カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腎臓・膀胱・尿管 >
  4. 思わぬ膀胱損傷に気をつけよう!「尿道狭窄症」「尿道外傷」~適切な治療で後遺症を防ぎましょう

気になる病気・症状

思わぬ膀胱損傷に気をつけよう!「尿道狭窄症」「尿道外傷」~適切な治療で後遺症を防ぎましょう

 膀胱は尿を貯める袋ですが、尿がいっぱいになっているときに外から強い力を受けると破裂することがあります。これが膀胱損傷です。

 

膀胱損傷の起こる原因

膀胱は、空の状態では恥骨の裏側にあるため打っても損傷は受けませんが、尿が充満していると、風船が膨らんでいるときに割れやすいのと同様に、破裂することがあります。その原因としては、次のようなケースが多く見られます。

 

・交通事故などで骨盤を骨折する

・婦人科や直腸の手術などでの医療事故

・高齢者の前立腺肥大症

・飲酒後の酩酊状態で転んだり、蹴られたりした場合

 

膀胱損傷の症状

膀胱は後ろ側で腹膜に接し、その部分が破れた場合には腹膜内破裂といって、尿が腹腔内に漏れることが多く、腹膜炎を起こします。腹膜に覆われていない部分が破けた場合は腹腔外破裂といいます。

 

どちらなのかを診断することが重要です。

 

 

膀胱損傷の検査と治療

下腹部にけがをした場合に、排尿できなかったり血尿や痛みがあるといった場合には、膀胱損傷がないか検査します。損傷が激しいと、尿意があるのに尿が出ない、という症状が出ます。

 

検査では、尿道からカテーテルを入れて膀胱内に生理的食塩水を入れて、今度はこれを吸い出し、全量が回収できるかをみます。量が減っているようなら、膀胱から漏れているとわかるからです。

 

漏れていそうな場合には造影剤を注入し、X線撮影で破裂部位が腹膜内か腹膜外かを検証します。ごく軽い損傷の場合には、カテーテルを尿道に留置し、膀胱に尿が溜まらないようにして治癒を待ちます。

 

しかし多くの場合には、開腹して損傷部位を縫合します。

 

膀胱損傷は、想像以上に大変なケガです。思わぬところで起こる損傷ですが、腹膜炎を悪化させると命に関わります。

 

膀胱を縫合した後は、傷が回復するまでカテーテルを留置して導尿(尿を膀胱に貯めない)し、膀胱に負担をかけないようにすることが必要になり、その間入院となります。

 

まさかと思う怪我かもしれませんが、完治するまでは安静が必要です。

 

 

ケガや尿道カテーテルなどが原因で起こる「尿道狭窄症」

ケガや炎症、尿道カテーテルや尿道からの内視鏡手術で尿道の粘膜に傷がつくことがあります。この傷が治るときに傷が瘢痕となって固くなり、尿が通る道が狭くなった状態を「尿道狭窄症」(にょうどうきょうさくしょう)といいます。

 

ほとんどが男性にみられる尿道狭窄症

構造的に、男性の尿道は狭く、損傷による狭窄が起こりやすい構造です。そのためこの疾患はほとんどが男性に起こります。症状が重くなると自力で排尿できなくなり、尿道や膀胱に常にカテーテルを入れて生活しなければならないことになります。

 

尿道狭窄症とは

尿道狭窄症は、尿道カテーテルや内視鏡手術がそれぞれ原因の約30%を占めますが、原因がわからないケースも30%存在します。また、高いところから落下して打撲することで起こる騎乗型損傷や、交通事故や作業中の事故による骨盤骨折から尿道の断裂が起き、その結果として狭窄が起こるケースもあります。

狭窄が起こる場所は肛門と陰嚢の間の球部尿道の狭窄が一番多く、陰茎部尿道、外尿道口(尿の出口)、骨盤を貫通する部分(膜様部尿道)と続きます。

 

治療は内視鏡で

尿道狭窄では、尿道に尿が通るように、内視鏡などを使って狭窄部を切開する内尿道切開術が一般的な治療です。1カ所だけで1cm未満の狭窄の場合には、この処理がとられます。しかし、この方法は短期的に有効ですが、高い確率で再発を起こし、再発した場合にはこの方法は有効ではありません。2cmを超える長い狭窄や複数箇所の狭窄がある場合には、尿道再建手術を行うことになります。

 

尿道狭窄症はそれほどよく起こる疾患ではありません。そのため、尿道再建手術は経験したことがある医師が少なく、なかなか選択されないといわれています。一般的には低侵襲性治療である、内視鏡を使った内尿道切開術が繰り返されます。

 

 

男性に多い「尿道外傷」~適切な治療で後遺症を防ぎましょう

 

