カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. その他 >
  5. 男の子がほしい!~産み分け法~

妊娠・出産

男の子がほしい!~産み分け法~

男の子が生まれたら、どんな未来が待っているでしょう。パパと公園でキャッチボールをしたり、ママの力仕事を手伝ってくれたり、いつかかわいいお嫁さんを連れてきて、年をとってもママを労わってくれる…人それぞれ、いろいろな夢があると思います。では男の子を希望する人はどのような手段を用いれば良いのでしょうか?

 

バイオリズム法

染色体の特性を知り、排卵日と性交のタイミングを合わせることで男の子が授かりやすくする方法。

男の子(Y染色体)の特性

・アルカリ性の環境に強い。

・精子に勢いがある

・精子の寿命は約1日のみ

 

<産み分け手順>

1:基礎体温をつけ、排卵日を知る

・低温期から高温期へ移行する直前の、体温が急に下がるタイミングが排卵日

・自分で排卵日を特定するのが難しい場合は、病院で卵胞チェックも可能

 

2:男性は5~6日前に一度射精をしておく

・古い精子を少なくするため&精子の量を調整するため

 

3:排卵日当日に性交する

・精子の寿命が1日しかないため、排卵日を狙って性交

 

4:膣内の環境をアルカリ性にする

・医師に「グリーンゼリー」を処方してもらい、性交前に膣内へ注入する

 

5:愛撫を含め、濃い性交をする

・女性がオルガスムを感じるほど膣内の酸性度が下がるため

 

6:足腰を少し高くして安静にする

・精液が多少出てしまったからと言って、精子が膣内からなくなることはありませんが、念のため女性はしばらく腰を高くしてゆっくり寝ていましょう。

 

リンカル法

リン酸カルシウムのサプリメントを服用する。(主に鉄・リン・カルシウムが含まれている)

先天性異常の予防として用いられてきた方法ですが、男の子の出産率が圧倒的に多いことから男の子の産み分けとしても有効と考えられている。

<費用>

3000円ほど/月

 

男の子がほしい理由

・後継ぎ問題があり、どうしても男の子を希望

・上の子が女の子だから

・母親を大事にしてくれそう

・将来お金に困らなさそう

・女の子に比べて、危険な目にあわないなど

 

かつては日本人に多かった「跡継ぎ問題」ですが、最近は家族の考え方も変わり少なくなってきました。しかし家族経営でやっているお店など、まだまだ跡取りが必要な家庭もあります。

 

また昔と比べて、たくさんの子供を育てられる時代ではなく、不況も続いているなか「男の子なら不自由しないのでは」と思う人もいるようです。

 

もし女の子が生まれてきたら

男の子が欲しくて、いろいろ産み分け法も実践したけど、産院でエコー画像を見ながら先生に「女の子ですね」と言われたときのショック…

ネットを見ていても沢山の人が、この時の驚きとショックを書いています。

 

はじめから「どちらでもいいや」と思っている人にはわからないかも知れません。「男の子だったらこうしたい」という夢をたくさん想像してしまったあとですから、その夢を消し去るのは容易ではないと思います。

 

しかしそんな時すぐに「女の子を好きにならないと」と焦ったり、男の子を希望していた自分を責めたりする必要はありません。妊娠期間は10カ月あります。だんだんと大きくなるお腹や胎動を感じながら、ゆっくりと女の子を育てていくイメージを作っていきましょう。

 

また妊娠前にも、女の子が生まれた場合のことをカップルでよく話し合っておきましょう。

●女の子がほしい!~産み分け法~

 

「妊娠・出産」で人気の記事はこちら

●赤ちゃんの性別についての「言い伝え」いろいろ

 

photo by 筆者)

著者: kaoruさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

運も必要?効果があるかもしれない子宝祈願をまとめて紹介!

子宝を授かるにはある程度「運」も必要だと思います。子宝にまつわるジンクスは沢山...

不妊治療の病院へ行こう!初診で必要なものは?

  不妊治療で初めて受診するときは緊張しますよね。しかし不妊治療のスタートは早け...

その他の体験談

まさか…2人目妊娠!?酒が好きだから年末年始が終わってから妊娠したい

壮絶な出産から1年2ヶ月経ち、娘ちゃんはだいぶ赤ちゃんから幼児になってきました♪( ´θ`)ノお座り...

母のありがたみ

先日私の家に母がやってきました。甥っ子が暇を持て余しているということで、甥っ子をつれてわたしのところ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る