カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 運動療法 >
  5. 注意点 >
  6. 運動後はクールダウンの時間を!

生活習慣病

運動後はクールダウンの時間を!


cooldown001.jpg


高血圧の人は運動を急激にやめると、ふらつきなどが起こり、ひどい場合は倒れてしまうこともあります。
通常の場合でも運動後にはクールダウンの時間が必要ですが、高血圧の人は特に気をつけて血圧変動を最小限に抑えるようにしましょう。



<クールダウンの基本>


ウォーキングであれば終盤は少しずつ速度を落とし、止まる時には運動をする前の心拍数に戻るように調整します。
おおよそ最後の5分間をかけてクールダウンすると良いでしょう。



その後にストレッチやマッサージを行い、体を休ませます。



ストレッチは運動前に行うのも大切ですね。
この準備運動も怪我防止だけでなく、血圧の上昇をゆるやかにする働きがあります。



<運動前後のストレッチ>


・太ももを伸ばす

姿勢を正して、足首を持ち上げて太ももの前側を伸ばします。
玄関など掴まる場所のある所で行っておきましょう。

・足の裏を伸ばす

膝に手を当てて腰を少し屈め、左右の足の裏を伸ばします。

・上半身を伸ばす

両手を組んで上に伸ばし、そのまま左右へ動かしましょう。

その他手首や足首をまわしてほぐしたり、肩を回すなど、簡単な準備体操でいいので毎回かかさずにやるようにしましょう。





ちょっとしたことに気をつけて、高血圧の方も安全に日々の運動を楽しみましょう!



(Photo by //www.ashinari.com/2012/09/09-369602.php )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

注意点に関する記事

高血圧改善のための運動をするなら時間帯にも気をつけて!

  高血圧改善のために運動をしようと思ったら有酸素運動、無酸素運動を組み合わせ...

運動で高血圧対策をする時のポイントとは

  体重を1kg減量すると血圧が約1.7㎜Hg下がるというデータがあります...


高齢者の高血圧運動療法の3つの危険

  運動療法は高血圧の改善において有効な手段ですが、高齢者の場合、特に普段特別...

頭痛などの高血圧の症状を解消したい方へ~運動療法での注意点~

  現在日本で治療中の患者さんは約700万人、未治療の方も含めると約300...

カラダノートひろば

注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る