カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. かに >
  5. 注意点 >
  6. かにやエビは出汁によく使われる?かに・エビアレルギーの注意点

アレルギー

かにやエビは出汁によく使われる?かに・エビアレルギーの注意点

 

かにやエビは、そのまま焼いたり茹でたりして食べることが多いと思いますが、むき身を細かくして何かの料理に混ぜたりもしますし、出汁として使われることもよくあります。手を加えるごとに料理にエビやかにが使われていることがわかりにくくなります。かに・エビアレルギーの方は十分に注意しなければなりません。

 


●中華料理はかにやエビを出汁によく使う


豊かな風味を持つかにやエビは、殻の中に詰まった身を味わうだけで無く、殻だけ、もしくは全体を煮出して出汁にすることがあります。
そうすることでかにやエビのうまみが抽出され、最高の出汁となるのです。
しかしそんな最高の出汁も、かに・エビアレルギーにとっては脅威にしかなりません。

●豊富な素材に隠れてる?


このように出汁などにかにやエビが活用された場合、それ以外にも海鮮食材などが豊富に使われた料理である場合が多く、かにの存在が多くの種類の素材に隠れてしまっていることが多いでしょう。
かにやエビが使われていることを判別するには、メニューに料理に使用されているアレルギーの危険がある食材を明確に表示してくれている、飲食店を選んで利用することです。
最近ではそうしたアレルギー表示を明確にする動きが広まっており、エビやかにが使われている料理が一目で分るようになっています。
こうした試みは小さな飲食店よりも、大手のチェーン店などの方が積極的に取り組んでいるので、そちらの方を外食先として活用することをお勧めします。

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/2845)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

注意点に関する記事

かにアレルギーは交差抗原性に注意

  かにアレルギーで注意しなければならないのは、まず第一にかにを食べないことで...

かにアレルギーで危険なのはかによりも小エビ?!

  かにアレルギーだと聞くとついかにの方にばかり注意が向きますが、食材としての...


かにアレルギーであることを正直に打ち明ける

  かにアレルギーは他にもエビやイカ、タコなど禁止される食材は増えますが、要は...

かにアレルギーの人は、こんなものにも要注意!

かにアレルギーのアレルゲン(原因物質)・トロポミオシンは、かにだけではなく他...

カラダノートひろば

注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る