう場合は、排尿習慣に問題があったり、排尿障害を伴っていることがあるようです。こういった可能性のある場合は、エコー検査、尿流量測定などの検査が必要となることもあります。

 

「尿路感染症」は痛みや熱を伴う辛い病気です。特に幼児~児童の小さな子どもは、よくわからないけれど痛い、と感じて精神的な負担をかかえることも少なくないでしょう。

早期発見で治療も簡単になりますし、早く治すことができます。

 

子どもの病気で発熱を伴うものは非常に多いですが、「尿路感染症」などの病気も発熱の可能性の1つと考え適切な対処をおこなっていくことが大切といえそうです。

 

お子さんの変調に十分に気を付けてあげましょう。

 

 

無症候性細菌症のときに抗生剤を使ってはいけない理由とは?尿路感染の予防法と併せて

健康診断の一環で尿検査を受けた際に、細菌の項目に(+)が見つかる場合があります。この場合、「膀胱炎の前兆で治療しなくてはいけないのではないか?」と心配される方も多いようです。

 

症状が何も出ていない場合(=無症候性細菌尿)、治療のガイドラインでは例外を除き(妊娠・尿路の外科手術以外)、抗生剤を使ってはいけないことになっています。

 

その理由は、抗生剤を使うことで耐性菌が生まれたり、一部の細菌が異常増殖することがあり逆に悪化してしまう可能性があるためです。

 

では、そのまま放置すべきかというとそうではなく、尿路感染・膀胱炎に進行させないための自分で出来るいくつかの対策があり、これらを行うことで感染リスクを減らすことが出来ると考えられています。

 

無症候性細菌尿とは?

無症候性細菌尿とは、「無症状であるにも関わらず、尿検査で正常時には現れない数の細菌が認められる状態」のことを言います。

 

無症候性細菌尿では、尿中の細菌を根絶することは困難である場合が多く、また合併症の発生もまれであることから、通常何の治療も行わないものとされています。

 

また、むやみに抗生物質の投与を行ってしまうと、体内の細菌のバランスを乱し、その結果一部の細菌が異常繁殖し、排除がさらに困難となる場合があるため、使用は行うべきではないとされています。

 

無症候性細菌尿は、高齢では約2~5割に見られる

無症候性細菌尿は、特に高齢の女性に多く、25~50%で見られ、高齢の男性では15~45%で見られると言われています。

 

特に女性は肛門と尿道口が位置的に近いため、細菌が尿道口に入り込みやすく、男性に比べて膀胱炎へ進行する確率が高いといわれています。

 

無症候性細菌尿でも、抗生剤を使うべきケースとは

抗生剤が必要になるのは「尿路感染症の発生が特に危険視されるような状態」とされています。

 

例)妊娠、腎移植、免疫抑制薬の使用、免疫機能を低下させる病態(エイズ・特定の癌・白血球数の低下など)など

 

無症候性尿路感染症へ抗生物質投与を行った臨床試験の結果は?

■無症候性尿路感染症で抗生物質を使った治療は、症状を悪化させたという臨床試験(Clinical Infectious Diseases誌)

 

【試験内容】

673名の再発性尿路感染症の女性のうち無症候性尿路感染症と診断された方に対し、一方には抗生物質をもう一方には無治療とした。その後1年間の経過観察を行った。また3年後尿路感染(※症状あり)が認められた場合にのみ、抗生物質による治療を行った。

 

【結果】

・1年間の経過観察では、症状ありの尿路感染症(=つまり悪化している)の発症頻度は、「抗生物質を使用したグループの方が多かった」。

・最初に無治療としたグループでは、3年間の経過観察で症状ありの尿路感染再発は37.5%に留まったが、「抗生物質を使用したグループでは再発は69.6%という高率であった」。

・またその原因菌は、抗生物質未使用群と比較して「耐性菌が有意に多いものになっていた」。

⇒抗生物質の使用を中止しても、少なくとも3年間は影響が持続し、耐性菌が増えるなど悪化していることが明らかになりました。

 

尿検査で異常があった場合、膀胱炎を予防するための対策9か条とは?

東邦大学医療センター大森病院・泌尿器科のウェブサイトによれば、膀胱炎を予防するためには以下の9項目を守ることが重要とされています。

■水分を多めに取って、排尿回数を増やす(菌を排出促進)

■尿を我慢しすぎず早めに排尿する(菌の増殖抑制)

■下痢や便秘に気をつける(大腸菌の移動・増殖抑制)

■性交渉後は陰部を清潔にする、排尿をする(菌の排出)

■排尿後、排便後は「前から後ろへ」拭くよう気をつける(菌の尿道侵入抑制)

■排尿後・排便後の温水便座の使用は控える(菌の尿道侵入抑制)

■疲労やストレスはためない(悪玉菌の増殖抑制)

■メタボリック、体重の増加に気をつける(悪玉菌の増殖抑制)

■下半身を冷やさない(膀胱炎の予防)

⇒エビデンスはないが「下半身の冷えが膀胱炎になったと訴える、年配の患者さんが多いため」と述べられています。

 

このように、症状がなく尿検査で細菌が見つかってもすぐ尿路感染・膀胱炎に繋がるというわけではありませんが、日々の習慣の改善が膀胱炎への進行を防ぐということが分かりました。

 

これらの9か条を出来る限り守って、細菌感染から体を防御していきましょう!

