カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 盲腸・虫垂炎 >
  5. 突然の虫垂炎(盲腸)!切除手術から退院までにはいくらかかる?

気になる病気・症状

突然の虫垂炎(盲腸)!切除手術から退院までにはいくらかかる?

 

だれでもかかる可能性がある虫垂炎(=盲腸)。

とつぜん起こるこの病気では、どのくらいの医療費がかかるのでしょうか?

 

虫垂炎の手術と入院

虫垂炎で切除手術を行った場合、通常7日程度の入院になります。手術費用と入院費、検査費用などで、一般的には40万円前後かかるケースが多いようです。このうち、健康保険で7割負担してもらえるので、実際には12万円程度が自己負担額となりますが、高額医療費助成制度を使えば1ヵ月に80,100円以上の医療費については、負担分が戻ってきます

 

胃腸費が高くなるケース

腹膜炎などを起こしている場合には、その治療も追加になるため、医療費が増えます。また腹腔内視鏡での手術では、開腹手術よりも傷が小さくて済みますが、医療費は高額になります。これらは医師の判断になりますので、高いからといってその治療をしないわけにはいきません。

 

薬で散らした場合

薬で散らす、といいますが、手術と同じように検査は行いますし、病状が安定するまでは入院して食事もコントロールされます。抗生物質も比較的高額ですので、切除手術と医療費負担はさほど変わらないか、やや高くなると考えた方がよいでしょう。

 

このように、虫垂炎で入院した場合には、自己負担額として7万円から10万円程度を考えるといいでしょう。地域や医療機関によっても若干の違いがありますが、クレジットカードで対応できる医療機関も増えてきています。高額医療費の申請を早めにしておくことも、医療費負担の軽減につながります。

海外では数百万かかるといわれる虫垂炎の手術。日本の医療保障制度と医療保険などの備えで、安心して治療できるというものです。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2008/09/30-008906.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

盲腸・虫垂炎に関する記事

虫垂炎(盲腸)になってしまった!どう治療をするべき?

  皆さん、虫垂炎(盲腸)という病気には聞き馴染みがあるかもしれません。 ...

突然やってくる激しい腹痛「虫垂炎」とは?

  盲腸という言葉は昔から聞きなれている方も多いのではないでしょうか。また...


患者さんのタイプ別!虫垂炎の治療とは?

  虫垂炎になる患者さんは、普段は何気なく元気に生活している健康体な方もい...

急性虫垂炎(盲腸)の治療に『抗生剤』を用いると、40%再発の可能性がある?

『急性虫垂炎(=盲腸)』とは、異物や糞石などの蓄積が原因となり、虫垂内の閉塞が...

カラダノートひろば

盲腸・虫垂炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る