カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. クローン病 >
  5. クローン病の外食は選び方と体調次第で十分可能!

気になる病気・症状

クローン病の外食は選び方と体調次第で十分可能!

 

つねにおなかが痛かったり、食べると下痢をしたりするクローン病では、食事は楽しめないと悲観するかもしれません。しかし食べ方を注意すれば外食も十分可能です。

 

外食のときのポイント

毎日完全に自炊できるとは限りませんし、栄養状態が悪くなることも病気に良くありません。かといって栄養剤ばかりでは続けることが困難になります。ときには外食や中食を使うことも十分可能ですから、食事を楽しめる工夫をしましょう。

 

外食のときのポイントはつぎのようなことです。

脂っこいメニューは避ける

・肉料理は脂身をさける・残す網焼きなどで油を減らす

ソースをかけない(脂肪分や刺激物が多い)

炭水化物を多め・中心にする

食べられる限度量を守る

 

これらは、お店でお願いできることもありますし、自分でコントロールできることもあります。行きつけのお店をつくり、アレンジをお願いできるようになると安心して外食ができます。

 

体調が悪いときには外食をしない

下痢や腹痛があるときには、外食をしないことが大切です。一人暮らしなどの場合には、あまり体調がよくないときのためにおかゆなどを冷凍しておくとよいでしょう。そうした準備があれば、疲れていたり、体調が悪くてなにもしたくないときにも、食事をとることができます。体調が悪いときには体力を消耗していますから、しっかり栄養を補給することが必要ですが、病状から逆説的に食事ができないときに、できるだけ簡単に栄養補給できる手段を持つことが重要になってきます。

 

残念ながら、クローン病では外食はおススメできることではありません。しかし人間らしい生活をする上で、外食できないのは現代社会では無理があります。ですから、外食に対処できる自分なりの手段を用意することが、大切です。医師の食事指導や相談もできますので、自分でできる方法を考えていきましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2006/11/27-000602.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

クローン病に関する記事

難病とされる「クローン病」その実態は?

  世の中には、難病とされる病気が多数存在します。難病認定されている病気の...

どういった症状が出たら「クローン病」の可能性があるの?

  「クローン病」は誰にでも発病するわけではありません。しかし、絶対に発病...


腸の自己免疫疾患『クローン病』に有効な食事療法とは?

『クローン病』の食事療法で、症状の軽減が期待できる?   『クローン病』...

クローン病って治らないの?クローン病と向き合おう。

  現在日本にはクローン病だと、登録(特定疾患登録)されている患者さんが2...

カラダノートひろば

クローン病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る