カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 生理のときの眠気はPMSが原因?かんたんな眠気対策!妊娠準備のためのホルモンと深く関係している!?食事で改善しよう☆

女性のカラダの悩み

生理のときの眠気はPMSが原因?かんたんな眠気対策!妊娠準備のためのホルモンと深く関係している!?食事で改善しよう☆

生理前や生理中は眠たくなりませんか?眠くて眠くて仕方ない…こんな経験のある女性はとても多いですね。原因は、寝不足ではなくPMSかもしれません。

 

PMSとは月経前症候群といって、生理前や生理中に起こる不調のを引き起こすものです。原因ははっきりと解明されてはいませんが、ホルモンバランスによるものだと言われています。

 

PMSの症状、眠気やイライラ、体の不調などがひどい場合は、婦人科でピルを処方されたりもします。

 

PMS(月経前症候群)のさまざまな症状

PMSには、イライラする、気分がふさぎ込むなどのメンタル的な症状や、腰痛や腹痛などの身体的な症状まで、さまざまな症状があげられます。

 

腰痛、下腹部痛

生理前になると腰が痛くなるというのは、一般的な悩みかもしれません。この時期は、身体は月経に備えて大量の血液を子宮に送り込んでいます。

そのため、子宮周辺の血管は次第に拡張して、うっ血状態となります。

痛くなる場所はなんとなく腰周辺だったり、下腹部だったり、外陰部のあたりだったりと個人差があるようです。

 

下痢・便秘

「生理前は便秘がひどく、生理になると下痢になる」という人がいるようです。

生理前は、黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響によって、身体の代謝機能が低下しています。そのため、腸の動きが鈍くなり、便秘がちになるといわれています。

また、生理後は、子宮から経血を押し出すために分泌されるプロスタグランジンの影響で下痢をするという説もあります。

 

のぼせ・ほてり

生理前になると体がのぼせたように暑く感じたり、顔から汗が出て止まらないなど、のぼせやほてりが気になる人もいるようです。

こうした症状は更年期によく現れる症状で、ホルモンバランスの乱れや、ホルモンンの急激な変化によって引き起こされると考えられています。

 

眠い・だるい

生理前になるととにかく眠たくて、寝ても寝ても眠いという人もいるようです。

生理前には黄体ホルモンの分泌が多くなりますが、黄体ホルモンには催眠作用、鎮痛作用があるといわれています。

この時期に眠たくなるのは仕方がないことかもしれません。

 

にきび・肌荒れ

生理前には、ニキビができたり肌荒れしやすくなる人は多いと思います。

生理前に分泌の増える黄体ホルモンは皮脂の分泌を盛んにし、普段ニキビができない人でもできやすくなります。

また、黄体ホルモンの影響により顔色が悪くなったり、目の下にクマができる、髪がべたつくという人もいるようです。

 

からだに良くあらわれる不快な症状が、じつは生理周期と関係しているかもしれません。

薬をつかったり、症状に悩む前に、生理周期との関係を掴むことで、症状が現れる前にコントロールしたり、症状が現れても「一時的なもの」と安心して乗り切れるかもしれませんね。

 

生理前・生理中にかんたんにできる眠気対策

生理前や生理中には、女性ホルモンの分泌量が増加します。女性ホルモンが眠気を誘うといわれています。ホルモンバランスを正常に保つことが、簡単にできる眠気対策の一つです。

 

ではホルモンバランスを正常に保つにはどうしたらよいのでしょうか?

 

下半身を温める

女性にとって下半身の冷えは禁物です。冷えることでホルモンバランスや血流が悪くなり、生理時の不調につながります。普段から下半身を温めるようにしましょう。

 

シャワーよりお風呂につかって、体の芯までしっかりと温めましょう。

 

適度な運動を心がける

適度な運動は睡眠を促すだけでなく、血流の改善、つまり症状の緩和へとつながります。日頃から軽いストレッチやウォーキングなどを行いましょう。

運動は血流量をアップさせるため、体の冷えにも効果的です。

 

鉄分が不足しないような食事

ホルモン分泌に大事な食事ですが、バランスの良い食事を摂ることが大事です。炭水化物やたんぱく質、ビタミン、ミネラルの多く含まれる食事を心がけましょう。

 

また、鉄分は女性のほとんどが不足していると言われています。特に生理中には体が貧血気味になるため、脳へ酸素が行き届かなくなり眠気を誘ってしまいます。

 

他にもビタミンB6が多く含まれる食品を摂ると月経前症候群に良いと言われています。ニンニクにたっぷり含まれています。

 

眠気覚ましのカフェインの摂りすぎには注意しましょう。ホルモンバランスが崩れてしまいます。

 

女性ホルモンは、妊娠するための大事なホルモンです。将来妊娠する体のためにも、バランスが崩れないよう体をいたわってください。

 

 

生理前の眠気は、妊娠準備のためのホルモンと深く関係している!?

月経(生理)前になると、なぜか不思議と眠くなる…。

そんな症状を自覚する方も多いのではないでしょうか?

