カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腎臓・膀胱・尿管 >
  4. 尿路感染症 >
  5. 子供に多い「膀胱尿路逆流症」による尿路感染症!

気になる病気・症状

子供に多い「膀胱尿路逆流症」による尿路感染症!

尿路感染症の原因の一つに、膀胱から腎臓の尿管に向って尿が逆流してしまう「膀胱尿路逆流症」があります。耳慣れない病気ですが、じつは乳児の100人に1人の割合でおきているとされています。

 

膀胱尿路逆流症とは

尿は腎臓の尿管から膀胱に流れ、膀胱で一定量が溜まると尿として排出されます。この尿排出のときに、膀胱から尿管への逆流が起こるのが、「膀胱尿路逆流症」です。

 

通常であれば、膀胱と尿管のつなぎ目が、尿排出のときにはしっかり閉じるのですが、このつなぎ目が十分に閉じないために、逆流が起こります。

 

1歳以下は男の子、それ以上は女の子

膀胱尿路逆流症は、乳児では男の子に多く見られます。

 

成長に従い、自然に治る場合がほとんどですが、腎臓が生まれつき小さめだったり、逆流症の結果として起こる尿路感染症からの腎盂腎炎を繰り返すと、腎臓の一部の成長が悪くなります。その結果、腎臓の機能が低下することがあり注意が必要です。

 

1歳以下の赤ちゃんで腎盂腎炎を起こした場合には、きちんと調べると、その半数以上に膀胱尿路逆流症が見つかります。

 

膀胱尿管逆流症の検査

赤ちゃんの発熱の5〜10%が、尿路感染症によるものだと言われています。

 

膀胱尿路逆流症では、おしっこをするたびに腎臓へ尿が逆流するため、細菌が尿と一緒に腎臓へ送り込まれ続けます。その結果、腎臓で炎症が起きる「腎盂腎炎」になり、高熱が出るのです。

 

これが続く場合には、排尿時の造影レントゲン検査で診断します。超音波(エコー)検査では確実な診断ができないため、尿の出口から膀胱へチューブを入れ、造影剤を注入して、排尿時のレントゲンで膀胱への逆流を確認します。

 

これは麻酔などが使用できないため、チューブを入れるときに痛い思いをしなければならず、検査後もしばらくは排尿時に痛みが起こります。

 

治療方法

膀胱尿路逆流症は、成長とともに消失する軽度のものから、手術が必要なものまであります。一般的には0歳児では重症なケースが多く、小学生くらいになると軽度なケースになります。

 

腎盂腎炎を繰り返していなければ、抗菌剤を少量飲み続けて腎盂腎炎を予防し、自然に逆流症を治していく方法がとられます(予防投与法)。アレルギー体質で抗菌剤が使用できない場合を除けば、この方法をとりあえず1年間続けることが一番安全な方法です。

 

しかし、次のような場合には、尿管と膀胱のつなぎ目を補強する手術を行います。

 

・予防投与法を行っても腎盂腎炎が繰り返される

・逆流の程度が1〜2年経ってもよくならない

・逆流が見つかったときにすでに腎臓に明らかな瘢痕(腎盂腎炎の痕跡)がある

・年齢が4〜5歳以上になっている

・抗菌剤の長期服用に不安がある

 

手術は膀胱の内側から尿管のつなぎ目を外し、膀胱の壁に尿管の通るトンネルと作るというものです。手術成績も安定しており、ほぼ100%、逆流が防止できます。手術後はしばらく尿に血が混じりますが、数日の入院で完了します。

 

手術を受けた女性は妊娠・出産時に泌尿器科へ

この尿路再建手術は、手術後の生活に影響はほとんどありませんが、思春期を迎える頃までの間、1年に1回の尿検査で経過観察を続けます。

 

腎臓に傷(瘢痕)がなければ長期間受診することはありません。ですが、女児の場合には、妊娠や出産で膀胱に影響があることがあります。

 

妊娠前に、泌尿器科を受診し、安心して妊娠・出産を迎えることが大切です。

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: rosyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

尿路感染症に関する記事

意外と知らない身近な病気 腎盂炎

腎盂炎は、腎臓の腎盂に細菌が侵入して炎症が起きる病気です。じつは、誰でもかか...

子どもに多い「尿路感染症」は予防できる病気です!

  トイレトレーニングも成功し、ようやく1人でトイレができるようになった、...


熱が下がらない機嫌が悪い、それは「尿路感染症」かもしれません!

  オムツでもなくお腹が空いているわけでもないのに、何故かいつもより赤ちゃ...

無症候性細菌症のときに抗生剤を使ってはいけない理由とは?尿路感染の予防法と併せて

健康診断の一環で尿検査を受けた際に、細菌の項目に(+)が見つかる場合がありま...

カラダノートひろば

尿路感染症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る