カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腎臓・膀胱・尿管 >
  4. 外傷 >
  5. 事故などで腎臓を損傷したら迅速な検査と治療が必要

気になる病気・症状

事故などで腎臓を損傷したら迅速な検査と治療が必要

腎臓は肝臓の後ろ側にあり、背中側からは腰骨の両側くらいにある臓器です。事故などで腎臓を強く打つと、腎臓が破裂する場合もあります。

 

腎臓を損傷しやすい事故

腎臓は、直接傷が外に開いた開放性の傷にはなりにくい位置にありますが、交通事故などで外側から強く腹部や背部を打ち付けた場合に、体内で腎臓に損傷が起こります。

 

腎臓の損傷はつぎのような事故で多く起こります。

 

・オートバイの事故で体を強く壁などにぶつける

・高いところから落下する

・けんかやスポーツなど

 

こうした外傷などの外力で、肋骨や脊椎が圧迫されて、腎臓が損傷するケースが多いのです。

 

4段階の腎臓の損傷

腎臓損傷は4つの段階に分けられます。そのまま経過を見て治癒することもあれば、腎臓の切除と移植が必要な場合もあります。

 

1.挫傷(ざしょう)・打撲・被膜下血腫

2.裂傷・亀裂

3.断裂傷・破裂

4.腎茎損傷(じんけいそんしょう):腎臓の主な動静脈が切れる

 

腎臓の外傷は尿に血が混ざっているかで判断

腎臓が損傷を受けているかどうかは、血尿が重要な判断材料となります。しかし、必ずしも損傷の程度と尿中の血液量は同じではなく、また目では見えない潜血から血の塊を含む重い血尿まであります。

 

腎臓を損傷すると、ほとんどの場合一時的なショック状態を起こし、長く続く場合には出血性ショックを起こして、命を落とす危険性もあります。そのため、腎臓を損傷したかどうかは、迅速な判断と必要に応じては緊急手術を施します。

 

腎臓損傷の場合には、基本的には腎臓の機能が保たれるかをポイントに、できるだけ手術はせずに絶対安静の上で体液バランスを維持し、止血剤などで対処します。しかし、出血などでショック症状から回復しない場合には、開腹して腎臓の縫合や摘出が行われます。

 

一度腎臓に損傷を受けると、将来的に高血圧や結石などができることが多く、経過観察を続ける必要があります。大丈夫だと思っても、事故の際にはきちんと検査を受け、その後も体調に注意を払うことが大切です。 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: rosyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

外傷に関する記事

死亡する可能性もある「膀胱外傷」~適切な処置を受けましょう

  臓器損傷や外傷の中でも、比較的稀といわれる「膀胱外傷」ですが、適切な処...

強い脇腹の痛みや痣が出た場合は「腎臓外傷」の可能性も!

  交通事故などにあった時、脇腹や肋骨の下、背中などに動けないほどの強い痛...


尿意があるのに尿が出ない!思わぬ膀胱損傷に気をつけよう!

膀胱は尿を貯める袋ですが、尿がいっぱいになっているときに外から強い力を受けると...

口腔粘膜を使って尿道を作る?!新しい「尿道再建手術」とは?

  尿道狭窄症では、一般的には内視鏡などによる尿道拡張術や尿道切開術、尿道...

カラダノートひろば

外傷の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る