カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 大事な糖尿病の初期症状、「潮紅」とは?早い段階で気づくために!

生活習慣病

大事な糖尿病の初期症状、「潮紅」とは?早い段階で気づくために!

 

糖尿病とは大きく言えば血糖値が高くなる病気のことです。人は体を動かすエネルギー源としてブドウ糖を使います。ブドウ糖は食べ物や飲み物を消化した中から取り出し、血流に乗って全身の各細胞に運ばれていきます。つまり血糖値とは、その血中にブドウ糖がどのくらいあるかを示した値なのですが、うまく細胞に運ばれなくなると血中のブドウ糖が多くなり、血糖値が高くなります。

 

初期症状としてみられる皮膚症状

糖尿病になると皮膚のかゆみが起こりやすくなり、湿疹などの皮膚トラブルなども出やすくなると言われています。基本的に糖尿病は初期症状として気づけるものが少なく、「おかしいな?」と思うような自覚症状が見られるころには病気がある程度の段階まで進行していることが多いです。

 

そんな糖尿病ですから、初期に見られることのある皮膚症状は重要なサインと言えるでしょう。

 

皮膚症状の一つが潮紅

糖尿病に特有な皮膚症状の一つが潮紅です。具体的にどういった症状が見られるかというと、顔が赤みを帯びて、いわゆる赤ら顔になったり、手足の指や手のひら、足の裏などが赤くなるといった症状が見られます。基本的には皮膚の薄い場所が血管への影響によって赤っぽく見えるようになります。

 

血管への影響とは?

上記のように糖尿病は血管内に過剰に糖がある状態になっています。そのため血管自体が影響を受けやすくなっており、その影響は特に細い血管でまず起こります。

 

細い血管の中で自覚症状として見られやすい場所と言うと、体の末端の毛細血管などです。こうした細い血管に糖などの本来あるべきでないものを多く含んだ血液が通ることは、細い血管にとってはかなりの負担になります。そのため細い血管が先駆けてダメージを受け、初期症状として潮紅が見られるのです。

 

糖尿病の危険を自覚している人は、「大丈夫」ではなくこうした初期症状に気を配って早期に発見できるようにつとめましょう。

 

疲れやすい、だるい・・・見逃しやすい糖尿病の初期症状!

◆糖尿病と自覚症状

糖尿病は高血糖の状態が続いたり、インスリンの働きが正常におこなわれなくなる病気です。それらの症状はすべてからだの中で起こっているため、特に初期の段階ではほとんど自覚症状がありません。次のような症状が続いている場合は、すでに高血糖の状態が慢性的に続いているかもしれないので、なるべく早めに医療機関を受診しましょう。

 

・のどが渇く

・尿の回数や量が多い

・いくら食べても空腹

・食べているのにやせる

・からだがだるく疲れやすい

 

◆放置しておくと・・・

上記のような高血糖の症状が出ているのに放置しておくと、「ケトアドーシス」という昏睡状態になることがあります。糖尿病の進行により、極度のインスリン不足になるとブドウ糖がエネルギー源として使用されなくなります。その代わりに脂肪が分解されてエネルギーとして使われるようになり、その時に出るケトン体という物質が血液中に増えることで意識を失うおそれがあるのです。 その他にも糖尿病が未治療のまま放置されると、糖尿病性網膜症や糖尿病性腎症、脳梗塞や心筋梗塞などのさまざまな合併症を併発する恐れがあります。

 

◆こんな人は糖尿病になりやすい

糖尿病の90%以上をしめる2型糖尿病は遺伝的要因と肥満や運動不足、ストレスなどの生活習慣が重なって起こると言われています。肥満や食べ過ぎによりブドウ糖が血中に多い状態が続くと、すい臓はインスリンの分泌をし続けなければいけません。この状態が続くと、やがてすい臓が疲弊してインスリンを作れなくなってしまったり、極端に機能が衰えてしまうのです。

