カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腎臓・膀胱・尿管 >
  4. 外傷 >
  5. 尿意があるのに尿が出ない!思わぬ膀胱損傷に気をつけよう!

気になる病気・症状

尿意があるのに尿が出ない!思わぬ膀胱損傷に気をつけよう!

膀胱は尿を貯める袋ですが、尿がいっぱいになっているときに外から強い力を受けると破裂することがあります。これが膀胱損傷です。

 

膀胱損傷の起こる原因

膀胱は、空の状態では恥骨の裏側にあるため打っても損傷は受けませんが、尿が充満していると、風船が膨らんでいるときに割れやすいのと同様に、破裂することがあります。その原因としては、次のようなケースが多く見られます。

 

・交通事故などで骨盤を骨折する

・婦人科や直腸の手術などでの医療事故

・高齢者の前立腺肥大症

・飲酒後の酩酊状態で転んだり、蹴られたりした場合

 

膀胱損傷の症状

膀胱は後ろ側で腹膜に接し、その部分が破れた場合には腹膜内破裂といって、尿が腹腔内に漏れることが多く、腹膜炎を起こします。腹膜に覆われていない部分が破けた場合は腹腔外破裂といいます。

 

どちらなのかを診断することが重要です。

 

膀胱損傷の検査と治療

下腹部にけがをした場合に、排尿できなかったり血尿や痛みがあるといった場合には、膀胱損傷がないか検査します。損傷が激しいと、尿意があるのに尿が出ない、という症状が出ます。

 

検査では、尿道からカテーテルを入れて膀胱内に生理的食塩水を入れて、今度はこれを吸い出し、全量が回収できるかをみます。量が減っているようなら、膀胱から漏れているとわかるからです。

 

漏れていそうな場合には造影剤を注入し、X線撮影で破裂部位が腹膜内か腹膜外かを検証します。ごく軽い損傷の場合には、カテーテルを尿道に留置し、膀胱に尿が溜まらないようにして治癒を待ちます。

 

しかし多くの場合には、開腹して損傷部位を縫合します。

 

膀胱損傷は、想像以上に大変なケガです。思わぬところで起こる損傷ですが、腹膜炎を悪化させると命に関わります。

 

膀胱を縫合した後は、傷が回復するまでカテーテルを留置して導尿(尿を膀胱に貯めない)し、膀胱に負担をかけないようにすることが必要になり、その間入院となります。

 

まさかと思う怪我かもしれませんが、完治するまでは安静が必要です。 

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: rosyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

外傷に関する記事

男性に多い「尿道外傷」~適切な治療で後遺症を防ぎましょう

  男性に多いとされる「尿道外傷」は、泌尿器外傷の約50%を占める怪我といえる...

口腔粘膜を使って尿道を作る?!新しい「尿道再建手術」とは?

  尿道狭窄症では、一般的には内視鏡などによる尿道拡張術や尿道切開術、尿道...


事故や怪我で起こる可能性がある、腎・膀胱・尿道の損傷

生きていると、いつ事故や怪我に合うか分かりません。通勤・帰宅時、仕事中、休日、...

強い脇腹の痛みや痣が出た場合は「腎臓外傷」の可能性も!

  交通事故などにあった時、脇腹や肋骨の下、背中などに動けないほどの強い痛...

カラダノートひろば

外傷の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る