カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 基礎知識 >
  4. 種類 >
  5. ウィルス感染による関節痛

関節痛・腰痛

ウィルス感染による関節痛

関節痛と聞くとスポーツや老化などによって関節が摩耗することで発生する痛みと考えがちですが、関節に痛みを感じることはそれ以外にも様々なケースが考えられます。

 

そのひとつがウィルス感染による関節痛です。風邪やウィルスに感染し発熱するプロセスにおいて、血管が拡張することとなり、それが頭痛と共に関節痛を伴うことがあります。

 

発熱による関節痛

●風邪やウィルス性の発熱

体内にウィルスか入ってくることによって、粘膜が炎症を起こし、白血球から生理活性物質が発生します。この生理活性物質の働きで、脳の発熱中枢が刺激され発熱し、ウィルスに対抗する機能が活性化するのです。

 

●生理活性物質による血管拡張

この生理活性物質は発熱するだけで無く血管を広げる作用もあり、血管が拡張され大量の血液が運ばれることで頭痛が起こり、関節や筋肉に痛みが感じられることになります。

 

つまりウィルスに対抗するための機能によって、関節痛が発生すると言うことです。

 

●ウィルスが退治され熱が治まれば関節痛も解消

原因がウィルスに対する免疫機能であるので、感染したウィルスが退治され、生理活性物質の発生が止まれば、当然関節痛も治まることになります。

 

●原因疾患を治療と休養

つまり、発熱による関節痛には原因疾患の治療に専念し、充分な休養をとることしか対策は無いのです。

 

感染したウィルスによって関節痛の痛み具合が変動し、時にはとても耐えきれない激痛が発生することも有り得ます。その場合は医師が判断し鎮痛剤などを処方してくれるのですが、鎮痛剤の使用が原因疾患の治療に影響を与える場合も考えられます。

 

痛みに耐えながら充分な休養をとる対策がベターでしょう。 

(Photo by: //www.photo-ac.com/)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

種類に関する記事

ランナー膝や疲労骨折、靱帯損傷…膝に大きな負担を与えるスポーツのリスク

  ■まずほとんどのスポーツは膝に大きな負担を与えるリスクとなります。これ...

膝の関節痛、緩和させるための対策とは?

  辛い膝の関節痛、歩くだけでも痛みを感じてしまいます。どうにか緩和させた...


関節症でなくても関節が痛む病気

  ■関節が痛むからと短絡的に関節症であると判断するのは禁物です。関節症以...

自宅で出来る!指関節痛の対処法☆

  指の関節痛を感じても、なかなか仕事や家事・育児に忙しく病院へ受診してい...

カラダノートひろば

種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る