カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 合併症 >
  5. 糖尿病の合併症の一つ、水疱にはどう対処する?糖尿病網膜症とは?糖尿病で失明になることも

生活習慣病

糖尿病の合併症の一つ、水疱にはどう対処する?糖尿病網膜症とは?糖尿病で失明になることも

 

糖尿病の初期の段階では皮膚症状が見られることがあります。その中でまれに見られるのは糖尿病性水疱と言う病気です。

 

糖尿病性水疱とは

糖尿病性水疱は手足にやけどとしたときのような水疱ができる病気です。これ自体に痛みなどはなく、早期に治療すれば水疱は消えてしまいます。

しかしこの水疱を放置してしまうと水疱ができた場所に血液が巡らなくなることや、再発を繰り返すことによって糖尿病性潰瘍や糖尿病性壊疽といったより重篤な症状に移行してしまう可能性もあるため、ただの水疱だからと言って油断することのできない病気です。

 

診断

糖尿病性水疱は糖尿病患者にまれに見られる症状であるため、ただの皮膚病なのか糖尿病によるものなのか検査をする必要があります。

また、再発を繰り返すことや適切に処置しないことによって上記のような病気に移行していく可能性がありますので、早期に糖尿病性であることを確定し、早期に治療を受ける必要があります。

糖尿病性と診断されるには糖尿病の診断検査が必要で、検査方法としては血液検査を行うことになります。

空腹時の血糖が126mg/dl以上という条件や、食後などに血統が200mg/dl以上であれば、糖尿病と診断され、水疱は糖尿病性水疱と診断されやすくなります。

 

治療方法

水疱に対して特別な治療方法があるわけではありません。基本的には大元の原因である糖尿病を治すために食事制限による治療を行います。

ただし、この場合の食事制限は通常行われる糖尿病の食事制限をより厳しくしたものを行い、水疱が消えていくのを待ちます。

このとき、患者自身は我慢が必要で、水疱を無理につぶしたりつぶれてしまったりしないように気をつけなければなりません。

もし水疱がつぶれてしまうと皮膚がただれたり、化膿しやすくなり、より重症になる可能性が出てきます。水疱を治療するには食事制限によって、無理につぶすことなく、自然に小さくなっていって消えるのを待ちます。

  

水疱が悪化して細胞が壊死すると、場合によってはその場所を切断しなければならないこともあります。水疱と言う初期の段階で食い止めることが重要です。

糖尿病でみられる合併症の一つ、水疱

体内の異常が皮膚に出てくることはよくあります。例えば便秘になると大人でも吹き出物ができたりしますよね。これは腸の活動が阻害されることによって腸から吸収するべき栄養がうまく体に入らなくなることや、腸内の不要物がたまっていることによって正常に代謝が行われず、皮膚の機能が弱くなることによって、吹き出物と言う形になってあらわれます。

 

 

体内から皮膚への影響

これは糖尿病の場合にも言えることです。特に糖尿病の場合、まず異常が出るのは血管です。そもそも糖尿病は血液内に溶けている糖の量が多くなってしまうことで起きますから、血管が障害されることによって症状が見られるようになります。そして血管は全身に酸素や栄養を運び、全身から二酸化炭素や不要物を取り除いてくる重要な働きをしているものですから、目に見える症状として皮膚のトラブルを生じやすくなります。

 

皮膚にできる水疱

糖尿病では血管が障害を受けることによって、皮膚の機能が低下します。すると普段であれば皮膚の防御機能によって守られているところが、簡単に外からの刺激に影響されてしまうことがあります。その一つが真菌と言うカビで、普段の皮膚の状態であれば皮膚上にあっても問題なく過ごせているものです。真菌によって引き起こされる症状の一つが糖尿病性水疱で、まるでやけどをしたかのような水ぶくれ(水疱)が体の末端を中心にあらわれます。

 

発見対処が遅れると…

こうしてできた水疱は、発見が遅れたり処置が遅れることによって、まさにやけどのときのように水ぶくれが大きく膨らんでしまい、それを放置しておくと水ぶくれの部分がただれたり、組織が死んでしまったりすることがあります。

 

 

皮膚のこうしたトラブルは真菌だけでなく、カンジダ菌など他の菌に感染しても起こります。つまり非常に外からの刺激に弱くなっているために引き起こされるのです。

 

糖尿病の初期症状~まれにみられる水疱症状

糖尿病は日々の生活の中で進行していくものですから、体への悪い影響が小さく小さく積み重なっていって、体が次第に悪い方へと傾いていきます。しかしそれでも体は何とか健康な状態を維持しようとしますから、自覚症状はあまりみられません。それによって自覚症状が見られるようになったときにはすでに糖尿病はある程度進行した状態になっているということになるのです。

