カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. ニキビ >
  5. あなたはどのタイプ?肌タイプ別ニキビ対策!

美容・ダイエット

あなたはどのタイプ?肌タイプ別ニキビ対策!

 

ニキビの原因は様々ですが、ニキビの理由が肌にあると思っている人も多いのではないでしょうか。とりわけ、自分の肌がオイリー肌だから、ニキビになりやすいとか、乾燥肌だから大丈夫など勝手に判断していないでしょうか。結論から言うと、ニキビはどのようなタイプの肌にもできるので、肌タイプ別にニキビの対策が必要です。

 

1.     脂性肌

この肌はうるおいはあるけどベタつく肌のことをいいます。水分量が多いのですが、皮脂が過剰に分泌されているがために、毛穴が開いて詰まりやすくなってしまいます。全体的にうるおいはあるけれどもベタつきやすい特徴があります。

この場合、ダブル洗顔や、クレンジング後に蒸しタオルなどを使うことで毛穴を開き皮脂の汚れを落ちやすくすることが重要です。

 

2.     乾燥肌

肌に含まれる水分量も皮脂量も両方とも少ないため、カサカサの状態になっている肌をいいます。表面に粉をふいたような肌に見えます。特徴としては、うるおいがなく、肌荒れしやすいのが特徴で、女性ですと化粧ののりが悪く、しわが出来やすくなります。

こうした乾燥肌の場合は、肌が敏感肌になっている場合も多いので、洗顔料や洗い方については肌を傷めないよう十分に注意することが大事です。皮脂の量が少ないので、朝の洗顔は特に、ぬるま湯などで汚れを洗い流すだけにすることで、皮脂を落としすぎないよう配慮する必要があります。

 

3.     普通肌

自分の肌は、脂性肌や乾燥肌ではなく、いわゆる普通肌の場合でも、季節などにより変化が生じます。特に湿度の変化や環境、とりわけストレスなども皮膚に影響を与えますので、日々のケアが大変重要となります。

この普通肌に対してはこうした環境の変化に応じて、やや脂っぽいと感じるときは洗顔をしっかりと、やや乾燥肌っぽいと感じるときは洗顔を軽めに行うなど調節しましょう。

 

最後に

ニキビにおいて、肌のタイプ別にケアを行うことでニキビ防止だけではなく、みずみずしい肌を保つことが可能です。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/08/20-367448.php)

 

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ニキビに関する記事

ニキビのお悩みあれこれ

■ニキビの原因がわからない20歳を過ぎても治らない大人のニキビというものが、最近...

ニキビ痕の有無は炎症の程度に関係している!肌の活性化やマッサージがNGな理由

ニキビが出来たとき、治った後にできる「ニキビ痕」が気になる方は多いでしょう。...


早めの対処できれいに治す!もしも黒にきびができたら読む記事。

  黒ニキビは白ニキビと同様に初期段階の状態です。   どうして黒く...

気になるニキビ!早くキレイに治そう!

ニキビは3段階で悪化していきます。治療は早ければ早いほど、効果的です。   ...

カラダノートひろば

ニキビの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る