カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 片頭痛(偏頭痛) >
  4. 片頭痛で目が見えなくなる?閃輝暗点(せんきあんてん)って何?片頭痛とその治療方法

頭痛

片頭痛で目が見えなくなる?閃輝暗点(せんきあんてん)って何?片頭痛とその治療方法

脈に合わせてズキンズキンとした痛みが頭の片側や両側、もしくは後頭部を襲い、さらにひどい場合には吐き気や嘔吐を伴う頭痛に心当たりはありませんか?

 

片頭痛について見ていきます。

 

女性に多い片頭痛

こういった症状の頭痛は特に片頭痛と呼ばれ、日本人の約8%が悩まされています。中でも女性に多く見られ、その数はなんと男性の4倍にものぼり、その原因は頭痛の発症に女性ホルモンが影響していると考えられています。

 

片頭痛の前兆~閃輝暗点(せんきあんてん)~

片頭痛の特徴として、頭痛が発症する前兆を訴える人が20~30%もいることが挙げられます。その前兆の中でも特に知られている症状に、閃輝暗点(せんきあんてん)と呼ばれるものがあります。

 

閃輝暗点は、頭痛の起こる30分から数時間前に目の前にチカチカと輝く光が現れ、視野の中心から片隅にかけて部分的、時には視界の大部分が見えにくくなるのが特徴です。

 

これらの視覚的症状は短時間に進行します。症状が治まった後、引き続いて片頭痛が始まることが多く、その頭痛は強烈な吐き気や嘔吐を伴うことがあります。

 

軽度の片頭痛の発作の時にはさほど気になりませんが、頭が割れるかと思うほどの大きな痛みが来る前にはこの閃輝暗点が生じ、「一時的に目が見えなくなり、日常生活に支障が出るほど」になるのです。

 

閃輝暗点が起こる原因とは?

片頭痛の原因が、頭の血管が何かの拍子に縮まり、その後異常に拡がると共に血管壁に炎症・浮腫を起こすためであるのに対し、閃輝暗点は視覚野の血管が収縮し、一時的に血の流れが変化するためだと考えられています。

 

そのため、閃輝暗点は決して眼球の異常等ではなく、ストレスが溜まりホッとしたときに上記のような症状に見舞われることが多いようです。

 

また、閃輝暗点は発症してから頭痛薬を服用しても効果が無いことが多いようです。ですので、持病となってしまっている方は、たとえ頭痛がしていなかったとしても、閃輝暗点の予兆を感じたその時点ですぐにクスリを飲むようにしてみると良いでしょう。頭痛が始まってからでは遅いかもしれません。

 

 

自分だけジグザグ、キラキラが見える?!片頭痛の前兆、閃輝暗点って何

片頭痛持ちの方の中には、片頭痛の発作の前に前兆があるという方もいます。

そしてその前兆のひとつが閃輝暗点というものです。

 

●閃輝暗点とは

閃輝暗点は稲妻が走ったように見えるという症状です。

もちろん、実際に稲妻が目の前にあるわけではありません。

まずは目の前に線状のギザギザが見えます。

次にそのギザギザが大きくなり、視界に広がっていきます。

そして、ギザギザが広がり終わると今度は視界が暗くなります。

これが20-30分の間に起こるのが、閃輝暗点という症状です。

閃輝暗点が起きると片頭痛、引いては吐き気やめまいにつながる場合も多いです。

 

●閃輝暗点の原因は?

閃輝暗点の原因は脳の血管にあると考えられています。

人間は目だけではなく脳でもものを見ています。

目から脳に情報を送る血管に痙攣が起きて血流が減少するため、閃輝暗点が起きるようです。

血流が20-30分で元に戻ると血管が拡張するので片頭痛へとつながります。

この閃輝暗点は若い方に多いと言われています。

 

●背後に病気がある可能性も

閃輝暗点は片頭痛の前兆と言われています。

ほとんどの場合は確かにそうなのですが、まれに閃輝暗点の背後に病気が隠れている場合もあります。

その一つが脳腫瘍です。

 