 

 

まれにみられる初期症状

初期症状としてまれにみられる症状に糖尿病性水疱があります。この糖尿病性水疱とは糖尿病に伴って見られる症状のことを指し、手足にやけどをしたような水疱ができます。これは血中の過剰な量の糖によって血管が障害されることによって起こるものです。

 

症状

糖尿性水疱ではやけどのような水疱が、膝から足首までの前面と、手足と言った末端にあらわれます。やけどと同じように処置が不適当だと痕が残りますが、早急に処置をすれば痕は残らず治ってしまうことが多いです。また発見処置が遅れることによっても症状は悪化します。

 

再発しやすい

特徴の一つが再発のしやすさです。早期に適切に対処すれば治ってしまうのですが、再発を繰り返したり放置してしまったりすると、それともなって進行していくと、水疱ができた部分がただれてしまったり、水疱ができた部分を中心に壊死してしまったりします。

 

早期発見したいが早期発見しにくい

手足に水疱があれば、「おや?」と気づいて対処ができそうなものですが、それができないことがあるのが糖尿病の怖いところです。実は糖尿病にかかっていると皮膚の神経感覚が鈍っていることがあるのです。そのため、皮膚の異常に気付きにくく、特に糖尿病性水疱は痛みなどの炎症が伴わないため自覚が遅れやすくなります。

 

 

糖尿病だからと言って全ての人に水疱の症状が見られるわけではありません。しかし、見られた場合は適切に処置しなければなりません。

 

糖尿病で目の充血?!糖尿病網膜症とは?

基本的に目の充血は、目の疲れや目の病気が原因で起こりますが、時として身体の病気が原因で目の充血が起こる場合があります。

目の充血と関係のある病気として、高血圧や動脈硬化、肝疾患などが考えらますが特に糖尿病は目の充血と密接な関係にあると言われています。

 

糖尿病になると、血液中の糖質が多い状態(高血糖)になります。高血糖の状態が長く続くと、血管が詰まったり破れたりします。

特に目の血管は細くやぶれやすいため、目のトラブルを起こしやすいという特徴があります。目の毛細血管がつまると、身体は新しい血管(新生血管)を作って血流が途絶えた部分に血液を届けようと働きます。

この新生血管は、非常にもろく、ちょっとしたことで出血を起こします。この病気を「糖尿病網膜症」と言います。

 

「糖尿病網膜症」

糖尿病網膜症になると、目が充血しやすくなったり視力低下が起こります。飛蚊症(モノを見ているときに黒い虫のようなものが動いて見える状態)のような症状が起きることもあります。

 糖尿病網膜症は進行すると、失明する可能性が高くなります。

 

 「まさか糖尿病で失明なんて…」と思う人も多いかもしれません。でも、実際に成人後の失明原因のトップは糖尿病なのです。

 失明を防ぐためには、糖尿病の持病のある人は、定期的に眼科健診を受けることが大切です。また、普段の生活の中でも適度な運動や、栄養バランスの良い食生活を心がけ、糖尿病自体の進行を防ぐように心がけるようにしましょう。

インスリン製剤を使用すれば急激に進行する?!糖尿病性網膜症について

糖尿病性網膜症は、従来HbA1cが7~8%以上と高血糖の状態が数年持続することにより発症すると考えられていましたが、近年では急激に血糖値が変動する『グルコーススパイク』が生じることで、進行が非常に早まり、ひと月にHbA1cが3~4%改善すると合併症の危険性が高まると言われています。では、どの程度の期間をかけて、血糖値を降下させて行けば良いのでしょうか?以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

HbA1cの値と、合併症の進行度について

HbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー)値とは、赤血球中のヘモグロビンのうちどれくらいの割合が糖と結合しているかを示す検査値(過去1~2ヶ月間の平均)です。

 

<HbA1cの各値と合併症の進行度について>

 

◆8%以上

合併症が進みやすく、放置すれば、『5年程度で、足の感覚の麻痺・痛み』『7-10年程度で、視力の低下・失明の可能性』『10-13年程度で腎不全・人工透析の可能性』があると言われており、即時の治療が必要。

 

⇒また、『心筋梗塞・脳梗塞・壊疽・癌』などの可能性が高くなる。腎不全により透析が開始となれば50%の確率で生存期間は約4年と言われている。

 

◆7.0~7.9%

放置すれば数年以内に8%以上となる可能性が高い。合併症(神経障害、網膜症、腎症)も進行する。即時の受診と、毎月の内科の通院が必要。

 

◆6.0~6.9%

放置すれば数年以内に7.0~7.9%となる可能性が高い。糖尿病では、インスリン分泌能力は正常の半分以下に落ちており、『糖毒性(血糖値が高いほどインスリンが効きにくい)』に陥る可能性がある。即時の受診と、『食事・運動・薬物治療』が勧められる。

 

◆5.4-5.9%

放置すれば半数以上の人が数年以内に6.0~6.9%となる可能性が高い。境界型糖尿病の時点ですでにインスリン分泌能力が低下している。専門医以外では見過ごされる場合が多いが、少なくとも食事療法は開始する必要がある。半年~1年に1回の検査も必要。

 

食後血糖値の急上昇『グルコーススパイク』が危険である理由とは?

