カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

美容・ダイエット

角栓のとり方を正しく学ぼう

 

小鼻などに白や黒い点々が見えてくるといやですよね。これらをどうやって取ればいいのか、中には爪を使って取ろうとする人もいますが、それは肌を傷つけるので気をつけなければいけません。では、どのような角栓の取り方が望ましいのでしょうか。

 

角栓とは

まず角栓がどのような物質なのかきちんと理解することが重要です。角栓は、皮脂腺から発生した皮脂と毛穴の周りにある角質(タンパク質)がまざりあって凝固し、毛穴内に柱状にとどまっている物質を指します。角栓が黒ずんでくるのは、角栓に含まれる脂肪が空気と接触することによって酸化して黒くなるのです。

 

この角栓ですが、一見、皮脂が多くを占めていると思うひともいるかもしれませんが、実は角質、すなわちタンパク質が7割程度と、タンパク質のほうが多いのです。そうすると角栓の取り方として、以下のような方法はベストではないといえるでしょう。

  • ホットタオルで顔を温めて皮脂を溶かすことで角栓を除去する
  • オイルクレンジングで角栓を溶かして取り除く

こういったやり方ですと、角栓の大部分を占めているタンパク質部分はなかなか取ることが出来ません。では、角栓を取り除くにはどういった方法がよいのでしょうか。まず大事なのは角栓を取り除く前に肌を柔らかくして、角栓を出しやすい状態にしましょう。そして以下の2つの方法がおすすめです。

 

鼻パック

市販で様々な鼻パックがあり、角栓が効率的に取れますが、頻度が重要です。このやり方ですと肌全体にパックを当てるため、肌を傷める可能性があります。顔の皮膚の入れ替わりはだいたい1ヶ月とされていますので、月1回を目安に行うと良いでしょう。

 

毛抜きのピンセット

毛抜きのピンセットで角栓を抜くのも有効です。気をつけなければならないのは、ピンセットの端などで肌を傷つけないようする点です。

 

最後に

角栓の正体は大部分がタンパク質であり、皮脂を中心とした対策ではうまく角栓は取れません。上記にあげた方法でも、肌を傷つけないよう慎重に角栓を取ることが大変重要です。

(Photo by://www.ashinari.com/2012/08/20-367463.php)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

毛穴・黒ずみに関する記事

毛穴を消す、そして小さくするケアとは?

  毛穴が開いてしまうとそこにはまた皮脂と角質が混ざり合った角栓ができてし...

毛穴のつまり・黒ずみの原因と解消法とは!

      毛穴で気になることといえば「つまり」や「黒ずみ」という人も...


便秘になるなんて嘘!実はピーナッツは美肌効果たっぷりで顔のくすみも改善してくれる♪

10月ごろから旬を迎えるのがピーナッツで、ラッカセイという別名も持っています。...

たるんだ毛穴に「喝っ!」

    たるんだ毛穴に「喝っ!」   毛穴にも種類がありますね。黒ずみ毛...

カラダノートひろば

毛穴・黒ずみの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る