 

睡眠不足というわけでもないのに、寝ても寝ても眠い。

これは、女性ホルモンと排卵の周期に深く関係しているといえます。

 

生理周期と女性ホルモンついて

低温期と高温期

女性の生理周期が28日だとした場合、その基礎体温として、生理開始日から約2週間は体温の低い「低温期」が続きます。

そのあと、次の月経(生理)が始まるまでの約2週間は、体温の高い「高温期」が続きます。

 

生理周期が安定している方は、生理が始まってから閉経するまで、特に体調に異変がない限りは、この基礎体温の周期をずっとくり返すことになります。

 

女性ホルモンの分泌量の変化

女性ホルモンの分泌量は、低温期と高温期それぞれに関与するホルモンが違っていて、低温期はエストロゲンが優位となっており、高温期はプロゲステロンという黄体ホルモンが優位になっています。

 

俗に言う女性ホルモンとは、エストロゲンのことを指しますが、これは女性らしくあるためのホルモン、要するに女性が魅力的な女性であるために活躍するホルモンです。

肌にハリが出る、髪がつやつやになるというのも、全てこのエストロゲンが関与しています。

 

月経(生理)の周期が人によって違うのは、このエストロゲンの分泌量が関係していて、エストロゲンの分泌期間が長いと月経周期も長くなります。

 

生理前の眠気の原因は?

黄体ホルモンの影響

排卵を期に、女性の身体は黄体ホルモンの分泌量が増加し、受精卵が着床しやすいように子宮の内膜を厚く肥厚させ、妊娠の準備をします。

 

受精卵がうまくこの子宮壁に着床し妊娠が成立すると、黄体ホルモンはそのまま分泌を続けます。

逆に妊娠が成立しなかったときは、黄体ホルモンの分泌量が減少し、子宮内膜がはがれ落ちて生理になるという仕組みです。

 

黄体ホルモンは、女性の体が母親になるための準備をするホルモンだといえます。

 

受精卵を子宮壁に定着させ、胎児が安定期に入るまでは特に安静が必要です。

 

黄体ホルモンは、女性の体が休養をとりやすい状況にするため、睡眠中枢を刺激し、眠気を引き起こすと言われています。

そのために、生理前~妊娠中は終始、眠気におそわれてしまうという説が有力です。

 

 

眠気などの不調はホルモンバランスが原因!食事で改善しよう☆

生理中の眠気やイライラ、体の不調はホルモンバランスの乱れで起こるといわれています。

発症原因が判明されていないPMSですが、ホルモンの関係が大いにあると言われています。

生理中の体のトラブルは、自分で防ぎようがないため、毎月辛い1週間を過ごすことになります。

 

しかし、日頃の生活習慣で、自らホルモンバランスを悪くしている女性が最近多く見られます。

 

ホルモンバランスに悪い習慣は…

・不規則な睡眠

・バランスのとれていない食事

・飲酒や喫煙

・運動不足

・ストレス

などが主に考えられます。

 

悪化したホルモンバランスはすぐに改善するのは難しいのが現実です。

中でも、重要な食習慣に着目したいと思います。

 

バランスのとれていない食事や不摂生をしている方、ホルモンバランスを整える食事をしましょう。

 

ホルモンバランスにいい食品

●カボチャ

ビタミンEが豊富に含まれています。

ビタミンEには、ホルモンの分泌をコントロールする役割があります。

抗酸化作用があるため肌トラブルや生活習慣病の予防にも役立ちます。

 

●卵

卵に含まれる良質なコレステロールは、女性ホルモンが作られる元となります。

 

●大豆製品

日本には大豆製品の種類が豊富です。

豆腐や味噌など身近な大豆の食品は、イソフラボンが多く含まれています。

女性ホルモンのバランスを整える働きがあるため毎日積極的に摂取したいものです。

 

●キャベツ

女性ホルモンの活性化を促す物質が含まれています。

 

●ナッツ類

女性ホルモンのバランスを調整する作用があります。

イライラ予防にも役立ちます。

 

どの食品も身近にあるもので、手軽に食べられるものばかりです。

もちろん食事は、炭水化物・たんぱく質・ビタミン・鉄分・カルシウム…など様々な食品をバランスよく食べるのが理想です。

いつもの食事に上記のホルモンバランスに良い食品を摂り入れてみて下さい。

 

(Photo by: http://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-14掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生理・月経に関する記事

生理中に食べたくなるチョコ…なぜチョコが欲しくなる?食べてもOK?NG?

生理になると無性に特定のものが食べたくなることはありませんか? 普段は特別...

生理前の腰の痛み、月経前緊張症!原因と治療法は?!生理痛体操で、生理痛を撃退!!

  生理前や生理中に腰が痛くなることは生理痛の一つです。しかし、痛いとまではい...


生理中に微熱でだるい…これって生理のせい?風邪?生理前の不調の原因はPMS(月経前症候群)かも?!

生理痛には、生理中に始まるもの・生理前に始まるものなどがあります。 中でも...

カラダノートひろば

生理・月経の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る