頭痛の前に目が見えなくなる!?片頭痛とその治療方法

2004年、国際頭痛学会により、片頭痛は前兆のある頭痛「migraine with aura」と前兆のない頭痛「migraine without aura」に分類されました。前兆とは頭痛の前に出現する大脳皮質の機能障害がもとで起きるさまざまな症状で、代表的なものでは閃輝暗点と呼ばれる、目の前にギザギザやチカチカした光が現れたり、目が見えにくくなる症状があります。閃輝暗点は前兆症状の80~90%を占めます。視覚的な症状の他にも、感覚症状、特殊なタイプとして言葉が出にくくなる失語の症状などが現れる場合があります。

 

◆片頭痛の診断基準 

国際頭痛学会による片頭痛の診断基準は以下のようになっています。

 

前兆のない片頭痛の診断基準(国際頭痛分類第2版、2004年)

A. B~D を満たす頭痛発作が5 回以上ある

B. 頭痛の持続時間は4~72 時間(未治療もしくは治療が無効の場合)

C. 頭痛は以下の特徴の少なくとも2 項目を満たす

1.片側性

2.拍動性

3.中等度~重度の頭痛

4.日常的な動作(歩行や階段昇降などの)により頭痛が増悪する、あるいは頭痛のために日常的な動作を避ける

D. 頭痛発作中に少なくとも以下の1 項目を満たす

1.悪心または嘔吐(あるいはその両方)

2.光過敏および音過敏

E. その他の疾患によらない

 

(出典:日本頭痛学会[//www.jhsnet.org/ippan_zutu_kaisetu_02.html#01])

 

◆薬物による治療方法

片頭痛の薬を使った治療方法は2種類あります。片頭痛が起こったときや前兆があった時に薬を服用する頓挫療法と、予防療法として頭痛がない日も毎日薬を服用する方法です。頭痛の発生頻度が高い場合や頭痛がひどく、日常生活に大きな支障をきたす場合などは、2つの治療方法を組み合わせて対処します。急性期の頓挫治療は、市販もされている鎮痛薬の他に、2000年より日本でもトリプタン系製剤が使われるようになったことで、効果的に片頭痛の治療が可能となりました。トリプタン製剤は痛みの元に作用するため頭痛の初期に服用することで特に大きな効果が得られるお薬です。

 

このように頭痛には鎮痛薬はじめトリプタン製剤など効果的な薬剤が存在しますが、頻繁に薬を服用することで逆に頭痛を悪化させる「薬物乱用頭痛」になる可能性があります。月に10日以上薬を服用している人は要注意です。頭痛が頻繁に発生する場合はむやみに薬にたよらず、専門医にかかることが大切です。

 

 

なぜか視界がチカチカ、星が飛ぶ?!・・・それは片頭痛の前触れかもしれません!

頭痛はとても日常的な疾患です。成人であれば、一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

 

脳の病気が原因で起こる、危険な頭痛(症候性頭痛、二次性頭痛)もありますが、日常よく経験するのは、片頭痛などの脳内の血管や筋肉や神経が刺激を受けることで起きる、基礎疾患のない頭痛でしょう。

 

特に片頭痛では頭痛の起きる前に、目がチカチカしたり視野が欠損するなどの前兆症状が起こる特徴があります。 

 

◆慢性頭痛症の種類 

基礎疾患のない日常的に起こる頭痛は慢性頭痛症(一次性頭痛)と呼ばれ、片頭痛と合わせて3種類に分けられます。

 

片頭痛

拍動性の痛みで、主に片側に起こるといわれていますが、両側に起こることもあります。吐き気を伴うこともあり、チカチカした光が見える前兆症状が約20%の患者にみられます。症状は4~72時間程度続きます。

 

緊張型頭痛

最も頻度の高い頭痛です。反復発作性と慢性に分けられます。30分から7日間続き、通常は後頭部から始まり、頭重感やしめつけられるような圧迫感がある非拍動性の頭痛です。吐き気は伴いません。

 

群発頭痛

眼周辺~前頭部、側頭部にかけて起こる激しい頭痛で、ある一定の期間に連日のように起こり、夜の睡眠中に頭痛発作が起こりやすいという特徴があります。また、鼻水や鼻づまり、眼の充血や涙が出るなどの症状が伴うことが多いです。 

 