また、ストレスも糖尿病の大きな要因となります。強いストレスを感じると、脳からアドレナリンなどのホルモンが分泌されますが、これがインスリンの作用を弱めてしまうのです。また、加齢により糖代謝はじめ、体全体の機能が衰えることでも糖尿病を発症しやすくなります。

 

糖尿病になってしまった人も危険性を指摘された人も、日々の食生活や普段からの体力づくりを意識することで、糖尿病はじめ、さまざまな生活習慣病を予防することができます。日ごろから、健康に対する意識を高め、病気を未然に防ぎましょう。

 

チェックしよう!糖尿病の初期に現れやすい症状について

糖尿病は、血糖値(血液中のブドウ糖の数値)が異常に高い状態のことを表します。この血糖値の状態そのものではなく、さまざまな合併症を引き起こすことが糖尿病の怖いところです。自分の血糖値の状態を知ることはもちろん、合併症状についても正しい知識を持つことで、糖尿病を自覚することが治療への近道となります。 

 

糖尿病の初期症状・・・

以下のようなトラブルはありませんか?自己チェックしてみましょう。

特に「尿の量が増える・痩せる・のどのかわき」は糖尿病の初期に現れやすい症状と言われています。大したことないと見過ごさず、気になったら病院で血糖値を調べてもらいましょう。

 

尿の量が増える・のどの渇き

血液中のブドウ糖を欲して甘いものを食べ過ぎると、血糖値が高くなり血液がどろどろになります。これを受けて脳が水を飲むよう指示を出し、のどが渇きます。過剰に飲んだ水分が尿となって排泄されるため、ひん尿になります。

 

食べているのに痩せていく

高血糖の状態が続くと、脳が防御のために脳内へのブドウ糖侵入を阻止します。これにより脳内が低血糖になるため、筋肉や脂肪からエネルギーを得ようとして、筋肉が衰えるために痩せていきます。

 

糖尿病のその他の主な初期症状

・手足のしびれ

・食後の眠気

・視力低下

・めまい

・下痢、便秘

・からだがかゆい

・足の裏がムズムズする

・口の中が粘っこい

・性欲減退

・むくみ

 

糖尿病になりやすい生活

・甘いものが好き

・炭水化物が好き

・野菜嫌い

・運動不足

 

~無自覚のうちに進行する高血糖~

糖尿病特有の症状が出始めたころに血糖値を測定すると、すでに糖尿病の値を示す200mg/dlを超えていることもあります。糖尿病は一度なってしまうと対処療法を続けていかなければなりません。日頃から血糖値を上げないよう食生活を改善しましょう。

 

早い段階で気づくために!糖尿病で見られる初期症状&尿の状態&皮膚・目・足の症状

糖尿病になるとどんな症状が起こるのか知っていますか?糖尿病では食事療法やインスリン注射などが注目されることが多く、症状について知らない方も多いかもしれません。糖尿病において一番大事なのは予防することですが、発症してしまったら早くに気付くことが大事です。そんな糖尿病の症状についてご紹介します。

 

静かに忍び寄る糖尿病

生活習慣病である糖尿病は、生活習慣の積み重ねによって起こります。そのため、症状に気付く頃にはすでに糖尿病を発症していたということも多くあります。

糖尿病というと中年以上の人が発症するイメージが強いかもしれません。しかし生活習慣の乱れから、近年では20代や10代などの若い世代でも糖尿病(2型糖尿病)の発症が増えていると言われています。

 

-初期には気づきにくい

痛みなどの症状がないため、治療が必要と言われたり、危険と注意をされてもそのままにしている人が多くいます。初期症状を放っておいたら随分糖尿病が進行してしまったというケースも珍しくありません。ですから、その症状をよく知っておくことで、糖尿病を早い段階で見つける助けになります。

  

糖尿病の初期症状

まず初期症状について見てみましょう。

 

・のどの渇き、たくさん水を飲む

・食べているのに痩せる

・食欲が増した

・食事中に汗が出る

・食後にひどく眠くなる

・だるくて疲れやすい

・立ちくらみがする

・傷が治りにくい

・下痢や便秘が続く

・むくむ

・手先足先が冷える

・性欲減退、月経異常

 

糖尿病でなくても見られる症状かもしれませんが、健康診断などで糖尿病の危険を指摘されている場合には注意してみましょう。またこれらの症状は他人から見た方が顕著に感じることも多いです。

 

「尿」の状態も気にしてみて!

