カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. 落花生(ピーナッツ) >
  5. 対処法・応急処置 >
  6. 落花生アレルギーの子供のために、親も食事制限を!

アレルギー

落花生アレルギーの子供のために、親も食事制限を!

 

落花生アレルギーとなった子供にピーナッツの食事制限をさせることは当然ですが、子供にだけ我慢させても長続きはしません。
親がおつまみでピーナッツなど食べていれば、子供がまねをしてピーナッツをつまもうとするのは当然のことなのです。
ここは見本を示すためにも親も食事制限に参加することが必要でしょう。

■おつまみのピーナッツは厳禁


●子供の落花生アレルギーには親が配慮
働き盛りの父親など晩酌のおつまみにピーナッツは欠かせないと言えるでしょう。
そして、ピーナッツは子供にとっても興味を引き、食べ始めたら止まらないお菓子となります。
父子が一緒になってピーナッツをつまむ光景は実に家族らしいといえるのです。
しかし、その子供が落花生アレルギーだった場合は話が異なります。
その場合は子供にピーナッツを食べさせないだけで無く、父親にもおつまみにピーナッツを選ばない配慮が必要となるでしょう。

●親が止めなければ子供も止めない
子供は親を見て育つものであり、たとえアレルギーの有無という明確な理由があったとしても、子供だけ禁止され大人だけが許可されるようなことに、子供はより深い興味を持つことになりかねません。
さらに父親がおつまみにピーナッツを食べ続けていると、それは子供の手の届く範囲に危険なアレルゲンが放置されていることと同じ意味となります。
つまり、抑制効果がほとんど期待できないと言うことです。

子供のために親が手本となる事は当たり前のことですし、子供がピーナッツに手が届かないようにするためにも、親もピーナッツを制限し、家の中からピーナッツを一掃することがより確実な食事制限に繋がります。
親と子供が一緒になって行なうことがより万全な食事制限となり、アレルギー対策ともなるのです。

(Photo by://www.photo-ac.com/)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処法・応急処置に関する記事

ピーナッツ(落花生)アレルギーの応急処置~エピペンとは何か?

アナフィラキシーショックという、激しいアレルギー症状を呈する率が高いピーナッ...

知っておこう!ピーナッツ(落花生)アレルギーの応急処置

  覚えておきたい、ピーナッツ(落花生)アレルギーの応急処置についてまとめ...


アナフィラキシー発作には迅速な搬送を

  急激なショック症状で命を危険にさらすアナフィラキシーショックになりやすい落...

規則正しい生活を子供に送らせる!落花生アレルギーの予防と対策

落花生アレルギーは子供にも多い食物アレルギーですが、子供自身が行えるアレルギ...

カラダノートひろば

対処法・応急処置の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る