カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

アレルギー

アナフィラキシー発作には迅速な搬送を

 

急激なショック症状で命を危険にさらすアナフィラキシーショックになりやすい落花生アレルギーは、常に命の危険と隣り合わせと言えます。

アナフィラキシーショック発作となれば、その場でできることは応急処置程度で、直ぐに本格的な治療が施せる医療機関に搬送しなければなりません。
そのために必要な準備をしておくことが落花生アレルギーから命を守ることに繋がります。

■アナフィラキシー対策には搬送の速度が重要


●アナフィラキシーショックへの早急な処置
アナフィラキシーショックは非常に急激に進行する致命的なアレルギー反応です。
そのアナフィラキシーから命を守るには、その進行速度に負けないほど早急に適切な処置でショック症状を押さえ込まなければなりません。
それはショック症状が発生したその場所ではとても不可能なことであり、処置が可能な病院にいかに早く搬送できるかが重要となります。

●近場の搬送可能な病院の事前チェック
いつアナフィラキシーショックが起こるかわからない落花生アレルギーならば、事前に近場の搬送可能な病院をチェックしておくことは当然の対策と言えるでしょう。
余りに急激なショック症状の発生でも、近くの搬送可能な病院の連絡先を携帯しておけば、駆けつけてくれた人が直ぐに病院と連絡を取ることが期待できます。

●搬送までの間を持たせるエピペン
アナフィラキシーショックの対策として携帯が推奨されるアドレナリン自己注射「エピペン」ですが、これはアナフィラキシーショック自体を治療するものではありません。
あくまで即座に簡単にできるアドレナリン注射の応急処置であり、搬送までの間を持たせるための対策として有効であるということなのです。

ピーナッツというありふれた食材で命が危険にさらされる落花生アレルギーはいつ発作が起こるか予測がつきません。
ですので常に万全の準備を整えることを怠らないようにしましょう。

 

 

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/1443)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処法・応急処置に関する記事

ピーナッツ(落花生)アレルギーの応急処置~エピペンとは何か?

アナフィラキシーショックという、激しいアレルギー症状を呈する率が高いピーナッ...

ピーナッツのアレルギー表示を確認!落花生アレルギーの対策法

  落花生アレルギーのピーナッツと言えば、見ただけで分る食材だと思いがちで...


落花生アレルギーの子供のために、親も食事制限を!

  落花生アレルギーとなった子供にピーナッツの食事制限をさせることは当然で...

規則正しい生活を子供に送らせる!落花生アレルギーの予防と対策

落花生アレルギーは子供にも多い食物アレルギーですが、子供自身が行えるアレルギ...

カラダノートひろば

対処法・応急処置の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る