糖尿病というくらいですから、尿も普段と違う症状が見られることがあります。

 

・尿の量が多い

・排尿の回数が多い

・尿の泡立ちがなかなか消えない

 

今までと比べて見て、これらの症状が感じられるなら糖尿病の可能性があります。ちなみに排尿の回数が多くなるのは、たくさん水分を飲むからです。血中の糖が多くなるとその濃度を下げようとして、脳が水を飲めと命令します。それでたくさん水分を摂った結果に起こるのが、頻尿のような症状です。特に糖尿病の場合、常に血糖が高いので、水を飲んでも喉の渇きが治まらずたくさん水を飲み続けます。

 

こんな「皮膚」の症状は糖尿病かもしれない

・かゆみ

・できものができる

・傷が化膿しやすい

・たこができやすい

・陰部がかゆい

・赤ら顔

・手足に水疱ができる

・首筋から肩の皮膚がかたい

 

皮膚の状態は季節によっても変化しますが、それだけが原因でないと感じるなら、糖尿病の可能性があります。

 

次の症状は糖尿病がある程度進んだ時に見られる、合併症の症状です。これらの症状が見られる場合には、自覚症状を感じないままに糖尿病が進んでいる可能性があります。ひとつひとつは通常でも見られる症状ですが、「今までなかったのに急に」これらの症状が見られたら、病気の可能性を疑いましょう。

 

こんな「目」の症状は糖尿病かもしれない

・視力低下

・小さな虫が飛んでいるように見える

・目がかすむ

・ものが二重に見える

 

これらは合併症の一つ、糖尿病網膜症の症状で、放置すれば失明する可能性もあります。

 

こんな「足」の症状を糖尿病かもしれない

・足が冷える

・足が火照る

・指先にしびれを感じる

・足先が痛い

・水虫になった、水虫が急にひどくなった

・足の皮がむける

・魚の目、たこができる

・こむら返りがおこる

・巻き爪になりやすくなった

 

これらは糖尿病の合併症のひとつ、糖尿病性神経障害の可能性があります。

 

手遅れになる前に!症状が出たらすぐに病院へ

糖尿病は激しい痛みなどの症状が出ないため、進行した症状でようやく気付くこともあります。ですから、健康診断などで定期的にきちんと調べ、手遅れになる前に体の状態について気づくことが大切です。もしこれらの症状に当てはまると感じたら、すぐに病院で検査を受けるようにしてください。

 

(Photo by: http://www.ashinari.com) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-10掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

糖尿病に関する記事

糖尿病の人が"頭痛・めまい"を発症したら要注意!どうして足が疲れやすい、だるいなどの症状がでるの?

あまり聞かないかもしれませんが、糖尿病の症状として「頭痛」や「めまい」がある...

糖尿病合併症「胃不全麻痺」とは!「腎不全」合併すると平均余命は5~10年!?「糖尿病性腎症」透析はいつから必要?

糖尿病の影響でお腹が痛くなることがあります。糖尿病の合併症としては、血管が障...


食べ応え抜群!食物繊維がたっぷり!糖尿病改善!サラダ・小鉢レシピ

レンコンはコレステロール値を下げる食物繊維がたっぷりで、歯ごたえもあるの...

糖尿病予防に筋トレが効果的!スクワットのやり方・糖尿病の予防方法をチェック

  糖尿病予防の運動と言えば有酸素運動であるウォーキングなどもありますが、...

カラダノートひろば

糖尿病の関連カテゴリ

糖尿病の記事ランキング

人気体験談ランキング

生活習慣病のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る