カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 合併症 >
  5. 水疱 >
  6. 糖尿病性水疱にはどう対処する?

生活習慣病

糖尿病性水疱にはどう対処する?

 

糖尿病の初期の段階では皮膚症状が見られることがあります。その中でまれに見られるのは糖尿病性水疱と言う病気です。

 

糖尿病性水疱とは

糖尿病性水疱は手足にやけどとしたときのような水疱ができる病気です。これ自体に痛みなどはなく、早期に治療すれば水疱は消えてしまいます。

しかしこの水疱を放置してしまうと水疱ができた場所に血液が巡らなくなることや、再発を繰り返すことによって糖尿病性潰瘍や糖尿病性壊疽といったより重篤な症状に移行してしまう可能性もあるため、ただの水疱だからと言って油断することのできない病気です。

 

診断

糖尿病性水疱は糖尿病患者にまれに見られる症状であるため、ただの皮膚病なのか糖尿病によるものなのか検査をする必要があります。

また、再発を繰り返すことや適切に処置しないことによって上記のような病気に移行していく可能性がありますので、早期に糖尿病性であることを確定し、早期に治療を受ける必要があります。

糖尿病性と診断されるには糖尿病の診断検査が必要で、検査方法としては血液検査を行うことになります。

空腹時の血糖が126mg/dl以上という条件や、食後などに血統が200mg/dl以上であれば、糖尿病と診断され、水疱は糖尿病性水疱と診断されやすくなります。

 

治療方法

水疱に対して特別な治療方法があるわけではありません。基本的には大元の原因である糖尿病を治すために食事制限による治療を行います。

ただし、この場合の食事制限は通常行われる糖尿病の食事制限をより厳しくしたものを行い、水疱が消えていくのを待ちます。

このとき、患者自身は我慢が必要で、水疱を無理につぶしたりつぶれてしまったりしないように気をつけなければなりません。

もし水疱がつぶれてしまうと皮膚がただれたり、化膿しやすくなり、より重症になる可能性が出てきます。水疱を治療するには食事制限によって、無理につぶすことなく、自然に小さくなっていって消えるのを待ちます。

  

水疱が悪化して細胞が壊死すると、場合によってはその場所を切断しなければならないこともあります。水疱と言う初期の段階で食い止めることが重要です。

(Photo by: //www.ashinari.com/)

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

水疱に関する記事

糖尿病の初期症状~まれにみられる水疱症状

  糖尿病は日々の生活の中で進行していくものですから、体への悪い影響が小さく小...

糖尿病でみられる合併症の一つ、水疱

  体内の異常が皮膚に出てくることはよくあります。例えば便秘になると大人でも吹...

カラダノートひろば

水疱の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る