男性に多いとされる「尿道外傷」は、泌尿器外傷の約50%を占める怪我といえるようです。女性では稀といわれていますが、注意が必要とはいえるでしょう。

 

「尿道外傷」の原因

「尿道外傷」の原因のほとんどは、交通事故、労働災害といわれています。それ以外の部分では、泌尿器科で行われる尿道に内視鏡を通す手術やカテーテルの操作時に損傷を受けることがあるようです。

 

損傷を受けた部位によって、前部尿道損傷、後部尿道損傷に分けられています。

 

前部尿道損傷の中に、球部尿道損傷といった損傷がありますが、この損傷の原因のほとんどが落下時などに股間を強打し、恥骨と挟まれて裂傷を負うものといわれます。

 

一方、後部尿道損傷の原因の大部分は、骨盤骨折によるものとされています。

 

「尿道外傷」を受けると

前部尿道損傷の場合は、尿道からの出血、股間部皮下出血、排尿困難などが見られます。

 

後部尿道損傷では、尿道出血は少なく、校門周囲に皮下出血による痣が見られます。また静脈が沢山存在する場所のため、出血が大量になりやすいのも特徴といえます。

 

「尿道外傷」の治療

「尿道外傷」が起こった場合、その直後はカテーテル挿入や内視鏡の使用は傷を広げてしまう可能性が高いため行いません。

 

治療方法としては、まず下腹部から膀胱に針を刺し、尿を対外に導く導線を確保します。その後、傷の手当をおこなっていきますが、損傷の状態、程度によってその方法は様々といわれます。

 

怪我の状態によっては、外科手術が必要となる場合があります。この場合、稀ではありますが手術後に合併症が発生し、尿道狭窄、尿失禁、勃起障害などを発症する可能性があるといわれています。

 

命に関わる怪我ではありませんが、大量出血などが起こった場合ショック状態から死亡に至ることもあるようです。適切な処置を受けましょう。

 

 

口腔粘膜を使って尿道を作る?!新しい「尿道再建手術」とは?

尿道狭窄症では、一般的には内視鏡などによる尿道拡張術や尿道切開術、尿道ステントなどの処理が行われますが、最近では尿道形成術が最もよい成績を上げています。とくに再発する尿道狭窄では、口腔粘膜の移植が効果をあげています。

 

尿道内も粘膜でできている

尿道狭窄症の治療では、狭くなった尿道を無理矢理拡張させたり、狭窄部位を切開するのですが、正常組織が不足するためどうしても傷口が縮み、再発します。また尿道ステントは金属の管を尿道に留置する方法ですが、石が付着しやすく、3〜6か月ごとの交換が必要で、さらに感染症や尿道憩室(尿道内から袋のようなかたちでそとに飛び出る)などの合併症が起こるケースがあります。

尿道も粘膜でできており、尿道の粘膜にもっとも似ているのが口の中の粘膜(口腔粘膜)です。口腔粘膜は再生しやすく、移植後も柔らかくて伸展性がよいため、尿道の再建に最適なのです。

 

口腔粘膜移植による尿道再建

口腔粘膜を移植して尿道を再建できるのは、陰茎先端から尿道球部までの範囲です。その奥の膀胱側の尿道には移植できません。また、糖尿病などの既往がある場合には、移植が生着しにくい傾向があります。移植手術では、全身麻酔を行い、口腔内から粘膜を採取します。尿道の一部をつくってこれを移植し、定着するまで待ちます。その間は尿道カテーテルを入れ、尿道に負担がかからないようにします。口腔粘膜を採取した後は、しばらく口内炎のような痛みがありますので、柔らかい食事と食後のうがいが必要になります。

 

通常、1週間で粘膜が生着し、通常どおりの尿道として使うことができます。生着が悪い場合には修正をします。ステントの留置に比べるとずっと生活に負担がなくなりますが、この手術ができる医療機関はまだ少ないのが現状です。

 

(Photo by: http://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-17掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腎臓・膀胱・尿管に関する記事

一日にどれだけの水を飲んだら水中毒になる?看護は、まず原因と問題点を知ることから!

人は空気と水なしでは生きていけないことは、誰もが知っていることだと思います。...


膀胱炎と間違えやすい症状!「過敏性膀胱炎」。“水分を沢山摂る”…隠れたデメリットとは?放置はNG!

  残尿感があるし、トイレが妙に近い…と膀胱炎に良く似た症状のため、膀胱炎と間...

尿管結石の石は、成分によって原因が違う!食事での予防!摂取するべき食べ物・注意する食べ物

  尿管結石という疾患は大きいくくりで言うと尿路結石の中の一つです。尿路結石の...

カラダノートひろば

腎臓・膀胱・尿管の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る