◆片頭痛の発症に深くかかわるセロトニン 

日本では成人の8.4%、およそ840万人が片頭痛の経験があるといわれています。片頭痛になりやすい人は一般的に「頭痛体質」をもっており、片頭痛の発生にかかわる脳内物質のセロトニンが不足しやすいといわれています。

 

セロトニンは血管を収縮させたり、自律神経やホルモンバランスを調節する働きがあり、ストレスや何らかの刺激により血液中に放出され、それが片頭痛につながるのです。

 

またセロトニンは女性ホルモンの影響を受けやすいため、女性に頭痛が多い原因とも考えられています。

 

このように、一部の頭痛には遺伝的な要因もあると考えられています。日常的に頭痛を起こしやすい人は、脳内のセロトニンの分泌を増やすことが、症状を緩和する鍵となりそうです。

 

薬物治療の他に、良質な睡眠をとる工夫をしたり、できるだけリラックスする時間をもてるように心がけましょう。

 

 

目がチカチカする…これって偏頭痛の前兆??

立ち上がったときや、朝起きて立ちくらみになったとき…

目がチカチカしたことはありませんか?

 

直接、目に問題が生じて、そのような症状が起こるのではありません。

脳の視覚をつかさどる部分や、視神経で血行不良などの問題が生じると、目にその影響が出ます。

これが、典型的な例です。

 

でも、このような目のチカチカのあとに頭痛が生じると、そのチカチカは閃輝暗点(せんきあんてん)という症状にあてはまります。

 

◆チカチカする原因はなに?

視中枢(ものを見る中枢)がある後頭葉(頭のうしろの部分)に血液を送っている血管が、けいれんを起こします。

その際に、血管がちぢみ血流が悪くなります。

 

そのあとけいれんがおさまるにつれ、いっきに血管がひろがることで、大量の血液が流れ込みます。

このときに起こる現象が、閃輝暗点にあたります。

 

このような現象が、片頭痛の前によく起こります。

いいかえると、この現象のあとに片頭痛をともなうことから、閃輝暗点は片頭痛の前兆として有名です。

 

ここでポイントなのが、脳の血液の流れの変化が、目のチカチカという症状であらわれていることです。

 

◆閃輝暗点の特徴

1.片頭痛の1時間ほど前から、片方の視界だけにギザギザした線状模様があらわれ、それが20~30分ほどつづく。

2.ズキンズキンあるいはズキーンとした痛みが、脈に合わせて頭の片側や両側をおそう。

3.吐き気や嘔吐をともなう

こうした場合の「目のチカチカ」は、片頭痛の兆候としてあらわれる閃輝暗点と考えるのが妥当でしょう。

 

しかし、困ったことに、「目のチカチカ」が片頭痛の兆候としてあらわれる閃輝暗点だとわかったとしても、具体的な対処法がありません。

 

ですので、片頭痛を誘因する以下のことに注意してください。 

 

・喫煙

・片頭痛を誘発する食品(赤ワイン、チーズ、チョコレート、ハム、ソーセージなど)

・ストレス

・寝不足や過眠

・低血糖

 

これらをさけることで、片頭痛だけでなく、閃輝暗点もおさえることができるでしょう。

いちど、自分の生活スタイルを見なおしてみるのも、よいかもしれませんね。

(Photo by:http://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

片頭痛(偏頭痛)に関する記事

片頭痛の原因となることとは?目の周りが痛くなる!?「アロディニア」とその対処法など

片頭痛患者の7~8割もの人が経験すると言われているアロディニア(異痛症)をご...

太陽の光にも気をつけたい!片頭痛を引き起こす環境要因!こんな場所は要注意!?

  光が引き起こす症状といえば1997年に起きた『ポケモン・ショック』を思い浮...


疲れた後に起きる片頭痛はセロトニンのせい!片頭痛の慢性化につながる要因

片頭痛が起きるときについて思い返してみると疲れることがあった後に限って片頭痛...

片頭痛(偏頭痛)は血圧と関係がある?片頭痛の特徴は?血圧や遺伝なども要因に!?

片頭痛は、心臓の鼓動にあわせた様にヅキンヅキン・ドクドク・ガンガン響くように...

カラダノートひろば

片頭痛(偏頭痛)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る