 

 

カテーテルによる緑膿菌尿路感染症

尿路感染症は、尿道カテーテルで起こることがあります。

 

尿道カテーテルの留置

腹部の手術、あるいは麻酔や薬剤の影響で排尿が難しい場合、導尿(尿を出させる)や残尿量測定検査などのために、尿道にカテーテルをしばらくの間入れることがあります。それほど特殊なことではないのですが、これが原因で尿路感染症になるケースがあります。

 

緑膿菌の尿路感染

緑膿菌が尿路感染の原因菌になった場合、慢性化し、場合によって敗血症を起こす可能性があります。全身症状になることはまれですが、十分な注意が必要です。

 

緑膿菌はどこにでもいる菌ですので、カテーテルの留置時間が長くなると、リスクが高まります。また、緑膿菌だけでなく、「慢性複雑性尿路感染症」として、複数の菌が感染するケースもあります。

 

検査と診断

尿の沈渣(沈殿物があるか)で白血球が増加している場合には、尿路感染症を疑います。尿の細菌培養をして、尿1mlあたり105コロニー以上の菌が出たら、尿路感染症と診断されます。さらに検出された菌の薬剤感受性を確認し、どのような菌か、またどんな抗生物質が効果的かを検査します。

 

カテーテル留置はできるだけ短い期間に

カテーテル留置が原因となっている場合には、まずカテーテルを取り除くことから治療が始まります。また、カテーテルを閉鎖式の管理にし、おむつはできるだけ避けることが感染症回避につながります。カテーテル使用部位の周辺を清潔に保つことが何よりも予防になるので、導尿時には十分に消毒し、人を介した感染を起こさないようにすることが重要です。

 

尿失禁がある場合には、一定時間毎に自己排尿を誘導したり、ねたきりでもできるだけ自立排尿ができるように環境を整えることが大切です。

 

もともとの病気と尿路感染症

原因菌が緑膿菌だった場合には、もともとの病気に影響を受けることが多く、病気によっては使用できない薬剤もあるので、総合的な検査と診断が重要となります。

 

尿道カテーテルを留置するというのは、なんらかの病気があってのことですから、その病気の改善が先であり、並行してできる治療法がとられます。抗生物質も、緑膿菌には比較的強い抗菌剤が使用されるので、複合的な菌の感染の場合には、薬剤耐性の可能性を含めて慎重に治療薬を選ぶ必要があります。

 

抗生物質はできるだけ使用しない

こうした尿路感染症では、発熱や痛みが激しくなければ、抗生剤を使用しないことが推奨されています。これは、近年増えている薬剤耐性菌を回避するためです。しかし十分な経過観察は必要です。

 

65歳以上の高齢者の約30%に細菌尿があると言われており、一度感染すると、完治はむずかしいとされています。悪化すると腎機能が低下する可能性もあり、敗血症にしない予防が大切になります。

 

体力が低下している闘病期、術後などには、尿路感染症に十分注意しましょう。

 

 

意外と知らない身近な病気 腎盂炎

腎盂炎は、腎臓の腎盂に細菌が侵入して炎症が起きる病気です。じつは、誰でもかかる可能性がある病気です。

 

腎盂炎とは

尿は腎臓で血液が濾過されてできます。この濾過している部分が「腎盂」です。尿は腎盂から尿管、膀胱、尿道、尿道口へと出て行くのですが、これをさかのぼって細菌が感染するエリアを広げていった結果、腎盂まで感染して炎症が起きている状態が「腎盂炎」です。腎臓全体へ感染が広がる場合もあるので、その場合は「腎盂腎炎」と呼ばれます。

 

免疫低下時や不衛生な状態に注意

腎盂炎の予防には、以下が注意すべき点です。

・トイレを我慢しない

・排便後の拭き方:肛門から尿道方向に拭くと、便中の細菌が尿道に感染する場合があります

・生理用品のこまめな交換

・性交後の排尿

いずれも、尿道周辺の衛生状態を保つことが重要だと言えます。

 

女性に多い腎盂炎

尿道口の形状から、どうしても女性のほうが尿道から感染しやすいと言えます。特に妊娠中はさまざまな要因で尿路感染症になるリスクがあります。体力や免疫力が低下していると、感染し、さらに悪化しやすいので、妊娠中や疲れがたまっている時などは、体を冷やさず、尿をしっかり出し、尿路感染を予防することが大切です。

 

(Photo by:http://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-17掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腎臓・膀胱・尿管に関する記事

放っておくと怖い早期診断・対処が大切な病気です「腎梗塞」!外科的治療と内科療法とは

    「腎梗塞」という病気をご存知でしょうか?腎臓に閉塞が起きることで...

夏場の膀胱炎の原因は水分不足!対処法は「たくさん水分を取る」!?膀胱炎の治療には薬物療法が効く!

    夏場の膀胱炎の原因は水分不足!対処法は「たくさん水分を取る」!?...


腎臓病は何科で見てもらうの?日本人がかかりやすい4種類の腎臓病とは一体何?検査の前の注意点

病院にはそれぞれ担当する科があります。例えば怪我なら形成外科や整形外科、お腹...

カラダノートひろば

腎臓・膀胱・尿管の関連カテゴリ

腎臓・膀胱・尿管の記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る