糖尿病専門医によれば、空腹時と食後の血糖値の幅が大きい『グルコーススパイク』が生じると、酸化ストレスが非常に大きく、血管にダメージが加わり、持続すれば出血、網膜症の悪化や急激な視力の低下・失明に繋がる恐れがあると指摘されています。また、『低血糖』に関しても同様で、糖尿病患者の無自覚性低血糖が頻繁に起きると、血管や網膜にダメージが生じる原因になると言われています。

 

<グルコーススパイクが生じる要因>

◆糖質を普通に摂取しながら、インスリン注射・SU剤で厳格に治療を行っている場合。

◆月間でHbA1cが3~4%程度改善する場合。

 

⇒食後高血糖と平均血糖変動幅が大きいほど、酸化ストレスリスクが大きく(=糖尿病合併症に繋がる)なる。

 

では、どのように血糖値を下げればよいか? 

専門医によれば、『インスリン注射・SU剤』によって、急速にHbA1cを改善させた場合は、網膜症悪化・眼底出血が認められたものの、『糖質制限』による急速なHbA1cの改善例では、これらの合併症が全く生じなかったと言う報告があります。

 

⇒糖質制限食によるHbA1c改善は、低血糖・平均血糖変動幅増大がない。急速なHbA1c改善であるが、網膜症の悪化がない。

 

<また、インスリン製剤を用いる場合の、HbA1cを下げる目安は?>

前述のように、急速にインスリン製剤によって2~3%下げることは、非常に合併症のリスクが高いと言われており、推奨されているのは、HbA1cを1ヶ月に0.5%下げる程度であるようです。

 

最後に

このように、糖尿病専門医によれば『糖質制限食』による血糖抑制が、血管にストレスをかけることなく行える最も優れた治療法であると述べられています。ただ、一方で極端な糖質制限を長期間行うことで別の影響があると述べる専門医もおり、実際に実施する際には担当医との十分な相談が必要になると思われます。

 

(参考ウェブページ:財団法人高雄病院、ドクター江部の糖尿病徒然日記、m3.com/臨床賛否両論)

糖尿病で失明になることも

糖尿病を放置しておくと失明する危険性があるというのは有名な話です。

それは糖尿病の三大合併症とされる糖尿病性網膜症による失明です。

糖尿病により高血糖状態が続くと、もちろん血管に異常があらわれ、それは毛細血管にも及びます。

人の網膜というのは毛細血管が張り巡らされており、その毛細血管にこぶなどが出来たり出血したりすると一大事です。

毛細血管に出血など続くと、血液の流れた途絶えた部分ができ、その部分が酸素不足となってしまいます。

酸素不足が発生するとそれを補う活動を始めるのが人体の機能です。

その部分に不足分を補う血管が急造され、結果異常な血管が出来てしまうことに繋がります。

この異常な血管が、眼底出血や網膜剥離を誘発するのです。

誘発される症状の名称でわかるとおり、これらの症状によって失明になります。

○糖尿病による失明のプロセス

1.糖尿病により高血糖状態

高血糖状態とはつまり血液に糖分が過剰な状態ということです。

当然、血流の流れに影響が及びます。

2.毛細血管など血液が途切れる部位が生まれ、そこに急造の異常な血管ができる。

毛細血管に血液が途切れると、酸素不足となります。

酸素不足を補うために急造された血管が異常な血管となる。

3.異常な血管により眼底出血や網膜剥離を引き起こす

糖尿病の高血糖により、結果として眼底出血や網膜剥離となる事で、失明のリスクが生まれるのです。

失明という非常に大きなリスクの合併症ですが、この合併症はプロセスの迂曲余接からもわかるように、失明に至るまで非常に時間を要します。

失明の前段階の眼底出血や網膜剥離の発病も糖尿病から十五年ほど掛かると言われているのです。

 

(Photo by: http://www.ashinari.com/)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-11掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

カラダノートひろば

合併症の関連カテゴリ

合併症の記事ランキング

人気体験談ランキング

生活習慣病のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る